『アンナチュラル』 のロジカルさと仲間との距離感がいい!

2018.01.19 Friday 23:00
0

    一応、新春ドラマの第1話はさらっと見ましたが、
    私は金曜ドラマの 『アンナチュラル』 が好きな
    テーマだし、法医学の知識でロジカルに事件を糾明
    していくストーリーで、昨年の 『ブラックリベンジ』
    同様、できれば続けてみたいドラマだと感じました。
    http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/

     

    石原さとみさんが演じる、主人公のミコトの過去や、
    同じ解剖医役でもどこかアウトローなイメージの
    井浦新さん、新たに設けられたという設定の 「UDIラボ」
    (不自然死究明研究所)の情報を流すためにメディアから
    送り込まれている窪田正孝さんなど、キャスティングも
    バランスが良いと思います。

     

    ほぼ、一話完結なのも、確実に毎回見られるとは限らない
    私にとっては嬉しいところ。

     

    ミコトの両親の心中事件や、同僚たちがそれぞれに
    抱える問題についても、縦糸と横糸のように解き明かされて
    いくとは思いますが、まあ1回くらい飛ばしてもおそらく
    その部分も想像できそうな脚本なので、そうした人間
    模様についても楽しみです。

     

    第2回も見てみましたが、理系の組織らしいクールさに
    新設チームならではの “慣れ合いなし” だけれど、
    原因究明には結束するという距離感もGOOD!

     

    実は、石原さとみさんはどちらかというと、私的には
    好きなタイプとは言えませんが、この役には合う雰囲気を
    持った女優さんだと思います。きつくなりすぎもせず。

     

    金曜日22時という、週内締め切り案件がある時は、
    かなり厳しい時間帯ですが、リフレッシュも大事だよね!
    どうせ、編集部帰ってる時間だし。
    と言い訳しつつ、リアルタイムで見ることにします。
    録画したドラマや作品を見ること、ほとんどないし。

     

    『BG〜身辺警護人〜』 は及第点では?

     

    そして、鳴り物入りの、SMAP問題以前からドラマをやる
    たびに叩かれまくりの木村拓哉さんの 『BG〜身辺警護人〜』
    も、それなりに見てみましたが、豪華キャストには
    相変わらず費用対効果が頭にちらついてしまうものの、
    専門外の手術を依頼したところで違和感を感じて
    1回目を見てやめた 『A LIFE〜愛しき人〜』 よりは
    地に足着いた作品だと思いました。

     

    失敗しない女医の後を継いで、失敗した経験のある
    ボディガードという流れも、テレ朝らしい気が。

     

    そういえば、『アンナチュラル』 の2回目で科捜研
    のエピソードが登場し、局が違うのに 「沢口靖子は
    忙しいの」 的なセリフがあったのにはワロタ!

     

    で、『BG〜身辺警護人〜』 ですが、木村拓哉さん以外の
    人にも見せ場がありそうだし、抑えめの演技の中で時々
    出す “キムタクモード” が上手に活かせている気がします。

     

    『アンナチュラル』 と同じく、主人公を囲む人たち
    それぞれが訳ありそうなのも、今後への興味をつなぐ
    要素になっていて、平均年齢高めだけれど、テレ朝の
    ドラマを見るターゲット層には妥当な選択でしょう。

     

    一番、印象に残ったのは、主人公がテロが行われると
    予想される会場を視察する際、ちょっとNHKっぽく、
    想定被害範囲の推察に、説明図的な文字や被害範囲の
    ラインや文字が追加されていた表現法です。

     

    『BG〜身辺警護人〜』 の方は、テレ朝信者の母が
    あの時間はずっとチャンネルを変えないので、何度か
    遭遇することがありそうですが、目の前の課題を
    ロジカルに検討していく流れと、周辺人物が抱える
    問題がラストまでの牽引となる点では、私はおそらく
    『アンナチュラル』 派となりそうです。

     

    単純思考の私はやはり 『西郷どん』 No.1!

     

    で、ここまで今期のドラマについて書いてきましたが、
    やっぱ今期期待度No.1は大河ドラマ 『西郷どん』
    ですねー。司馬遼太郎さん原作の 『翔ぶが如く』
    の主役だった、西郷役・西田敏行さんがナレーション、
    大久保利通役だった鹿賀丈史さんが島津久光役と
    往年のファンにも嬉しいキャスティング。

    https://www.nhk.or.jp/segodon/


    さらに、鈴木亮平さんのパワフルな演技に期待です。
    まあ、島流しや自殺未遂的なネガティブ時代も
    あるけれど、それはそれで楽しみ。
    奄美黄島時代はまた痩せるのかな?

    category:TV | by:まるたん | - | - | -

    ただ軽いだけじゃない、二匹のおっさんが活躍する 『嘘八百』

    2018.01.18 Thursday 23:41
    0

      『5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜』 に
      続き、嘘つながりで 『嘘八百』 を掲載交渉後の気分転換に
      観てきました。中井貴一さんと佐々木蔵之介さんの
      ダブル主役に加え、キャストの平均年齢高っ!

      http://gaga.ne.jp/uso800/

       

      それだけに、演技巧者揃いで、緩いコンゲームですが、
      人間模様はしっかりと描かれていて楽しめました。
       

      目利きとしてはイマイチの古物商役に中井貴一さん、
      そしてその古物商と実はある因縁があった陶芸家に
      佐々木蔵之介さん。二人とも家庭的な事情も抱え、
      さらに揃ってポンコツ。

       

      予告でも紹介されている部分なので、多少のネタバレに
      なりますが、堺の旧家に千利休関係の掘り出し物があると
      聞きつけて、やってきた古物商がつかまされたのは
      茶碗が入っていない箱と添書き。茶碗を売った旧家に
      戻ってみれば、茶碗を売った男の姿はなく、別の人が
      住む家という、しょっぱなから騙されるおマヌケな展開。

       

      何とか、自分を騙した陶芸家を見つけるも、その陶芸家
      行きつけの居酒屋は、あらゆる筆跡を真似られる達人、
      箱作りの名人、紙選びに長けたおやじ集団でした。
      結局、ズルズルとその陶芸家と関わっていく内に、
      二人の人生を狂わせた大物鑑定士の存在に行き当たり、
      偽利休の茶碗でのコンゲーム開幕です!

       

      まずは、利休についてのお勉強からというお粗末さ。

      これまで、何を学んできたのだ、古物商!

       

      利休が切腹前に作らせた茶碗というコンセプトに
      合わせるよう、利休関係の雑学を、学芸員役の
      塚地武雅さんがキラキラした目で熱く語るのでした。
      かなりうざくて暑苦しいけれど、山下清並みにピュアで
      愛らしく、『西郷どん』 の熊吉役も頑張ってほしいです。

       

      いよいよ、作陶フェーズに入り、そこからは一転、
      これまで利休好みとして残されている楽茶碗とは
      違った、彼が考える利休らしい作品を探求する姿に、
      大物鑑定士への復讐だけでなく、作陶としての意地も
      感じさせてくれる、見応えあるシーンです。

       

      もともとは将来を嘱望された若手陶芸家だった志を
      取り戻していく姿が、この作品の中で一番印象に
      残るシーンとなりました。

       

      それを見守り、過去に彼の作品で騙された鑑定士も
      いつしか心を開いていく過程も、心温まります。

       

      人生負け組の鑑定士と陶芸家が、一世一代の賭けに
      勝つか負けるかは、途中からどうでもよくなります。
      この賭けで彼らが再起するキッカケとなることを
      観ている方も応援したくなる作品。

       

      たしかに、ドタバタはありますが、人生半ばを過ぎた
      おっさんたちが、再生のキッカケとなる嘘を成功
      させてあげたいと応援したくなる佳作でした。

       

      そこそこどんでん返しもあり、加えてエンドロールで
      騙される方側のミニエピソードも挿入されているので、
      最後までしっかり観てから、席を立ちましょう。

       

      余談ですが、私もお茶は飲める程度の末端レベル
      ではありますが、堺にある 「千利休茶の湯館」
      にも行ってみたくなりました。

       

      「与謝野晶子記念館」 も併設されているようで、
      ちょうど 『文豪ストレイドッグス』 の与謝野女医
      コラボもあるようなので、ちょっと気になります。
      http://www.sakai-rishonomori.com/

      category:映画 | by:まるたん | - | - | -

      「下練馬の富士塚」 参拝

      2018.01.17 Wednesday 23:50
      0

        今日は、エリア2に掲載する店舗の取材許諾を得るため、
        雨の中、「東武練馬駅」 周辺の営業活動に出ました。
        なぜなら、いくつかリストアップされている中で、
        メアドも電話番号も非公開という、郵送対応しかない
        店が含まれていたので、この際、直接行った方が
        許諾を得られる可能性が高いと踏んだからです。
        掲載許諾率が高い雨も降っていたしね…。

         

        南側に川越街道が続く 「東武練馬駅」 近くには、
        「北町観音堂(石観音堂)」 や庚申塚が残る歴史情緒が
        感じられるエリアです。

         

        今回は、非公開施設の他、掲載しなくてももともと
        人気がある店やあまりネット掲載を快く思っていない
        店舗などもあって、まさに試練の道。

         

        (左が富士塚、右は天祖神社)

         

        そこで、駅の南東にある富士塚に掲載祈願をしてから
        スタートすることにしました。

        もちろん、時間は各店舗がアイドルタイムに入る
        14時前後。雨がしょぼしょぼ降ってはいましたが、
        エリア1の撮影取材・執筆も並行して進めるため、
        何が何でも今日この試練をクリアせねば!

         

        以前、江古田駅前でも富士山に似せた富士塚を見た
        覚えがありますが、登ることができませんでした。
        今回は雨でも登ると決め、最初からかなりやる気。

         

        (登山道はうねうねとした岩場です)

         

        こちらの富士塚は 「下練馬の富士塚」 と呼ばれており、
        練馬区指定有形民俗文化財となっています。

        本物の富士山の100分の1のサイズです。

         

        富士塚に登拝すると、富士山にある 「浅間神社」 に
        参拝したのと同じ御利益があるとされ、江戸時代から
        信仰されてきました。現在も、町会の有志によって、
        7月1日には山開き祭のほか、初詣、節分、氷川神社との
        秋季例大祭の神輿巡行なども行われています。

         

         

        37.76メートルの高さですが、ちゃんと1合目から頂上と
        なる10合目まで、道標が整備されていて、途中には
        狛猿さんのような像や天狗像が立っていました。

         

         

        頂上には奥院があり、お賽銭やお酒も捧げられていて
        地域で親しまれている富士塚であることを実感しました。

         

        (登ってみるとそれなりの高さ)

         

        奥院前は本物の富士山がある方位もマークされており、
        今では周囲が住宅街で富士山は拝めませんが、イメージで
        富士山に手を合わせてきました。

         

        阪神淡路大震災の慰霊も兼ねて…。
        阪神高速道路以上に、長田区のニュース映像が、今も
        頭の奥に残っています。

         

        (下の右角に奥院があり、上の小さな三角が富士山の方向)

         

        お陰様で、何となくどちらの店舗もいい方向に向かいそう。
        中でも心配していたお店は一気に取材まで進めました。
        以前、許諾に苦労した人気店のご利益もあって、ようやく
        エリア2の取材・撮影が動き出した感じです。

        雨は本降りになっていましたが、やや不安だった掲載許諾が

        好転しそうなので、心にかかったもやもやは晴れました!

         

        近々、また取材に行くことになりそうなので、その際には

        再び富士塚に登ってお礼したいと思っています。

         

        【阪神淡路大震災から23年】
        ◇神戸&有馬温泉の旅(神戸港震災メモリアルパーク)
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2272

        category:散策 | by:まるたん | - | - | -

        夢・青春・友情・恋愛の全てがある 『5パーセントの奇跡』

        2018.01.16 Tuesday 23:55
        0

          年末にオーダーしておいたメガネを受け取りに
          行ったついでに、映画 『5パーセントの奇跡
          〜嘘から始まる素敵な人生〜』 を観てきました。

           

          またしても、ピカデリーのポイントを使用。
          すごく観たいというほどではないものの、観られれば
          観ておこうかなと思っていた作品です。

           

          真実に基づいたストーリーのドイツ映画で、エンディング

          前には本人の映像も映し出されました。

           

          健常者の視力95%を失った青年が夢をつかもうとする話


          ドイツ人とスリランカ人の混血で、ホテルマンになる
          ことが夢だったサリーは、網膜剥離で突如それまでの
          5%しか見えない状態になりながらも、暗記力と努力で
          何とか普通高校を卒業。

           

          しかし、就職はというと、履歴書に視力障害のことを
          正直に書くと全て不採用になってしまい、ある意味、
          履歴詐称というか、障害のことは隠して、ミュンヘンの
          5つ星ホテルで研修(試用期間的な感じ)に挑みます。

           

          この障害を隠すということが、サブタイトルの “嘘”
          という言葉になっているのです。ストーリーは彼がついた
          そんな “嘘” の行方がどういう結末へとつながるかに
          ハラハラする展開です。

           

          時々、サリーが見ている世界の、物が形を成して
          いない様子も追体験できて、観る側も感情移入しやすく
          なっています。そういう世界に住むサリーがどのように

          ホテルマンの研修をクリアしていくかも見どころです。

           

          研修を共にするマックスは、サリーの障害に気づき、
          自分の仕事に対してはいい加減だけれど、さりげなく
          サリーをサポートしてくれる頼もしい存在。
          両親がホテルやレストランを経営している家の放蕩息子
          だけあって、研修でサリーが “見て覚える” 部分で
          理解できないところは、親のレストランを使って
          レクチャーしてくれ、猛練習を重ねます。

           

          そんな大変な研修の中でも、サリーは厨房で知り合った
          アフガニスタンからの移民で元・医者のハミードの
          就労手続きに力を貸してあげたり、野菜を納品する
          シングルマザーと恋に落ちたりと、かなりリア充。

           

          サリーを通じて、社会の弱者的な存在となっている
          人たちの様子が描かれているのは、現在、移民に対して
          厳しめになっている、自国への意思表示かと思われました。
          政治談議や討論が好きなドイツだしね。

           

          研修中のサリーに、家庭の事情でさらに試練が降りかかり、
          一時期は、仕事も、恋愛も、(ドラッグで)人間も失い
          そうになる中、彼らしい方法で励ましてくれるマックス
          が最高でした。マックスに出会ったことがまず奇跡です。

           

          ホテルマンとして正式に採用されるには、試験に合格
          しなければならないのですが、その試験官でもあり、
          厳しい指導教官のクラインシュミットが、名前は
          直訳 “小さな石” のくせに “大きな壁” となるブラックな
          ネーミングセンスには笑いました。

           

          「目的地に急いで到達したいなら一人で行きなさい、
          大きな目標に向かうなら仲間と行きなさい」 という
          作中で語られる言葉が、余韻として残る作品でした。

           

          もう、わしが学んだ言語は古語じゃて…

           

          最初は頭に入って来づらくて、字幕で観ていましたが、
          30分くらいからようやく覚醒し、適度に専門用語だけ
          字幕チェックすればいい程度になり、まだ新しい
          メガネがなかった私としては、たぶん、サリーのように
          足りない能力を補完すべく、脳がドイツ語モードに
          切り替えてくれたようです。

           

          日頃も自宅のテレビは音と声で見てるし、明るすぎる
          日はサングラスがないと白内障のように見えないし、
          かつての会社で頭を打ったのが理由と思われる飛蚊症で
          視界は黒いつぶつぶや顕微鏡で見た微生物みたいな
          ものがたくさんうごめいていて、私もかなり聴覚に依存
          しているので、それほど難しくないドイツ語で助かりました。

           

          ただ、舞台、ミュンヘンなはずですが、私は南の方の
          ドイツ語ヒアリングがイマイチだったのに、もしかして
          標準的ドイツ語だったのでしょうか、わからん!

           

          それと、途中で 「sauber!」(おそらく) とマックスが
          叫ぶシーンがあって、どうやら流れ的に英語の 「cool!」
          的な使用方法かと思われるのですが、一瞬 「清潔?」 と
          脳訳してモヤモヤしました。家に帰って久しぶりに独和を
          ひいてみたら、「alles geht sauber(調子が良い)」 と
          いう例があったので、その延長線上の口語らしき模様。

           

          辞書の 「sauber」 についての説明は30行近くあるのに
          1行にも満たない扱いだった言葉が、いつの間にか
          進化していたようです。言葉は生き物なので、時々は
          バージョンアップしておかないと…。

           

          欧日協会に通っている頃も、テキストや記事などを見て
          「これは古い言い回し」 と、当時の表現を教えてもらい
          ましたが、それすらも旧式表現になっていそうで、
          映画は良かったですが、自らの語学力には黄信号です。

           

          【関連記事】
          ◇「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」 に参加して
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2428
          ◇「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展」@表参道
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3341

          category:映画 | by:まるたん | - | - | -

          ステージクリア後に敵がさらに強くなるのはゲームだけで…

          2018.01.15 Monday 23:49
          0

            今日は5回電車・バスを乗り換え、さらには
            それぞれの駅からいずれも15分くらい住宅街に
            入った場所まで歩いて、ひたすら掲載許諾を取り、
            さらにその中から、来月インタビュー記事に出て
            くれる人を探すという、無謀なミッションに挑みました。

             

            どこにいるんだ、善意の人よ!

            赤でも、青でもいいから、糸がつながっていることを

            祈るのみの行脚です。

             

            もちろん、インタビュー対象者には謝礼なし!
            しかも、結構レアな条件を3つも満たしている人を
            掲載許諾&撮影案件を通して探せって、もはやそれ、
            テレビのバラエティのノリなんですけど…。
            電気バイクを充電させてもらうより大変なのは
            間違いありません。

             

            この案件を昨年末に依頼された時は、編集部からの
            説明もようわからん文章だし、取材リストは施設名と
            そのUPLが全く違っているしで、質問をいくつも
            送ったのですが、とっとと正月休みに入りやがった!

             

            年末年始を挟んだので、かなり不安要素を内包した
            案件ではあったものの、今さら他のライターにこれを
            押し付けるのは忍びなく、チャレンジした自分に
            「ドMなんじゃないだろうか?」と自問自答して

            どこに行って、どのように対象者を見つけ出すか、

            凍えた脳で考え続けました。

             

            移動途中には、別件で進行しているエリア取材の
            掲載打診電話もしたり、確認電話をしつつ、どの
            施設がどっちのエリアだったか大混乱!
            パーマンのコピーロボットがほしい気分。
            ほぼ営業職のような1日でした。

             

            現場でいろいろ新たな事態が発生し、それについて
            編集部の担当者に確認しても即答してくれないし…。
            初の企画で担当者も試行錯誤なのはわかるが、
            今後の行程で発生が想定される課題の対応策を
            なんで私が指示してるんじゃー!
            ディレクション代、もらいたいわ!
            と、2018年、初ギレをかましたのでした。

             

            何とか、砂漠から1本の針を拾い上げ、編集部に連絡し

            帰りがけに再び 「久松湯」 に。リフレッシュというより、

            脳内リセットしたい気分だったので、今日はタオルを

            コンビニで買ってから行きました。

            http://hisamatsuyu.jp/

             

            露天風呂に入って、空を見ながら、今日のことを考えると、

            今回、私が編集部のムチャぶりをクリアしてしまったことで

            他のライターさんたちにも同じ試練を丸投げしそうで

            心配になってきました。みんな、ごめん!

             

            で、温泉ですが、2日続けて入ると、体の奥に溜まっていた

            疲れが堰を切って流れ出るのか、凝っている自覚がなかった

            ところまでもが瞑眩反応でか、痛みやコリとして顕在化し、

            昨年からの疲れがマグマの如く噴出中です。

            別エリアの案件も 「久松湯」 なら、途中下車すれば

            寄れるので、湯治に励もうかな?

            category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

            公衆浴場料金で天然温泉の露天風呂も楽しめる 「久松湯」

            2018.01.14 Sunday 23:45
            0

              父が老人性皮膚炎で体中に痒みの薬を塗っているため、
              風呂掃除が大変なのと、洗っても湯船につかる気に
              なれません。痒みの薬は手に着いたら必ずしっかり
              洗わないとダメというくらい強い成分なので、いくら
              浴槽を洗っても怖くて入れない気分。

               

              シャワー派の私でもたまには入浴したいと昨年末から
              何かのついでにスーパー銭湯に行こうと、一度は
              新宿の 「テルマー湯」 の前まで行ったら、外国人が
              あまりに多いのにビビって帰ってきました。

               

              そんな気分の時に、ちょうど地域密着型銭湯の取材
              依頼からの案件が入ったのと、土曜日にテレビで
              『テルマエ・ロマエ』 をやっていたので、取材交渉を
              兼ねて行って来ました、桜台 「久松湯」!

               


              西武池袋線・桜台駅の北側からすぐの場所です。

              内部の写真は撮影は憚られたので、HPを参照。

              各フロアの写真をチェックできます。多分、プロ撮影。
              http://hisamatsuyu.jp/

               

               

              第一の魅力は、入湯料が公衆浴場の460円。
              追加料金たったの300円ででサウナなども利用できて、
              用途に応じてカスタマイズできるのが嬉しいですね!

               

              手ぶらでも行ける!

               

              私はタオルを2枚持っていきましたが、1枚100円の
              レンタルタオル(大・小、同価格)があります。

               

              ミニサイズのボディーソープやシャンプーも安価で
              販売されていますが、私は家でシャワーしてから
              行ったので、洗うやつとタオル2枚と櫛だけ。
              とにかく、入浴がメインなので気軽に行けました。
              洗髪までして行っちゃったしね(笑)。

               

              ドライヤーも持って行こうかと思いましたが、
              すでに洗髪してるし、いらないかな〜と思っていたら、
              長湯しすぎて、汗が止まらず、髪の毛が汗ばんで
              帰宅(電車&バス)の間に湯冷めしそうなので
              一応、襟元は乾かしました。洗髪した場合はやや
              短めかもしれませんが、3分20円とリーズナブル!

              洗髪だけはしていった方がいいかも?

              そうすれば、シャンプー・トリートメントを持って

              行く必要もないしね。

               

              施設もスーパー銭湯並みの充実ぶり!

               

              ロビーの所で、ルシウスが感動したフルーツ牛乳を
              飲んで多少クールダウンするも、天然温泉の露天風呂が
              あまりに気持ち良かったので長湯し過ぎ、汗がとまらず、
              仕方がないので、工事現場のおっさんぽく首元に
              未使用のタオルを巻いて、汗を凌ぎました。

               

              ロビーでは 『サザエさん』 を観て、ゆったりと
              しているファミリーも多かったです。

              牛の乳と果実が融合した飲み物を楽しみながら(笑)。

               

              (フルーツ牛乳と茶色い小さいクマくん。名前はまだない)

               

              脱衣所は混んでいましたが、受付もスピーディだし、
              洗い場も広いし、清潔感あるし、ジャグジーは左右型と
              縦型・側面タイプがあって、コリなどの状況によって
              選べるのもGOODです!

               

              一つ難点があるとすれば、ジャグジーエリアに
              段差があって、私のような近眼にはコケる可能性
              もあるので要注意といったところでしょうか。

               

              ジャグジーの横には、電気風呂も2つあって、
              体にはマッサージの電気治療程度の刺激だったの
              ですが、予想以上に腕が一瞬動かせないほど
              ビリビリ。そういえば、配送作業で腕が疲れて
              いたことを思い出しました。次第にその刺激も
              快感となって、慣れると好きになりそうです。
              たしか、「揉兵衛」 とかいうユニークな名前が
              ついていました。

               

              地下1500メートルから汲み上げている露天風呂、
              とにかくサイコー!

               

              さらに、屋外に天然温泉の露天風呂があり、さほど
              広くはありませんが、開放的な雰囲気です。
              ナトリウム一塩化物強塩の源泉で、子供がなめて
              「しょっぱい!」 と言っていました。

              東京都の温泉らしく、茶色いお湯です。

               

              小さいながらも庭園の緑が望め、私が行った17時半
              には、見上げると夜空も広がっていました。

              露天風呂の温度は42度と表示されていましたが、
              外気が激寒だったので、ちょうどよい湯加減に。

               

              地元の方たちの会話によると、18時半頃がすいて

              いるそうです。

               

              外気と温泉の温度差が心地よくて、屋内の
              ジャグジー&「揉兵衛」 と露天風呂を3往復
              して、かなりリラックスできました。

               

              もっとリラックスしたい方には、アロマやリフレ、
              頭皮マッサージ、ボディケア、タイ古式といった
              リラクゼーションエリアも設けられているので、
              別料金ですが適正価格で提供されており、私は
              ちょっとタイ古式というやつに魅かれています。

               

              アロマやアーユルヴェーダ、そしてチベットでの

              謎のリラクゼーション経験はありますが、まだ

              タイ式の施術を受けたことがありません。

               

              エリア情報の仕事に感謝した  「久松湯」 との出会い♪

               

              荻窪の 「荻窪なごみの湯」、深大寺天然温泉
              「湯守の里」、「小平天然温泉テルメ小川」、
              天然温泉 「極楽湯 和光店」、「豊島園 庭の湯」
              などの近場に加え、上野の水月ホテル 「鴎外温泉」、
              後楽園のちょっと高級感ある 「スパ ラクーア」、
              アミューズメント感満載の 「大江戸温泉物語」 など、
              それぞれに個性豊かな都内の温泉ですが、コスパと
              満足感においては、「久松湯」 サイコーでした。

               

              【関連記事】
              ◇都内の天然温泉 「鴎外温泉」
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=724
              ◇都内認定第1号の天然温泉 「鴎外温泉」
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=910
              ◇『Spa La Qua』 で古生代と第三紀を体感!
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=955
              ◇「大江戸温泉物語」 でフィッシュセラピー
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1912
              ◇『テルマエ・ロマエ』 に備えて 「テルメ小川」 に
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2049
              ◇運気をUPする温泉の入り方
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1521

              category:癒し | by:まるたん | - | - | -

              ちょっと切ない 『猫mix幻奇譚とらじ』 11巻

              2018.01.13 Saturday 23:12
              0

                田村由美さんの作品が同時に3冊発売。
                ほぼ1年ぶりの 『猫mix幻奇譚とらじ』 11巻と、
                新連載 『ミステリと言う勿れ』、そして長編で
                やっと終わってほっとしていた 『7SEEDS』 に
                外伝があったのでした。

                 

                『7SEEDS』 はもう、嵐と花が再開したので満足。
                たしかに、春夏秋冬のメンバーが集まって、
                地域に定着して、それぞれの役割や立ち位置を
                決めていく流れは気になりますが、もはや未練は
                ないぜ! 本編も途中からBOOKOFF行きしてたし、
                やはり私は 『BASARA』 の方が好きです。

                 

                『ミステリと言う勿れ』 は、本当に漫画という
                スタイルで書いた方が良かったのかなと思う、
                ある意味、斬新かつチャレンジャーな作品。

                 

                殺人犯と疑われ、警察での取調室での会話や、
                もう1本のバスジャックとのやりとりなど、
                どちらかというと、一人芝居の舞台の脚本に
                向いているくらい、主人公がしゃべり通し。

                 

                いろいろな蘊蓄もあって、それなりに楽しい部分も
                無きしにも非ずなのですが、あまり長期連載には
                向いてない作品かもしれません。

                 

                マーガレットコミックスの方でやっている、色の
                蘊蓄物 『イロメン』 が好きな人ならハマるかも?

                 

                私は閉所恐怖症気味なので、取調室・バスの中と
                いった隔絶された空間で、延々蘊蓄が綴られる
                展開についていけそうなのは2巻が限界でしょう。

                 

                『猫mix幻奇譚とらじ』 が終わるのは悲しいにょー!

                 

                『猫mix幻奇譚とらじ』 は私にとって、一旦は
                BOOKOFFに売ったのに、また買い戻したという経緯
                がある、思い入れのある作品。

                 

                何より、明るい所でもクリクリおめめのとらじが
                可愛くて、どちらかというと犬派の私でも、猫の
                魅力を感じられる作品です。

                子猫なので、ちょっとおバカだけど、好奇心旺盛で

                結構ずぶとさも兼ね備え、パイ・ヤン大好きな

                とらじは、我が家のくまきちの性格設定にも自然と

                反映されている気がします。

                 

                (11巻の一番かわいかった表情。続きは↓)

                 

                今回は、中洲の国での冒険だったので、猫と悟られないよう、

                オバQみたいな変装で頑張っていて健気でした。

                 

                (変装して中洲の国に潜入した途端、この状況)

                 

                11巻は、メインテーマである、勇者パイ・ヤンの
                息子で、魔法のネズミに拉致されたリオも登場し、
                パイ・ヤンが大好きで、心の片隅に 「リオが
                帰ってきたら、自分はお払い箱」 と信じている
                とらじが、そうはいっても大好きなパイ・ヤンの
                ために、泣き泣き奮闘する姿が愛おしい!

                 

                ただ、とらじは他のMIX(人間型動物)と違って
                明らかにリオの魂らしきものが入っているのは、
                根の国編や、今回、人間にしかかからない病気に
                なったことでも明らか。

                 

                いよいよ、呪いのねずみとの戦いになる中、
                不満要素を増幅させる能力を持つ呪いのねずみの
                力で、リオに対するちくちく(妬み)がとらじに
                訪れないかが案じられます。

                 

                パイ・ヤン以外の6勇者一人ひとりの活躍も、

                11巻で全て終わったこともあり、ラストに向かう

                展開になるのは間違いないでしょう。

                 

                もともとは、パイ・ヤンの息子探しに、王様から

                たった1年だけ休暇をもらって、その期間内に

                息子のリオを見つけるというタイムリミットが

                ある割に、1年経ってないのに9年で11巻という

                『王家の紋章』『ガラスの仮面』 並みのペース。

                でも、終わるとなると寂しさひとしおです。

                 

                ただ、今回、時のネズミにもらった謎の箱で、

                とらじが元の猫に戻るのか、リオの魂を本人に

                戻しても、MIXとして生きるのか、それとも

                リオが戻ってこない方がいいと思う気持ちを

                パイ・ヤンに心の中で詫びながらも、それでも

                思ってしまいそうなので、ひとりで旅に出よう

                という決心を実行するのか、ねずみとの戦いより、

                今やそちらの方が気になります。

                謎の箱をわたした、未来を見る力がある時のネズミが

                「また遊ぼうねー」 と言って消えて行ったので

                そう悪い未来にはならないと信じたいところです。

                 

                11巻は、涙ぐんでいる表情のとらじが多くて、
                孤軍奮闘していて盛り上がった内容だったの
                ですが、切ないムードが全編にわたって流れて
                いました。やはり、相棒の銀ちゃんと共に
                子猫に戻るのが、一番幸せなのかな?

                 

                それにしても、王家とねずみ、本当に敵なのか、
                その辺も疑問を感じるようになってきました。

                 

                『ミステリと言う勿れ』 はノベライズにイラスト
                入れるくらいにして、『猫mix幻奇譚とらじ』 は
                絵本版も作ってほしいなぁ。

                 

                【関連記事】
                ◇ほのぼの冒険ストーリー 『猫mix幻奇譚とらじ』
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=849
                ◇8年でやっと10巻 『猫mix幻奇譚とらじ』
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3003

                category:漫画 | by:まるたん | - | - | -

                ホントは怖い 「メリーさんの羊」

                2018.01.12 Friday 23:08
                0

                  怖いメリーさんと言っても、某事務所のメリーさん
                  ではありません。
                  エジソンが、人類初の録音で歌というより、朗読した
                  「Mary had a little lamb」 の方です。

                   

                  私は幼稚園に行かなかったので、オルガンや油絵教室
                  に通ったり、今や大ボケの父が海外で買ってきた
                  英語の歌をレコードで聞いて遊んでいました。

                  家を建てたばかりで、幼稚園に通わせるお金が
                  なかったためと思われます(笑)。

                   

                  それにしても、日本語もままならない幼児に英語の
                  絵本やレコードを与える教育はいかがなものかと。

                  英語でも、イギリス語の方の英語レコードでした。

                   

                  で、邦題 「メリーさんの羊」 ですが、最初に英語の
                  歌詞を半分わからないまま歌っていて、後で日本語の
                  歌詞を知った時に違和感がありました。

                   

                  英語歌詞では、メリーさんが泣いた後、子供たちが
                  先生に 「なぜ羊がついてきたのか」 を問い、先生が
                  「メリーさんが羊を好きだから、羊もメリーさんが
                  好きなのだ」 という心温まる締めとなっています。

                   

                  英語歌詞では過去形の歌

                   

                  英語の本は、メリーさんだけでなく、マザーグース
                  などの歌もあって、それぞれに歌についての
                  コメントも書かれていて、それによるとこの歌は
                  実話で、さらにこの子羊は牛に突かれて死んで
                  しまうのです。しかも、その子羊の毛で靴下だか
                  何かを作るという、凄い展開でした、確か…。

                   

                  だから、タイトルが 「Mary had」 と過去形で、
                  死んだ子羊を想うレクイエム的な歌だと思っていたのに、
                  日本語の歌ではメリーさんが学校で泣くところで
                  終わりという…ある意味、未来を暗示しているような、
                  現在形の歌詞で何か尻切れトンボのような印象でした。

                   

                  イギリスの童謡が多いレコードだったこともあり、
                  マザーグースなども不気味な歌が多かったため、
                  この歌ももともと暗い印象でした。

                   

                  羊がサンタクロースに変身しとる!

                   

                  どちらかというと、「Baa Baa Black Sheep」 の方が、
                  羊テーマでも明るい歌でスキでした。黒い羊さんに

                  「どれくらい毛が取れるの?」 という質問から

                  始まる、アットホームな歌詞です。

                   

                  が、これもまた小学校に入ったら、「サンタのおじさん」
                  というタイトルで、全く羊が出てこない歌詞になって
                  「りんりんりんりんりんとぶように、サンタのおじさん、
                  そりでくる」 とか、どうしてこういうことになるんじゃ
                  と訳わからん展開に超訳を超えた “異訳” になって
                  いたのにはビックリしました。

                   

                  賛美歌312番 「いつくしみ深き」

                   

                  中学生になったら、今度は賛美歌の王道・312番
                  「いつくしみ深き」 も、「木枯らしとだえて冴ゆる
                  空より」 から始まる 「星の世界」 という歌詞に
                  なっていて、まあ、義務教育で宗教入れるのは
                  問題あるかもなとも思いましたが、「君が代」 が
                  入っているのにも違和感。こちらについては
                  式典の日の丸問題同様、踏み込む気は全くありません。

                  メリーさんの羊以上にアンタッチャブルそうで怖い!

                   

                  ただ、後あと、キリスト教式の結婚式に参列する際、
                  ほとんどといってもいいほど、「いつくしみ深き」
                  の方を歌うことになるので、知っておいても良い
                  歌詞ではないかと、結婚式に呼ばれるような年齢に
                  なってから思い直したりもしました(笑)。

                   

                  Polly put the kettle on

                   

                  と、そうした誤った英才教育で、英語嫌いな子供を
                  作ってしまった父(爺さんなう)ですが、このところ、
                  ガンガンにヒーターをつけても 「寒い寒い」 と
                  宣うので、やむなく毎日湯たんぽ(糖尿病なので
                  低温やけどの危険性があると医師に指示され)の
                  準備をしていますが、毎日毎日メンドイ!

                   

                  そこで、お湯を沸かす際には、その 「メリーさん」
                  のレコードに収録されていたポリーちゃんの歌
                  (原題:Polly put the kettle on)を歌いつつ、
                  介護ルーティンをこなしている毎日です。

                   

                  あちらはポリーちゃんがヤカンをかけますが、

                  ヤカンを下すのはスーキーちゃんと分業制ですが、

                  我が家は母が重い物を持てないので、全て私の

                  仕事となっております。

                   

                  【関連記事】
                  ◇「森のくまさん」 の歌詞に熱い議論!
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=573

                  category:絵本 | by:まるたん | - | - | -

                  深夜アニメ 『文豪ストレイドッグス』 再放送を地味に

                  2018.01.11 Thursday 23:43
                  0

                    年末年始は配送業務がなかったので、1カ月ぶりの
                    配送作業をしたところ、脚力はとくに問題なかった
                    のですが、自転車の方向をキープするための腕力が
                    著しく衰えていたことに焦っている私です。

                     

                    年末、大掃除などで腕を使っていたけれど、筋力の
                    増強にはつながっていなかった模様。
                    今年は、日々のスクワットに加え、ダンベル運動も
                    取り入れないとダメかな〜と痛感しました。

                     

                    深夜アニメ 『文豪ストレイドッグス』 再放送

                     

                    映画 『文豪ストレイドッグス』 が近々上映されると
                    いうことで、水曜深夜というか、木曜日の1時からの
                    TOKYO MXでの再放送を見ています。
                    http://bungo-stray-dogs.jp/tv/

                     

                    マイブルーレイ持ってるんだから、録画すりゃ
                    いいじゃないかとも思いますが、録画すると見ない
                    症候群なので、頑張って見られる時だけ見る予定です。

                     

                    もともと、絵柄が好きで読み始めた作品なことと、
                    アニメやフィギュアにしたら美しいと思われる
                    キャラデザだったこともあり、アニメGOOD!

                    本放送の時はイマイチ都合がつかず、あえて

                    スルーしていたので、今度は見ますとも!


                    アニメの色使いも、声優さんもほぼイメージ通り。

                    福沢社長が原作よりもイケてますね。

                    乱歩さん役は神谷浩史さんという、ありがたい
                    キャスティングだったのですが、何だか私の中では
                    マッチングしないな〜と思ったら、私の脳内声優は
                    工藤新一的にしゃべっている高山みなみさんの声で
                    構成されていました(笑)。

                     

                    いや、探偵つながりとはいえ、う〜ん、安直すぎる、
                    私の脳内声優キャスティング機能。

                     

                    第一話は、『陸王』 のごとくオープニング前にかなり
                    話が進んで、20分過ぎにオープニングが終わったと
                    思ったら、エンディングが即入って驚きましたが、
                    第二話からは普通に始まって安心しました。

                     

                    【関連記事】

                    ◇賢治&敦の迷コンビに癒された 『文豪ストレイドッグス』
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2027
                    ◇『文豪ストレイドッグス〜太宰治の入社試験〜』 は裏の展開が面白い
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2770

                    category:TV | by:まるたん | - | - | -

                    結構アバウト、旧・保谷市の 「保」

                    2018.01.10 Wednesday 23:08
                    0

                      昨日に引き続き、西武新宿線・保谷駅周辺。
                      今日は、主に駅の北側です。

                       

                      「東伏見稲荷神社」 がある南側は、西東京市の
                      マンホールや、西東京市のキャラクター 「いこいーな」
                      の道路看板もあったりして、かなり整備されていますが、
                      北側は住宅地ということもあって、旧・保谷市の
                      マンホールが多数残っていました。
                      http://www.city.nishitokyo.lg.jp/daisuki/ikoina_chara.html

                       

                       

                      最初、東伏見駅に降り立った時、何市か考えていなかった
                      のですが、マンホールを見てすぐ気づくほど、わかりやすい
                      保谷市の 「保」 の文字。象形文字のようです。

                       

                       

                      ただ、「保」 の文字が太いタイプや、細い字のタイプが
                      あり、文字の太さまでは規定されていない様子。

                      さらに、「保」 の文字のにんべんの部分がかなり
                      デフォルメされているタイプも発見しました。

                       

                      (このタイプの文字が一番デザイン的で好き)

                       

                      中では新しめと思われる、摩耗が少ない物の方が
                      細い文字のデフォルメタイプとなっているようでした。

                      汚水マンホールでも、中央に汚水の文字が入っている物、
                      市章の下に書かれている物があり、かなり 「保」 の
                      文字の形もアバウトです。

                       

                      (汚水文字、中タイプ)

                       

                      最初の内は、少しでも違うデザインだと撮影して
                      いたのですが、文字の太さやマンホールの縁など、
                      微妙に異なる物があまりに多かったので、途中からは
                      多少の差についてはスルーするほど、種類は多いです。

                       

                      (汚水文字、下タイプ)

                       

                      本気で違いをピックアップしていたら、神経衰弱的な
                      集中力をもって歩き続ける必要がありそうでした。

                       

                      (中央の 「保」 の文字が細いけれどみっちりタイプ)

                       

                      また、北側のエリアは、旧・保谷市だけでなく、
                      東京都によって整備されたと思われる痕跡も多く
                      残っており、東京都マークがついているものも多数
                      ありました。

                       

                       

                      ちなみに、私は各エリアを回って 「制水弁」 の文字の
                      違いを見るのが最近は、小さなブームとなっています。

                       

                      (渋いぜ、制水弁)

                       

                      それぞれ味がある文字だったり、「弁」 の文字が
                      個性的だったり、職人さんの息遣いが感じられます。

                       

                       

                      東京都タイプでもイチョウマークの電気マンホールが
                      あったのですが、こちらも縁の柄が2種類ありました。

                       

                      (このマークは何?)

                       

                      上の所に描かれている 「M」 か 「N」 の文字が不明。
                      縁の柄から考えるに、おそらく 「M」 だと思うのですが、
                      下の部分に鋳造所名も書かれていないし、日本マンホール
                      蓋学会にも似た物があったものの、ロゴについての
                      記載がなかったので、未だ不明です。

                       

                      <追記>

                      日本マンホール蓋学会様から、どこの会社のロゴかご連絡

                      いただき、愕然。。。「株式会社マンホール商会」 の

                      ロゴだそうです。基本中の基本じゃん!

                      http://manholes.co.jp/)

                       

                      段々、日本マンホール蓋学会様が公文の赤ペン先生に

                      見えてきたのは私だけでしょうか。調べたつもりが

                      あまりのおマヌケっぷりに、もう笑うしかありません。

                       

                      【関連記事】

                      ◇旧・保谷市の名残も散見される西東京市マンホール

                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3418)

                      category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      にほんブログ村
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM