親子の絆をホワイダニットで紡いだ 『希望の糸』

0

    ちょうど、東野圭吾さんの作品が、講談社文庫と
    単行本で発売されていますが、どちらか一方という
    のであれば、『危険なビーナス』 より、加賀恭一郎
    やや脇役だけど美味しいとこ取り 『希望の糸』 の
    方が読み応えがあると思います。

     

    『マスカレード』 シリーズとか、『白銀ジャック』
    をはじめとする、ちょっと映像化意識しましたシリーズ
    のエンターテインメント系が好きな人であれば、
    『危険なビーナス』 の方が好きかもしれません。


    なんせ、加賀恭一郎よりも従弟の松宮がメインとも
    言える 『希望の糸』 は、東野圭吾鉄板の親子の絆
    テーマなので、それなりに暗さもあるので…。
    とはいえ、読後感は良い展開でした。

     

    何より面白いと思ったのは、本の半分くらいで、
    犯人が捕まります! 集中して、伏線を拾いながら
    読まないと、あっという間です。

     

    それだけに、この作品は “フーダニット” ではなく
    “ホワイダニット” な展開なので、冒頭に登場する
    汐見夫妻の子供たちの被災や、料亭旅館の主人の遺言
    問題の部分をじっくり読むと、後半が伏線回収を
    存分に楽しめます。


    私もよく読み込もうと思って臨みましたが、ある不倫
    関係の相手を推理し損ね無念! そう来たかと(笑)。

     

    殺人動機もさることながら、登場人物それぞれの過去と、
    それぞれの感情、それが発生する出来事からどう変化
    していくか、心の襞が丁寧に描かれている良作です。

     

    メインとなる事件と、松宮刑事の家庭問題が並行して
    描かれ、ラストがきれいに収まり、イイ感じの
    シナジー効果を演出している点でも好印象。

     

    ただ、帯ですけど、「謎に挑むのは、加賀とあの男」
    とか銘打っておいて、表4の帯に 「若き刑事」って
    解答を書いてしまうのはどうだろうか?


    それ以外にとくに不満はなく、本著はミステリー的な

    要素だけでなく、個々の心理が見どころの作品なので、

    犯人がわかっても繰り返し読めそうな内容だと思います。

     

    【関連記事】
    ◇加賀恭一郎の謎も一つ解ける 『祈りの幕が下りる時』
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2938
    ◇映画 『麒麟の翼』 に描かれる “希望と再生”
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1237
    ◇加賀恭一郎の新章突入といった感じの 『新参者』
     (http://nureinmal.jugem.jp/?eid=361
    ◇そこに、加賀恭一郎はいなかった…
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=13


    高齢者の熱中症対策はバランスが難しい

    0

      猛暑の影響で、7月初めに母が熱中症になって、
      エジプト旅行をキャンセルしましたが、近頃は
      週に1回のリハビリと、デイケアがそれなりに
      順調に通えるようになったこともあって、9月に
      再度エジプトに挑戦することにしました。
      行くぞ、エジプト、40度だろうとこわかないぜ!

       

      ただ、今年の夏もまた暑い日が続き、生命の危険
      領域を行きつ戻りつしている日々なので、すでに
      熱中症経験者の母にはいつもより少し多めに水分補給
      するように、経口補水液やレモン水などを買って、
      食事もできるだけ消化のいい物を作って、首や頭を
      冷やせるグッズも使って、再発症と戦っています。

       

      ところが、母は日頃あまり水を飲まない習慣の母な
      せいもあってか、お腹を壊すという症状に!
      あうううう。モグラたたきのような感じ?


      すでに、医者からは毎食下痢止めの薬をもらって
      飲んでいるのに、あとはどうすればいいのか…。

       

      エジプトは9月末にしましたが、どうかこの暑さが
      多少はやわらいでくれていますように。
      そうしないと、ずっと何種類もの薬を飲むことに
      なり、母は薬カレンダーに入れて袋に朝昼晩を記入
      しておいても間違えるので、1日3回の薬管理が
      必要となってしまうため、少しでも早く涼しく
      なることを祈っているのでした。

       

      食事作りと薬管理も手伝ってくれるという、行政の
      サービスもあるけれど、果たしてその理由が仕事で
      なくて、旅行でも対応してくれるものか…直視する
      のが恐ろしくて、今んとこスルーしています。


      二度目のお盆

      0

        7月に初盆を終わらせたと思っていたら、
        今月になって再び父の知り合いの方々から
        ご霊前やお線香などが送られてきました。


        お気持ちはありがたいですが、ようやく相続も
        ほぼ終わって、母の体調不良に専念できるかと
        思いきや、お盆の対応に追われています。

         

        私の中の予定では、半年くらいの間に各手続きや
        相続を終わらせ、母をそこそこ一人で生活できる
        レベルまで立ち直らせて、自分の仕事の方向性を
        検討したいと考えていたので、やや焦り気味。
        どうしたものかと、途方に暮れている有様です。

         

        仕事ができないのがかなりのストレス。
        昨年の12月から仕事を受けていないので、また、
        1から営業するか、新しい仕事に向けて面接から
        スタートしなくてはいけないと思うと、ちょっと
        頭が痛いのでした。

        射手座は、12年に1回の良い年になるはず

        だったのにな〜。


        現代の貨幣価値置き換えで理解しやすい 『戦艦大和の収支決算報告』

        0

          この季節になると、テレビも戦争関係の特集も
          多く、例年、深夜帯にもモノクロの映像が流れ、
          戦争の恐ろしさを再確認しています。
          先日も赤紙を配る兵事係についても取り上げられて
          いて、母と一緒に祖父の苦労を偲んだのでした。

           

          映画 『アルキメデスの大戦』 を観たこともあって、
          『戦艦大和の収支決算報告』(青山誠著、彩図社刊)を
          読みました。サブタイトルに 「建造費・維持費・
          戦費から見た戦艦大和』 とありましたが、“収支”
          だけで言ったら、当時で約1億4000万円もかけて
          造った艦体だけで考えても大損失だし、何よりも
          共に出撃した駆逐艦の乗員を含めると4000人近い
          戦死者を出しているのだから、あの戦略がたとえ
          成功していたとしても “収” はあり得ません。

           

          “収” と言うよりは、『大和』 がその後の時代に
          残した技術や、世界最大級の戦艦を造った国として
          認知されたことによる造船(とくにタンカー)業への
          信頼、さらに近年のコンテンツ産業や、呉にオープン
          した 「大和ミュージアム」 による町興しなど、
          『大和』 のネームバリューによる “のれん効果”
          と言った方が良いでしょう。

           

          当時の様子が数字から見えてくる第二章・三章

           

          構成は、第一章で 『大和』 を造るに至った、幕末の
          黒船から始まり、日清・日露戦争を経て、軍国主義に
          雪崩れ込んでいく流れが紹介され、第二章が主に
          『大和』 の建造に携わった企業やそれぞれの費用、
          さらに人件費などについて説明されています。
          現代の貨幣価値と比べて説明されているので、その
          膨大な予算に驚くというか、呆れされられます。


          まず、『大和』 級の戦艦を造るドックがなかった…
          という項から始まるのですが、そこからですかー!
          採算度外視にも程がある強引さです。

           

          最も興味深かったのは、第三章の 「戦艦 『大和』 の
          衣食住〜巨大戦艦の家計簿」。


          『大和』 の維持費や燃料費、さらには停泊している
          だけで、当時の数万人分の年収が消えるという停泊時の
          燃料費などもハンパなく、海軍は本気で経済大国・
          アメリカに対して短期決戦で決められると妄想して
          いたのかなと考えると、その根拠が理解できません。


          とはいえ、第三章には、海軍軍人の給与や、士官や
          乗員のフトコロ事情や、艦内・下船した際のお金の
          使い道なども紹介されていて、そのあたりは当時の
          軍人の生活が数字からリアルに想像できて、本書の
          メインと言える部分だと思われます。

           

          第四章は、私としては 『大和』 のうだうだ振りに
          イラッとさせられるミッドウェー海戦やら、レイテ島
          での意味不な反転、そして1945年4月の沖縄沖の最期
          など、こちらは様々な書籍にも書かれてきた内容で、
          何度なぞっても気鬱になる軍部の戦略に、ストレスが
          貯まったのでした。

           

          そして、第五章には 『大和』 乗務員の軍人恩給や
          遺族年金、さらに上記紹介した、『大和』 造船で
          培った技術力や “のれん効果” などが書かれていて、
          驚かされたのは、一般の日本国民が 『大和』 の名を
          はっきりと知ったのが、1945年9月の終戦報告書
          だったというエピソードはあまりに切なく響きました。


          今年の夏休みは、開運的には今からが本番

          0

            私自身、統計学系の占術には興味があるものの、
            もともと占いは自分に都合がいいところだけ聞いて
            それを “思い込みの自信” として、行動する
            勇気や意欲にすればいいと思っています。

             

            ただ、方位取りについては、勉強すればするほど、
            新しいことや転職・家の購入・改築などに関しては
            考慮に入れた方がいいのではと、実感値として
            感じています。

             

            で、このタイミングで8月の吉方位を書こうとして
            いる理由は、まあ、2019年は年運的にも吉方位が
            少ないし、さらに大吉方がある月も少ないという
            ダブル・イマイチな年で、8月は北方向がそこそこ
            いい方位かなといった状況だから。
            ただし、ちょうど西洋占星術で木星が順行に入る
            月中から、そう今くらいからがGOODなのです!

             

            吉運の性質的には、これまた偶然というか統計的な
            ものなのか、月後半の乙女座モードにマッチした
            仕事運や学業運(試験運)といった真面目系。
            中でも、17日土曜日に、北方向の神社などに参拝
            すると、仕事・学業運がアップします。

             

            そして、食いしん坊な星座・牡牛座が元気がない
            8月の開運フードは、ナッツ類!
            地の星座である乙女座パワーも増幅されて、頭の
            中を活性化させてくれるし、思考もクリアに。
            もちろん、食べ過ぎは注意です。


            また、クソ暑いですが、今月は温泉も開運スポット。
            毎日、クーラーガンガンの人はとくに、体を温める
            ことも、秋に冷えによる疲れを貯め込まない対策の
            一つとなるでしょう。4週目以降のお出かけが
            オススメです。


            令和初の夏恋は3週目までが勝負!

            0

              今日あたりから、このところ逆行していた木星様が
              やる気を取り戻してくれるので、再び能天気な冒険者・
              射手座モードが強まって、火の星座を中心にゴキゲンな
              夏モードが戻ってきて、メデタシメデタシ♪

               

              ただ、一方で牡牛座・天王星が逆行し始めたり、15日の
              満月は、“何か新しいことしたい!” とか、ちょっと
              奇をてらったことをしてヤケクソ気分にもなる傾向が
              ある水瓶座で発生するので、現状を変えたいことや
              仕事や勉強で閉塞感がある場合、実はそっち関係の
              水星の仕業なので、暑いけれどまずクールダウンして
              冷静に考えてから、新しいことについては挑戦した
              方が良いタイミングです。

               

              8月末は、仕事や勉強関係についての目標や計画を
              具体的にイメージしやすい乙女座に星が集まるので、
              9月から年末にかけて仕事や勉強を取り組む上での
              スケジューリングを検討すると、後あとの結果に
              結びつきやすい星の位置になっています。

               

              今が大変でも投げ出さずに、まず今の方法で本当に
              問題があるのか、別の方法にチェンジすべき時なのか、
              思考する月でもあります。
              暑いのでマジ勘弁と言いたいところですが、とにかく
              頭寒足熱? いや、足熱は別にしなくてもいいけど、
              頭寒は大事です。

               

              そして、LOVE運については、8月3週目は全体的に
              好調で、自分を魅力的にアピールする獅子座的な
              アプローチで。ただし、獅子座モードが強すぎると

              相手の価値観を尊重し忘れて引かれることもあるので、

              適度に相手の反応も見つつ、やや強めに出ましょう。


              8月後半は、仕事モードに切り替わるので、お盆
              休みがある人は、台風に負けず、ただし安全第一で
              「夏恋の勝負時」 という勢いで行動する時です。


              リヴァイがサイヤ人であることを祈る 『進撃の巨人』 29巻

              0

                バイトで、全身がミディアムレアで焼かれたような
                暑さで、冷えピタしながらこれを書いております。


                2巻から初版で揃え、意外と早い時期から読み続けて
                きた 『進撃の巨人』 ですが、フェードアウトしたい
                気分だったのに、28巻が次を買わずにはいられない
                衝撃シーンで終わったので、うまうまと乗せられて、
                29巻買ってしまいましたよ…、くやしい。

                 

                 

                全く奇跡的な反撃はなく、リヴァイ兵士長が瀕死か
                死亡という結果に。そのまま放置してくれていれば、
                あまりに無駄死にで 『進撃』 らしかったのに、
                ハンジさんが彼を連れて川に飛び込んでしまったので
                決定的な死亡は確認できず、これからまた一縷の望み
                を抱きつつ、続きを読んでしまいそうでガックリ!

                 

                講談社めぇえ。人気キャラクターであるリヴァイを
                生死不明にしておくことで、「死せる孔明、生ける
                仲達を走らす」 ならぬ 「死せるリヴァイ、止めたい
                読者を引っ張る」 訳ですね。

                 

                私としては、もうエルディアもマーレもどうでも
                よくなりかかっていて、ぜひリヴァイ兵士長には
                主役なのに以前よりさらに共感できないエレンを
                ぶった切ってほしかったのに残念。

                 

                『ドラゴンボール』 の超回復現象が起こるような
                作品でもなく、『文スト』 の与謝野晶子女医の
                ような異能者もいないし、同じ講談社でもかなり
                ライトな 『リアアカ』 の人間コピペ技術も開発
                されていないと思うので、生存の期待薄。


                アッカーマン一族にまだ隠された能力があったと
                しても、瀕死から蘇る力がないのはケニーで証明
                されているし…考えるのもメンドイ。


                考えるとさらに熱中症が進行しそうなので、頭を
                冷やして明日のバイトに備えるとします。


                ひっそり開催、東京メトロ 「ONEPIECEスタンプラリー」

                0

                  基本、スタンプラリーのために交通費は使わず、
                  イベント開催期間中はスタンプ帳を携帯して、
                  何かの用事で行ったついでに押して集める、と
                  いうのが私の基本スタンスです。


                  今年は、JRポケモンのついでに、『ワンピース』
                  20周年記念スタンプラリーを進めています。
                  https://www.event-metro.jp/kikaku-joshaken/one-piece/

                   

                   

                  まずは、新宿駅で 「コダック」 GETのついでに
                  サンジをクリア。JRに比べて、スタンプ台が
                  ひっそりとした場所に置いてあります。

                   

                   

                  次に、池袋駅で 「ミュウ」 をGETしたついでに、
                  これまた丸ノ内線の定期売り場の、しかも見えにくい
                  場所に設置されていたゾロをクリア。

                   

                  キー駅だというのに、スタンプ台は1個だし、
                  JRのようにスタンプ台の液の補充にもやる気のなさが
                  漲っていて、全体重をかけてもうっすら。

                   

                   

                  ポケモンスタンプラリーのサトシがめずらしく
                  定番の四谷駅でなく市ヶ谷駅だったこともあり、
                  南北線を利用して、後楽園駅に行き、チョッパーも
                  クリアしました。

                   

                   

                  後楽園はレジャー施設も多いせいか、他の駅に
                  比べれば、スタンプ台への誘導ポスターがやや目立つ
                  ような配慮がされていました。

                   

                  (これでも回り込んでスタンプ台を映したのであった)

                   

                  でも、やっぱりコインロッカー横の奥まった場所で
                  とぉっても目立たなかったけどね!

                   

                  かわいそうに、チョッパーの鼻のところに、誰か
                  イタズラっ子か、悪意ある大人が、スタンプを
                  押したようで、スタンプラリー参加者としての
                  マナーについては最悪でした。台もスタンプだらけ。
                  駅員さん、できれば1日1回でもいいから拭いて
                  あげてよ〜。

                   

                  (チョッパーのチャームポイント青鼻が台無し)

                   

                  で、普通ならそこであえて足は伸ばさないのですが、
                  同じ南北線・王子駅に、私の 『ワンピース』 キャラ
                  イチオシのウソップがあると知ったので、私の
                  スタンプラリーポリシーに反しますが、電車賃を
                  使って、王子駅に行きましたとも!
                  スタンプ台周辺、誰もいねえ!

                   

                  (イラスト入りのスタンプ台誘導ポスターすらねえ!)


                  しかも、大の様子から鑑みるにわざわざ王子まで
                  ウソップ目指して押しに来る人いないっぽい…。

                   

                  さらに、さらに、王子駅はキャラが描かれたポスター
                  ではなくて、ただワードで打ってプリントしました
                  的な、文字だけの設置場所表示で、ウソップ愛が
                  感じられませんでした。

                   

                  (台のキレイさは、人が来ないんじゃなく、駅員さんの管理の賜物だと思いたい)

                   

                  それだけに、スタンプ台周りは、私が初めてこの場に
                  立ったのではないかというほど、キレイな状態。

                  しかし、スタンプ台は、7月20日からスタートした
                  このスタンプラリー初日以降、スタンプの液を
                  補充した気配がなく、無念なり、無念なり。

                   

                  全体重かけても、蜻蛉のような薄さで、ズレても
                  いいからと、『文豪ストレイドッグス』 に登場
                  する中原中也の異能並みの重力操作をしたけれど、
                  ウソップ様の雄姿がうっすらで、わざわざ王子まで
                  足を伸ばしたのをちょっと後悔したのでした。
                  ポーズだって、すごく決まっているのに残念!

                   

                  (JRの力の入れようとの差が、ちょっと寂しい)

                   

                  そして、ポケモンの方の(私の中では)メインで
                  あるミュウツーをGETしたついでに、そのまま
                  同じく丸ノ内側にある、ルフィのスタンプ台を
                  探しました。

                   

                  東京駅の丸ノ内線側は、ポケモンのゴールカウンター
                  も設置されていることもあり、地下に行っても
                  目に付くのはポケモン関係の誘導ポスターと、
                  ミュウツーのスタンプ台への設置場所ポスター
                  ばかりで、『ワンピース』 はスタンプラリー王
                  にはなりきれていないようでした。

                   

                  (またしても、構内の端にある定期券売り場かよ!)


                  東京駅は、王道キャラのモンキー・D・ルフィなのに。

                  でも、まあ一応、キャラ入りの設置場所ポスターを
                  見つけました。それ、見つけるだけでもレア。
                  JRのミュウツーポスターの半分くらいの大きさです。

                   

                  東京駅のスタンプ台は、やはりルフィってことだけ
                  あって、スタンプのインクは充分に補充されていて
                  くっきりと、ルフィの雄姿をババーンと押せました。

                   

                   

                  一つだけいいことがあったとすると、『ワンピース』
                  スタンプラリーは寂れている分、ばっちいくまきちを
                  おすわりさせて撮影してても、後ろに並んでいる人が
                  いないので、心置きなくやりたい放題、撮影できた
                  ことくらいでしょうか。

                   

                  すでに、最低限の5個のスタンプは集められましたが、
                  ラストは、東京ワンピースタワーのある神谷町駅で、
                  劇場版 『ONEPIECE STAMPEDE』のANNも押して、
                  久しぶりに東京タワーで 「ワンピース20周年企画展」
                  でも見てこようかな?

                   

                  と言っても、まずはバイトを終わらせ、ポケモンの

                  ラスイチ 「ピカチュウ」 スタンプのためだけに

                  神谷町まで行って、パスケースもらってからだな〜。

                   

                  【関連記事】
                  ◇「東京ワンピースタワー」 1階は入場無料!
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2421
                  ◇麦わらの一味と仲間になる3階 「いりぐちフロア」
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2422
                  ◇4階は対戦系と展示系が好バランス
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2423
                  ◇3階層縦断の古代文字探しが思ったよりハード!
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2424
                  ◇「ルフィのエンドレスアドベンチャー」 の続きが楽しみ!
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2425
                  ◇ONE PIECEレストラン 『BARATIE』 は明日出航!
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2944
                  ◇『BARATIE』 のワクワクメニュー♪
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2948


                  くまきちの誕生日♪

                  0

                    今日は、「くまころりん八起き」 4000編目という

                    記念すべき投稿です。なので、このブログでは

                    欠かせない、物の大きさをわかってもらうため、

                    マッチ棒代わりに登場させているくまきちくんを

                    取り上げることにしました。

                     

                    おすわりリラックマとして、彼なりにそこそこ

                    頑張っているのか、さぼっているのかわからない

                    “はげましアイテム” 以下、ゴミ以上のくまきち。

                    8月8日はお誕生日です。

                     

                     

                    2008年に生まれてから、ぬい撮り担当として

                    雪の上に転がされたり、冬の噴水前で撮影したり、

                    砂漠で砂まみれになったり、土砂降りの時は

                    ジップロックに入れられて窒息したりと、

                    いろいろな経験を経て、ばっちくなりました。

                     

                     

                    今のところ、何とかまあるい耳も取れずに、

                    ナップサックの中で、ぎゅうぎゅう詰めに

                    なりながらも耐え続け、きっと忍耐力だけは

                    培われたものと思われます。

                     

                    ようやく、母の健康面もやや持ち直し基調で、

                    デイケアなどの筋力回復計画も整ってきた

                    こともあり、先日母の不調でキャンセルした

                    エジプトにも再チャレンジ予定。

                    ピラミッド前のマックで写真が撮れるといいね♪


                    「ポケモンスタンプラリー2019」 ミュウツーの逆転

                    0

                      さあさあ、今年もまた、しょーこりもなくJR東日本の
                      「ポケモンスタンプラリー2019」 をお出掛けついでに
                      地味地味しく参加しているわけですよ。
                      https://www.jreast.co.jp/pokemon-rally/

                       

                       

                      もちろん、全駅達成など努々考えておらず、6駅達成!
                      それのみです。まずは、渋谷駅から始めました。

                       

                      (我が家に等身大ピカチュウあるけど、ポケモンて意外とでかいです)


                      渋谷駅に実寸大プクリンのポスターが貼ってあったのは
                      これまでと違う点と言えましょうか。

                       

                      (「ポケモンGO!」 や 『名探偵ピカチュウ』 のおかげでか今年は盛況)

                       

                      今回は、ミュウとミュウツー、そしてピカチュウだけは
                      MUSTですが、それ以外はまあ押せるところで押すっていう
                      スタンスで進めたいと思っています。
                      それだと、大体キー駅でクリアしていけるのです。

                       

                       

                      ただし、ピカチュウだけは今回は桜木町駅か、田町駅。
                      以前も、東中野駅というマイナーな駅にピカチュウを
                      設置していて、いつもピカチュウだけはそのために
                      行くはめになっています。

                       

                      (右端のスタンプ台は要注意! ミュウツーの逆転になる可能性あり!)

                       

                      池袋駅でミュウ、東京駅でミュウツーをGET!
                      したのですが、東京駅に3つ設置してあるスタンプの
                      一番右側の列で押したら、「なんかスタンプがグラグラ
                      してるな〜」 と思いつつも、途中まではちゃんと上と
                      書いてある方を上にして、いざ押そうとした瞬間、
                      鎖につながっているスタンプが引っ張られてか、クルン
                      と天地逆さまに回転!

                       

                      (悲しいくらいに真っ逆さま)


                      ミュウツーが逆さまになってしまったのでした。
                      東京駅の一番右のスタンプ台は要注意です!!!

                       

                       

                      そして、市ヶ谷駅でサトシを押して、6駅達成もあと
                      1個となりました。もちろん、最後は田町・ピカチュウ!
                      もうすぐバイトシーズンだし、これはスタンプラリー目的で
                      行くしかなさそうです。以前、品川と田町の間に移転した
                      会社で働いていたこともあり、オリンピックの準備が
                      進んでいるであろう 「高輪ゲートウェイ」 付近も
                      少し見てみたいしね♪

                       

                       

                      ちなみに、市ヶ谷駅の売店には、ポケモン土産が充実
                      していましたが、私としてはその横にあった自衛隊系の
                      土産に魅かれました。とくに、自衛隊カレー。
                      買ってくればよかったと、ちょっと心残りです。

                      まずは、バイト終わらせて、また再開しよう!

                       

                      【関連記事】
                      ◇ポケモン映画の傑作 『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3992
                      ◇「JR東日本 ポケモンスタンプラリー2018」 は55駅!
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3620
                      ◇「ポケモンスタンプラリー2017」 賞品は郵送に
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3270


                      | 1/395PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM