駅中なことも忘れるクオリティ 『SITAARA DINER』

2017.08.20 Sunday 12:28
0

    「ポケモンスタンプラリー」 に振り回されて、
    食事するの忘れてました。
    空腹すぎて気持ち悪いといった感じだったので、
    駅中で済ませることに。

     

    上野駅の入谷口から構内に入って、目についたのが
    『SITAARA(シターラ) DINER ecute上野店』。
    「冷やしカレー」 のポスターのグリーンカレーに

    惹かれたからです。

     

    (お皿もひえひえ。ラッシーもさらっとタイプで夏向き)

     

    入り口で注文して、番号札をもらい、一番近くの
    カウンター席で待っていたら、駅中だからでしょうか、
    冷やしだからでしょうか、結構早く運ばれてきました。
    セットドリンクとしてラッシーをつけました。

     

    (パパドの食感と刺激が食欲増進に)

     

    湿気でぐったり気味でしたが、ポスターのグリーンより

    色が鮮やか。グリーンピースの色が夏らしく、豆くさくなく、

    それほど辛くないので、物足りないかと思いきや、パパドの

    スパイシーさが好バランスで、食が進みます。

     

    (夏バテに嬉しいたっぷり野菜)

     

    パパドを外したら、下から冷たい野菜がわんさか出てきて、
    その下からはインディカ米っぽいサラリとしたライスも。
    野菜っぽい米だけに、“辛い野菜サラダ” として楽しめる

    カレーでした。

     

    駅中でささっと出てきた料理とは思えないクオリティに
    驚きました。しかも、渋い入谷口寄りで(笑)。

     

    年中無休&朝7時から本格派カレーを食べられるのは
    駅中ならでは。すごい発見だと思っていましたが、
    よく調べたら、青山 『SITAARA』 の支店の一つ
    だったのでした。納得です。
    http://www.sitaara.com/index.html

     

    ポケモン以外でも上野駅を利用する機会は少なくないので、
    今度はビリヤニを食べたいな〜。

    category:名店 | by:まるたん | - | - | -

    「ポケモンスタンプラリー2017」 賞品は郵送に

    2017.08.19 Saturday 23:07
    0

      JR東日本 「ポケモンスタンプラリー2017」 には
      いくつかゴール駅がありますが、中では近場の
      西荻と赤羽がすでに賞品切れとわかったので、
      面倒ですが東京駅まで行って来ましたよ、20周年だし…。
      もはや、“20周年” は自分を奮い立たせるための
      言葉と化しております。頑張れ、オレ!
      http://www.jreast.co.jp/pokemon-rally/

       

      (東京駅のスタンプ台横には賞品切れの注意書きが)

       

      東京駅のスタンプ設置場所が例年と異なり、地下を
      行ったり来たりしてしまいました。
      その上、東京駅の賞品も切れてしまい、駅構内で
      ガンガン、アナウンスされていました。

       

      (メンバー的に、あとヒトカゲがほしかったけど北千住じゃ…)

       

      間違いなく、昨年より参加者多いと思うし、JRの
      見込みも甘かったようですね…。私もだが。

      まだ賞品があるゴール駅で近いのは、大宮と八王子。
      どっちも4時半の終了時間には間に合わない!

       

      ってことで、子供も連れていないのに、堂々と駅の
      インフォで相談したところ、今回は全体のゴール駅と
      なっている上野駅に行けば、賞品郵送のハガキが
      もらえるとの朗報GETだぜ!

       

      なので、山手線で東京駅から約8分の上野駅に
      行くしかないぜ! 20周年だし、執念だぜ!

       

      上野駅の入谷口を目指し、一方で刻一刻と暗雲が
      リアルに広がっていく空を睨みつつ、雷とかで
      電車が遅れないかハラハラでした。

       

      (サンバイザーもすでに品切れらしい)

       

      そして、上野駅構内の入谷口近くに書かれていた
      「ポケモンスタンプラリーのゴールは改札を出て
      すぐ左。左の階段をおりた先ダヨ!」 という文字を
      見つけ、喜び勇んで階段を下りたら凄い人ごみ!

       

      おそらく、都区内で 「6駅達成」 賞品を受け取る
      人たちのほとんどが上野駅を目指したのでしょう。

       

      (「6駅達成」 の列の最後尾から)

       

      階段を下りて、左側に伸びる列は 「6駅達成」、
      そして右側に伸びる列は 「全駅達成」。
      ラリー参加の全駅って50駅ですおね!?

       

      (ハガキは速攻書いて投函しましたとも!)

       

      「6駅達成」 は10分程度並ぶことで、スタンプ帳と
      賞品送付依頼ハガキをいただけました。

      ポケモンのサンバイザーをかぶっている子供たちも
      たくさんいて、初期の頃の賑わいを思い出しました。

       

      (「6駅達成」 と 「全駅達成」 の列を指示する駅員さん)

       

      ところで、全駅達成の列はどのくらいだろうと思い、
      最後尾を探しに歩いてみたら、列は構内を抜けて外へ。
      駅構内も 「あと15分」 という場所から倍は歩きました。

       

      (入谷口前からの行列は外へと続く。空は曇天100%)

       

      そして、建物を出たペディストリアンズデッキにも
      列は伸びていて、最後尾の看板を持った駅員さんは
      見つからず。気づけば、ペディストリアンズデッキ
      の下まで列ができていたのでした。

       

      デッキの上からじゃ、最後尾があまりに遥かすぎて
      よく見えないほど!

       

      「あと15分」 の場所から考えると、おそらく
      全駅達成者の受付までは1時間半はかかるかと…。

       

      (建物の入り口が上矢印、最後尾と思われる所が下矢印)

       

      小雨も降り始めたので、それだけ見届け、帰路に
      ついたのですが、15分くらい経って、一気に豪雨が
      襲来。あの行列に並んでいた人たちにとっては
      かなりの受難となったであろうと推察されます。

      でも、50駅を回った根性があれば、負けないかも!?

      子供たちに目的を達成するには、忍耐力も必要だと

      体感させられる機会になったかも!?

      とポジティブに考えることにしました。

      親御さんは大変でしょうが…。

       

      全駅達成者の方々は、明日20日が最終日となり、
      さらなる混雑が予想されるので、ぜひとも早めの
      お出かけをオススメいたします。

       

      【関連記事】
      ◇2016年は 「ポケモン謎解きラリー」 に進化!
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2889
      ◇「ポケモンスタンプラリー2017」 も大詰め
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3269

      category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

      「ポケモンスタンプラリー2017」 も大詰め

      2017.08.18 Friday 23:19
      0

        『パイレーツオブカリビアン/最後の海賊』 は友人と
        一緒にお盆後に行く予定だったのですが、友人の休暇
        予定が変更になり、今週末も会社の引っ越しで時間が
        取れず、来週は私の方が取材期間に入ってしまい、
        ムビチケを無駄にしそうなので、一人鑑賞してきました。

         

        もう、『パイレーツオブカリビアン』 を観に行こうと
        思っていた人は観終わっていると思うので、そちらに
        ついてはまた後日。

         

         

        「TOHOシネマズ 新宿」 で観たので、ラウンジに
        「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」 の
        スタンプ台が設けてあり、押してきたけど、インクが
        かなり乾いていて少し薄めで残念。

         

         

        そうか、ポケモン映画は東宝系で観ると、映画館の
        スタンプが押せるのでありました。

         

        今はまず、JR東日本 「ポケモンスタンプラリー2017」
        が21日には終了してしまうようなので、急いで池袋駅
        を押さえなくてはなりません。ほとんど毎年、JRの
        ポケモンスタンプラリーは最低限の数だけクリア
        している私ですが、今年のピカチュウは映画版の
        「サトシのピカチュウ」 なのです。
        サトシのキャップをかぶっていてキュート!
        http://www.jreast.co.jp/pokemon-rally/

         

         

        ということで、雑踏の池袋駅でスタンプGETだぜ!
        やはり、「ポケモンGO」 効果でか、昨年よりも
        参加者が多い気がしました。すでに、ゴール駅の
        西荻窪や赤羽は、私が目指す 「6駅達成」 の
        賞品が切れてしまっているそう。
        そうすると一番近いのが東京駅とな!?
        明日も新宿に用事があるので、今度は中央線で
        東京駅まで行かねばー! 20周年だし。

         

         

        「ポケモンスタンプラリー2017」 も、原稿制作同様、

        締め切りギリギリな私なのでした。

         

        【関連記事】
        ◇「ポケモンスタンプラリー2015」 のコスプレピカチュウ
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2518
        ◇「ポケモンスタンプラリー」 最終日にアチャモGETだぜ!
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2536
        ◇2016年は 「ポケモン謎解きラリー」 に進化!
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2889

        category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

        『銀匙』『リアアカ』『プレイボール2』

        2017.08.17 Thursday 23:18
        0

          お盆明けで書店に行ったら、少年漫画がどばっと刊行
          されていました。
          講談社からは 『リアルアカウント』 16巻、小学館
          からは 『銀の匙』 14巻、そして集英社からは
          『プレイボール2』 1巻と三社揃い踏みです。

           

          とくに、『プレイボール2』 はかなり原作の絵に
          近いものの、ちばあきおさんの未完の作品のまま
          心の中に取っておきたい気持ちと、新たに創造される
          谷口くんの高校生活を知りたい気持ちとの葛藤が
          ありましたが、38年も経って再開するということは
          出版社も原作者・作画の方も深い 『キャプテン』
          『プレイボール』 愛があるに違いないと信じ、まず
          1巻は見てみることに。

           

          『プレイボール』 の時代と泥臭さを再現

           

          38年前の時点からスタートしているので、ちょっと
          タイムスリップしたかのような世界です。
          横顔の描き方が気になりますが、かなり原作に近い
          タッチを目指しているのが伝わってきました。

           

          絶対に今の時代には響かないスポコンぶりを堂々と

          展開していて、覚悟が感じられ、好印象です。

          まあ、若者には(年寄り臭い)ウケないけどね。

          それでいいのだ!

           

          本編の連載当時はカッコいいお兄さんに見えていた

          イガラシくんも、今見ると自分の子供みたいな年齢に

          なっていましたお。。。

           

          段々、ミズキがいい奴に見えてきて怖い 『リアアカ』

           

          『リアルアカウント』 は、「不謹慎ハンター24時」
          という新ゲームに突入。リアアカタワーのバトルに
          なってからは、登場人物それぞれが抱える心の問題を
          バトルゲームを通じて、一人ひとりクリアしていく
          読みやすい展開となった模様。ジャンプ的な傾向に
          なってきたとも言えます。

           

          連載が長期化したことで、いろいろと突っ込みどころ
          も増えてきましたが、これぞ少年漫画って感じです。
          アタルの情報をネットでチェックしたはずのユウマが
          アイリに言われてふたりが入れ替わっていると知るのも
          その一例で、ご愛敬と言えましょう。

           

          気長に待ちましょう 『銀の匙』 の次巻

           

          『銀の匙』 は、ようやく出たかという感じです。
          『アルスラーン戦記』 との兼ね合いもあったでしょうが、
          御影さんの受験までは一気に行ってほしかった。

           

          連載も表紙を飾ったかと思ったら、作者の家庭的
          事情から休載となり残念ですが、ご家族の病気が
          原因だと巻末にも描かれていました。
          まずは、作者の荒川弘さんのご家族が快方に向かう
          ことをお祈りいたします。


          予想通りの展開となった八軒くんの受験については、
          長い目で見守りたいと考えています。
          まあ、ある意味、八軒くんと御影さんの関係から
          すれば、第一部完といった第14巻でした。

           

          『HUNTER×HUNTER』 や 『7つの黄金郷』 を待つ
          よりは期待できそう。

          ところで、東村アキコさんの 『海月姫』 は完結
          したんでしたっけ?
          『東京タラレバ娘』 のラストは、本来 『海月姫』
          向きの少女漫画的な終わりで、やや失望したばかり。

          タラレBARは最後まで辛辣だったけど、本編は意外と

          いうより、甘すぎる着地でガックリです。

          やや、作者の世界観や価値観に飽きてきました。

          category:漫画 | by:まるたん | - | - | -

          『君の膵臓をたべたい』 原作は映画の後で

          2017.08.16 Wednesday 02:33
          0

            住野よるさんのベストセラー 『君の膵臓をたべたい』。
            単行本の時から気にはなっていたものの、タイトルが
            グロい情景を想像させることもあって、文庫化を待って
            読もうかと思ったら、映画化されたので、まず原作を
            読まず、映画を先に観ることにしました。
            水曜日になるとレディースデーで混むので、昨日
            他の用事のついでにサクッと。

             

            原作にはない登場人物の12年後も描かれているという
            情報のみ入れて、その他の情報はシャットアウトして
            観たのですが、12年後の出来事が描かれていることで
            タイトルが意味する言葉を、残された人たちが実現
            できた内容になっていたのではないかと思われます。

             

            クラスメイトで、人気者の女子高生が膵臓病で余命
            いくばくもないことを両親以外で唯一知ってしまった、
            人とのコミュニケーションが苦手な主人公と、死を
            目の前にしながらも明るく生きる桜良(さくら)。

             

            図書委員としてクラスメイトとも距離を置いて
            学校生活を送る主人公に対して、積極的に関わって
            くる桜良が切なくも愛らしいのなんのって。
            桜良役の浜辺美波さんも良かったですが、もう少し
            早かったら有村架純さんに似合うそうな役でした。
            ただ、そうすると “クラスで3番目にかわいい”
            という位置づけがズレちゃうかな?

             

            12年後を描いたことで、青春ドラマではなく、大人も
            見やすい作品へと間口を広げた気がします。
            彼らの同級生という位置づけの上地雄輔さんが、
            学生時代役の誰なのか、想像するのも一興(笑)。
            個人的には北川景子さんが出てたので満足です。

             

            命の儚さと、彼女への追想に、川辺に咲く桜の花が
            印象的ですが、エンディングのミスチルの歌の
            タイトルが 「himawari」。タイトルはどうであれ
            桜良の笑顔が余韻として残りました。

             

            おそらく、原作を読まないで行った方がいいかも?
            これから、原作は読むつもりです。

             

            一方、『蜜蜂と遠雷』 はずーっと “つん読” 状態で
            未だに読もうとするとなぜか睡魔が。文庫化される
            前に読まなければ!

             

            【関連記事】
            ◇読後感のカタルシスが心地よい 『また、同じ夢を見ていた』
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3067

            category:映画 | by:まるたん | - | - | -

            一応、東京都のカラーマンホール?

            2017.08.15 Tuesday 04:16
            0

              東京都のマンホールと言えば、イチョウの葉がモチーフ

              ですが、イチョウのカラーマンホールは見かけません。

              個数が多いので、経費削減でしょうか?

              絵画館辺りなら、カラーマンホールも似合いそうですが。

               

               

              ようやく、東中野駅近くで、暫定カラーマンホールと

              呼べるものを発見しました。

              鋳造物でなく、シールタイプなので、ちょっとチープ?

              とはいえ、カラーであることには変わりないので、

              これを東京都のカラーマンホールと勝手に認定しました。

               

               

              ただ、気になるのが、左右の文字から考えると時計回りに

              90度回転した方向に葉っぱが向いてしまうのですが、

              三鷹市などでもありましたが、中央のシンボルマークの

              方向って意外と気にしてないのかなという気もします。

               

              長野県にもオリンピックマンホールがあったので、できれば

              2020記念のカラーマンホールを期待したいところです。

              資金的にそんな余裕、なさそうだし…。

              でも、セキュリティ的にもマンホールのチェックは大事

              だと思うんですけど。会場となるエリアや駅周辺には

              2020カラーマンホールを設置してほしいな〜。

               

              【関連記事】

              ◇“東京府” 時代のマンホール発見!
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3256
              ◇長野五輪の名残も!
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2140

              category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

              注文の多い料理店 『吉田カレー』

              2017.08.14 Monday 23:00
              0

                “注文の多い料理店” と言っても宮沢賢治の作品
                ではありません。正しくは “注意書きの多い料理店”
                とも言える、荻窪の人気店 『吉田カレー』。
                JR荻窪駅北側の青梅街道沿いの建物の2階にある
                カウンターとテーブル席合わせて8席のお店です。
                http://yoshidacurry.com/

                 

                 

                食べログの人気店5000にも入っていて、いつも行列が
                できている店ですが、初めて行く人はちょっとビビる
                かもしれません。

                まず、店の入り口が見つからない!

                 

                (一見さんにとっては見落としがちな入り口)

                 

                私は毎月 『吉田カレー』 の向かいにあるクリニック
                に通っていることもあり、定点観察しているのですが
                2階に上がる階段のシャッターが全開しているのを
                見たことがありません(笑)。

                 

                昼間だと歩道に、夜も真っ暗な階段に人がずらっと
                並んでいます。そして、みんなとても静かです。

                 

                それには理由があって、とにかく店主による注意の
                貼り紙が多く、とくに初めての来店者にとっては
                入り口まで辿り着いても待っているのは 「一見お断り」
                のでっかい文字。私は幸運にも最初は再来店という
                友人と一緒に行ったので、ビビらずに済みましたが
                一人で行ったら入るのに逡巡してしまったかも?
                良い子にしていれば、一見さんでも大丈夫ですよ。

                 

                そして、ドアを開けると中にも行列ができていて
                壁には 「いらっしゃいませ。今日もやる気がありません。
                駅の方に松屋があるのでそちらに行くのをお勧めします。
                言うことを聞かない人はいずれかのルーとなります」
                といったコメントの上に、S&Bとハウスのカレーの
                パッケージが貼ってあります。

                 

                待っている席の後ろにもいろいろ。
                「当店はお客さんを選びます。言うことを聞かない方、
                マナーの悪い方はお断り」 といった感じ。
                訴求テーマはほとんど同じですが、少しずつ表現を
                変えているようです。
                7月に行った時はなぜか 『STAR WARS』 のイラストが
                貼り紙に入っていて、怖さを緩和してくれていました。

                 

                どちらにせよ、来店客はおとなしく粛々と並んで、
                オーダーして、食べて、片づけて、会計します。

                 

                「店の掟」 として、案内されてから着席すること、
                注文は店主から振られてからすること、長居しない、
                ながらスマホなどでの食事が禁止されています。
                食べ残しても処理代を取るとも。

                 

                (置く位置までしっかりと指定されてます)

                 

                初めてテーブル席を指定され、ちょっと私も焦りました。
                テーブル席にはさらなるルールが待っているのです。
                水はセルフサービスで、テーブル席の場合、店主が
                自分がオーダーした物をカウンターに置いたら
                自ら取りに行き、食べ終わったらお皿やコップを
                カウンターに下げねばならないのです。
                お皿を下げないと、テーブルチャージが発生するとのこと。
                また、座ったまま店主を呼んでも罰金刑だそうです。

                 

                 

                カレールーに使用している肉類は国産。
                お米は青森県産。小麦粉は使用せず、野菜や果物、肉の
                旨味が混ざり合って、フルーティな味わい深いカレー。
                塩、脂、バターの使用も控えめで、トランス脂肪酸、
                食品添加物、化学調味料、保存料は一切使用しない
                ヘルシーなカレーでまろやかなので、トッピングを
                オーダーする人がほとんど。

                 

                キーマ、焼きチーズ、フライドオニオン、薬味、
                温泉卵、生卵などありますが、人気はキーマです。

                 

                私の数人後の人たちはキーマ切れで帰りました。

                水を置く位置もしっかり指定してあり、ダスターの
                位置も。前の人が水を少し吹き残していたので、
                帰りがけに前のテーブルもフォローしておきました。

                店内の微妙な緊張感もスパイスの一つかもしれません。

                 

                と、これだけ書くと、ただ怖いだけのようにも
                感じられるかもしれませんが、会計の時など店主に
                ひと言かけてもとくに怖くないですし、階段を下りる
                時に気づくのが、壁の上の方に貼ってある 「ご来店
                いただき、ありがとうございました。歩道に出る際には
                左右を確認してから」 という文言。
                このツンデレ感もまた 『吉田カレー』 の魅力だと思います。

                 

                ご興味を持たれた方は、ぜひネットで 「吉田カレー・
                ルール」 というキーワードで検索するとずらーっと
                画像やこれまでの貼り紙の内容が書かれているので
                読んで耐性をつけてから来店するといいかもしれません。

                category:名店 | by:まるたん | - | - | -

                ボケるなら、痴呆的なボケがいい

                2017.08.13 Sunday 03:21
                0

                  父のボケが進んでいるのか、物忘れ以上に困って
                  いるのが、わがまま爺さんモード。
                  もともとわがままだったのが、さらにグレードアップ
                  して、他人の言葉に聞く耳を持たず、ケガなどすると
                  大騒ぎの繰り返し。

                   

                  『アリとキリギリス』 のキリギリスが、冬になって
                  アリのお家を乗っ取るような感じで、事前の注意を
                  無視して怒ったりしておいて、予想通りの状況に
                  おかれると、その段階でなんとかしろという暴君ぶり。

                   

                  言葉の暴力もボケの一種らしいですが、徘徊も
                  困るけど、ただボケーッとしててくれた方がまだ
                  ましかもしれないと思ってしまうのでした。

                   

                  その様子を見ていると、自分もいずれ年を取ったら
                  意識せずに言いたいことを吐き散らすようになるのでは
                  と恐ろしくなります。

                   

                  泉鏡花の 『外科室』 という作品で、自分の秘めた
                  想いを、手術の麻酔中にうわごととして言ってしまうのを
                  恐れて、麻酔を拒む人妻の話がありますが、ボケる以上に
                  無意識に言葉を発する方がいやかも?

                   

                  『外科室』 の人妻は、自分を手術してくれる医師の
                  ことを密かに愛していたことで、麻酔をせずに結局
                  死んでしまい、ある意味、本望かと思われますが、
                  その真実を知った医師がその後を追うように亡くなる
                  展開は、医師が自殺したと考えればいいのか、未だに
                  わからない私です。

                  category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                  『大人なガリガリ君』 は何歳?

                  2017.08.12 Saturday 20:46
                  0

                    赤城乳業のロングセラー商品と言えば、言わずと
                    知れた 『ガリガリ君』。

                     

                    時々、どうしてこの味が開発部を通過できたのだ
                    というチャレンジングな味も登場しますが、基本の
                    ソーダ味が不動の人気なので、スポット物はご愛敬の
                    域で、経営的な打撃にはなっていないようです。
                    http://www.akagi.com/

                     

                    コンビニで、『大人なガリガリ君』 を見つけ、
                    そう奇天烈…もとい冒険的な味のものではなかった
                    ので買ってみました。

                     

                    グレープフルーツ、レモン、ぶどう、贅沢いちご、
                    マンゴーの5種類があるようです。

                     

                    私はグレープフルーツとぶどうを食べてみましたが、
                    カベルネソーヴィニヨンを使ったというぶどう味は
                    適度な酸味で夏にピッタリ。
                    気に入ったので、6本入りも買って完食しました。

                     

                    疑問なのは、通常版の 『ガリガリ君』 は小学生
                    という設定ですが、『大人なガリガリ君』 は
                    何歳の設定なのでしょうか?

                    赤城乳業にあえて質問するほどまでの探究心は
                    ありませんが、ちょっと気になるところです。

                     

                    ただ、6本入りの箱の側面に、「スティックで
                    遊ばない」「食べ終わった後スティックを口に
                    くわえて遊ばないでください」 という、しつこい
                    までの “大人じゃない” 注意点が書かれており、
                    ネーミングとパッケージの記述が乖離していて、
                    訳わからん状態になっていました。

                     

                    このミステリアスさ(?)も、ロングセラーの
                    理由の一つでしょうか。

                    category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

                    海賊と、巨人と、文豪と太宰治

                    2017.08.11 Friday 20:09
                    0

                      お盆のせいか、転職求人原稿の取材・制作がピタッと
                      入ってこなくて、8月期収益がヤバげです。

                       

                      さらに、各案件、打ち合わせが多い割に、打ち合わせ
                      だけでは収入にならないので、交通費と時間だけが
                      消費されて、さてさてどうしたものでしょう。
                      有休休暇ならぬ、憂休急下状態です。

                       

                      考えても、各編集部に打診しても、答えはわかって
                      いるので、漫画読んで、アメーバの今週で終わる
                      ピグブレイブをして、まさにニート生活を満喫
                      するしかないじゃないですか!

                       

                      『ONE PIECE』 86巻は、いよいよサンジくんの結婚式。
                      サンジくんの心の動きが見どころでしょうか?

                       

                      一方で、当面の敵であるビッグマムの過去も描かれて
                      いて、これがおそらくこのバトル終結のヒントになる
                      であろうし、ビッグマムの娘であり、新婦のプリンちゃん
                      の今後の行動が楽しみです。

                       

                      『進撃の巨人』 23巻は、ある意味、本格的な第二章に
                      突入した感があり、4年後のライナーが主役とも
                      言える展開。昔のエレンを思わせるガビという少女が
                      登場しますが、全く感情移入できない感じが、いかにも
                      この作品らしさとも言えなくもありません。

                       

                      アンビバレンツな感情に揺れるライナーと、王家の血を
                      継ぐ危険人物(猿)のジークが始祖の巨人の力を手に
                      入れても、王家の思想に支配されるのではという疑問と、
                      13年ごとに転生する巨人の力は、エルディア人全員が
                      絶滅しないと “永遠に不滅です” なのも、ちょっと
                      食傷気味となりそう。

                      今回 “巨人化学の副産物” と表現されていた、

                      アッカーマン一族の手で “一掃” していただくしかない

                      のではと、やや投げやりな気分になってきました。

                      巨人は駆逐じゃなく、お掃除するしかなさそうです。

                       

                      『文豪ストレイドッグス』 13巻は、探偵社&マフィアの
                      ボスの命がかかった大掛かりな作戦のはずが、結局、
                      芥川と敦くんの共闘がメインで、組合(ギルド)の時より
                      パワーはアップしていたけれど、盛り上がりにはイマイチ。

                       

                      また、ドストエフスキー率いる 「死の家の鼠」 集団は
                      組合(ギルド)のメンバーに比べると、キャラの魅力が
                      弱い気がします。今回も活躍のフィッツジェラルドさんの
                      カリスマ性を見よ!

                       

                      ただ、他人の思考を操作できる異能を持っているっぽい
                      ドストエフスキーとの戦い本番はこれからのようで、
                      芥川と敦くんの肉体系バトルではなく、カギを握るのが
                      乱歩さんと、犯罪の証拠を消滅させる異能者との
                      頭脳戦になるのを期待しています。現状では、実は
                      異能者でない乱歩さんにとっては、証拠からの推理が
                      不可欠ですが、意外と異能者でないところが勝因と
                      なればいいのですが…。

                       

                      どちらにせよ、もともと 『文豪ストレイドッグス』 は
                      ストーリーより、絵やキャラクターデザインが好きで
                      ついつい買い続けている作品なので、もうちょっと
                      魅力的なキャラを登場させてほしい〜!

                       

                      本物の太宰治が下宿した 「碧雲荘」 関連

                       

                      以前、太宰が下宿したアパート 「碧雲荘」 の集会や
                      取り壊し反対の署名に参加したことを書きましたが、
                      残念ながら、高齢社会のニーズには勝てず、建物は
                      由布院へと移築されることになりました。

                       

                      その活動についてまとめられているサイトを見たら、
                      「第一章:こんな目的で集まっています」 の頁に
                      「くまころりん八起き」 の写真が流用されていて
                      ちゃんと流用元として、このブログ名が入って
                      いました。公演中の撮影は禁止だったのですが、
                      会場の様子を撮影したものを3点も使っていただき
                      ありがたく思っています。
                      https://ogireki.jimdo.com/

                       

                      【関連記事】
                      ◇「桜桃忌」 が私のテレビデビュー!
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=137
                      ◇ワンフロアだけど奥が深い 「太宰治文学サロン」
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2555
                      ◇「第2回太宰サミット〜荻窪の碧雲荘を残せるか〜」 前編
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2561
                      ◇「第2回太宰サミット〜荻窪の碧雲荘を残せるか〜」 後編
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2562

                      category:漫画 | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM