五反田の氏神様 「雉神社」 は隠れたパワスポ?

2017.11.10 Friday 23:17
0

    ボロブドゥールの写真は見つかったのですが、今日、
    取材で五反田に行ったところ、導かれるように訪れた
    「雉神社」 についてに変更!

     

    このところ、秦野だの、片瀬江ノ島だの、最低2時間は
    かかる場所への取材だったせいか、ついつい家を早めに
    出過ぎて、取材前集合の50分前に五反田駅に到着して
    しまいました。取材先の企業は駅から約5分。

     

    時間余りまくるのは必至です。そこで、駅から少し緑が
    ありそうな場所が見えたので、小さな公園でもあるのかと
    ふらふら引かれるように行ったら、神社でした。
    こちらの神社も駅から約5分の場所にあります。

    しかも、神社の上に覆いかぶさるように 「幸福の科学」
    のでっかいビルが!

     

     

    でも、立派な鳥居とその横にはあったので、推定樹齢
    150〜200年、樹高約18メートル、幹の周囲4メートル
    という見事なイチョウの木もあり、まさに都心の神社と
    いった風情です。「雉神社」 という聞きなれない名前。
    「雉の宮」 とも呼ばれているそうです。
    http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/shinagawa/5257

     

     

    とりあえず、鳥居をくぐると左側へと伸びる階段が
    あって、右手には社務所がありました。
    ちゃんとお守りとかも売っているようです。
    朝早かったので閉まっていたけれど…。
    気になったのはその社務所に掲げられた提灯に、控え〜
    控え〜の葵の紋が描かれていました。
    ってことは、徳川家関係の神社? 縁起も読まず、
    境内に入ってしまったー!

     

     

    明治安田生命のGHQが入っていた建物というか、
    森鴎外の家が保存されている 「鴎外温泉」 のように
    「幸福の科学」 の高架下みたいな所に境内が広がって
    います。社殿の風化を守ってくれていると言えば
    聞こえがいいかもしれませんね。

     

    GoogleMAP的にはどういう表示になっているか、気に
    なりましたが、まあ土地の権利には興味がないので
    いつものようにスルーです。
    奥にはお神輿の展示されていました。

     

     

    境内は、空も見えず、地面もコンクリートだけれど、
    なかなか快適な空気が漂っていました。

    紅葉樹もあって、都心部なのに風情もあります。
    大川隆法神の下に位置するのは、やや残念な気も
    しますが、江戸時代までは 「大鳥大明神」 とまで
    呼ばれて信仰を集めてきた神社が、こうして都心部で
    生き残っていくにはやむなしといたしましょう。

     

     

    拝殿の屋根には、その名の通り、雉らしき姿も。
    しかも、屋根の左側に一羽だけというのもちょっと
    意外な造り。これって、何瓦というのかな?
    どちらにせよ、デザイン的にもスマートな感じ。

    個人的には、全体にフォルムが好き♪

     

     

    日本武尊・天手力雄命・大山祗命が祀られている
    ことからも、歴史と格もありそうな神社です。
    葵の紋が極めつけですね!

     

    取材前だったので、その場で葵の紋について調べる
    ことはしなかったのですが、後でチェックしたら、
    徳川三代将軍・家光公により 「雉子の宮」 を命名
    されたという由緒ある神社だと知りました。

     

    「豪徳寺」 周辺で雨に降られ、猫に招かれた
    井伊直孝のように、家光が鷹狩の時に、1羽の白い
    雉がこの神社に導いたようです。

     

    拝殿で、取材の無事を拝んだ後、ふと左隣には
    日本武尊が御祭神で、出世・開運招福に加えて
    ライターには嬉しい文運上達のご利益もあるそう。
    これは本気でお参りせねば!

     

     

    拝殿左側には、摂社である 「三柱神社」 もあり、
    大国主命、倉稲魂命、埴山姫命(はにやまひめのみこと)
    三柱を祀っているお社が、木々に包まれ佇んでいました。
    拝殿近くよりもパワーが感じられるエリアです。
    ご利益を得た人が多いのか、眩しいほどに黄色い奉納された
    幟がズラリと並んでいました。

     

    (この周辺、とっても穏やかな気に包まれてます、木にもね)

     

    もちろん、こちらにも本気モードで参拝。
    全く五反田で参拝するというのは、予定外の流れ
    でしたが、ビル下という都会感と、社の周りの
    木々の自然とか、意外にも調和しているのです。

    懐が深い神様たちなのでしょう。

     

    家に帰って、ネットチェックしたら五反田駅周辺の
    パワスポにもなっているようです。
    不思議なご縁で導かれるように訪れた 「雉神社」。
    せひとも、こちらのご利益に期待し、今日取材した
    原稿をハイグレードに仕上げたいと思っております。

    category:開運 | by:まるたん | - | - | -

    「白笹稲荷神社」 末社のパワスポパワー?

    2017.10.21 Saturday 01:44
    0

      今日も引き続き、「白笹稲荷神社」。
      パワスポと言われている末社の様子をリポートします。
      http://shirasasa.or.jp/

       

      (光っている位置が違うことを表すべく、ノートリです)

       

      拝殿右手の鳥居をくぐって坂を下りていくと、樹齢の
      高そうな木々の中にありながらも、どこか開放的な
      生命感に溢れている空間が広がっており、そこに
      末社がありました。またしても、写真に謎の光が!

       

      (神無月なのに、神様がいるのでしょうか、それとも地の気?)

       

      末社の右手にはまた赤い鳥居が続いていて、すぐ手前は
      社がないけれど鳥居の下にいっぱいお狐様が並んでいて、
      左側の鳥居を上がっていくと、やや新しめの 「権兵衛稲荷」
      もありました。鳥居と社の左右にそれぞれお狐様がいます。

       

       

      今度は、拝殿に向かって上がっていくコースとなって
      いるのですが、途中に御神木と書かれた石柱が立っていました。

       


      すぐ下には末社という位置。近くにも一つ、お社があります。

       

       

      御神木にも手を合わせたら、雨が降っているのに、
      どこからかかすかな光が差し込んできたような感覚が
      あって、拝む前に撮影した時は写り込まなかったのに、
      御神木から降り注ぐようなパワーが感じられました。

       

      (手を合わせる前に撮ったもの。普通の木)

       

      で、シャッターを切ってみたら、晴れた日に逆光で
      写真を撮ったような光が写っていたのでした。

       

      (なぜか青い光が木から降り注いでいます)

       

      もちろん、確認したので、レンズに雨水がついていた
      訳でもなく、光の輪が青いのがこれまた不思議。

       

      (上の写真を拡大してみました)

       

      パワースポットらしい不思議現象満載の末社参拝と
      なったのでした。

       

      そうそう、この話にはちょっと出来過ぎのオチもあって、

      帰宅途中にネパール料理店で 「トゥクパ(カレーうどん)」

      を夕食代わりに食べたのですが、家に帰ったら母がどっさり

      お稲荷さんを作ってしまったので、私にも食べろと言うのです。

      雨だったので買物に行かず、家に届いていた生協の油揚げで

      お稲荷さんを作りすぎてしまったそうで。。。

      秦野の取材は伝えてあったものの、「白笹稲荷神社」 には

      確実に行く予定ではなかったので、言ってなかったのになぜ?

      ってことで、何だか食べないとバチが当たりそうだったので、

      全く空腹ではなかったけれど、頑張ってお稲荷さんを食べた

      のでした。畏るべし(「恐る」 ではない)、お狐様パワー!

       

      【関連記事】
      ◇冷たい雨の中 「秦野湧水」 めぐり
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3331
      ◇関東三大稲荷 「白笹稲荷神社」
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3332

      category:開運 | by:まるたん | - | - | -

      金運のパワスポ 「神崎神社」 を船窓から

      2017.09.16 Saturday 04:43
      0

        「軍艦島」 と 「亀山社中」 以外はノープランな
        長崎散策でしたが、パワスポだけは初日にホテルで
        チェックしていました。

         

        (「グラバー園」 のハート石は探さなかったので、ホテル前でおすわり)

         

        「諏訪神社」 はパワスポ本でも知っていたものの、
        ホテルからそれほど遠くなさそうな 「女神大橋」
        が架かっている丘の上に、「神崎(こうざき)神社」
        なる、金運のパワスポがあると知り、「軍艦島」 に
        行く際に、右の窓側を選んだのはそれを目視する
        ためでした。

         

        「女神大橋」 の長さより 「軍艦島」 の長辺の方が
        短いことや、「女神大橋」 の高さは豪華客船も通過
        できるといった説明を聞きつつも、目は山頂を凝視。

         

        (「女神大橋」 辺りから次第に船の揺れが大きくなってきた)

         

        大波に揺られても、金運への情熱は揺らぐことなく、
        祠らしいシルエットを発見したのであります!

         

        (山頂に祠らしきシルエット、そして左下には鳥居)

         

        せめて、写真撮影することで、金運引き寄せるだー!

         

        (元画像は思いっきり水平軸が曲がっていたので、トリミングで調整)

         

        それだけに、「軍艦島」 への船内では窓に張り付いて
        連射。祠らしき物が見えた場所の海辺にも鳥居が見え、
        同じようなアングルでGoogleビューの写真もあったので
        どうやらこちらも 「神崎神社」 のようです。

         

        「神崎神社」 へのアクセスは、確かにホテルから
        タクシーでも行ける程度の距離ではあるものの、
        お社近くまで車が入れないので、どのくらい歩くか、
        帰りのタクシーはつかまるのか、携帯で呼んでもいいけど
        それはそれで面倒だし…といろいろ考え断念。

         

        金運だけなら、「諏訪神社」 にある高麗犬の井戸が
        「銭洗い井戸」 だという情報も得ていたこともあり、
        近場で手を打った次第です。
        http://www.osuwasan.jp/index.html

         

         

        また、空港へのバスを待つ間、以前散策した出島近くを
        うろうろしていたら、「なんばん恵比寿」 という
        いかにも長崎らしい恵比寿像を見つけました。ちゃんと
        鯛を持っているのがキュートです。

         

        【関連記事】
        ◇ユニークな狛犬もいる、長崎の鎮西大社 「諏訪神社」

        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3297)

        category:開運 | by:まるたん | - | - | -

        ユニークな狛犬もいる、長崎の鎮西大社 「諏訪神社」

        2017.09.15 Friday 23:56
        0

          長崎の人たちからは “お諏訪さん” の名で親しまれている

          鎮西大社 「諏訪神社」。

          10月の大祭は、「長崎おくんち」 として多くの人に知られ、

          縁結び・厄除け・海上守護などのご利益があるという

          長崎屈指の人気パワスポです。

          http://www.osuwasan.jp/index.html)

           

          (写真の一番下が一の鳥居)

           

          そんな 「諏訪神社」 に行ったのもちょうど1週間前。
          周回遅れのご紹介になってしまったのは、思ったより
          龍馬で日数を取られてしまったからですな。

           

          これでも、市民病院前のイカロス号訴訟の説明板など、
          省略したのに、いつになったら長崎編終わるのやら。
          長い目で見てください…。

           

          この1週間で4取材&配送を終えて、私的にはもう
          3週間くらい経ってしまったかのような気分です。

           

           

          長崎市内の路面電車は、各停車場の端っこが横断歩道に
          かかっていて、下車するとそのまま横断できる仕組みに
          なっている所が多いのに、よりによって 「諏訪神社前」
          に行くための 「新大工町」 は歩道橋で停車場に下りる
          作りだったり、「諏訪神社前」 はいったん地下道に
          入って、「諏訪神社」 に行くという、坂道を歩いた
          後にはちょっと乳酸溜まりそうな停車場でした、ふうふう。

           

          (唐子のようでかわいらしい絵)

           

          でも、地下道には 「長崎くんち」 の愛らしい絵があり、
          「諏訪神社」 方向じゃない通路まで行って、全部の絵を
          見て回ってしまいました。

           

          (「神田明神」 の鳥居くらい大きい)

           

          そして、地上に出たら、「亀山社中記念館」 の山から
          見ていた時よりも、拝殿までの距離はありそうだし、
          勾配もありそうだし、日陰がないし、くじけそうに。

           

          (拝殿前にある 「陰陽石」)

           

          鳥居が並ぶ参道は歩き方があって、男性なら女石、
          女性なら男石をまず踏んでから拝殿へ向かい、最後は
          拝殿前の陰陽石を踏んで参拝すると縁結びの願いが
          叶うそうです。
          http://www.osuwasan.jp/suwa/stone.html

           

          私は神様の道である中央を避けるというよりも、多少は
          左側が日陰になっていたので、参道の端っこをとぼとぼ
          登っていくと、ようやく大門に到着。

           

           

          大門への階段はかなり急勾配で、大門をくぐると左に神馬、
          右に桜、天井には文化財の絵が描かれていました。
          本気で全部回っていたら半日かかりそうです。
          拝殿前では結婚式の撮影が行われていました。

           

          (大門からも拝殿まではさらに上るのであった)

           

          陰陽石を踏んで拝殿参拝後、右手の儀式殿に進むと
          木彫りの恵比寿像があって、なんと貯金箱のように
          胸のところにお賽銭を入れるシステムになっていました。
          もちろん、商売繁盛の恵比寿様なので、お賽銭を
          入れてきましたが。

           

           

          拝殿裏手はまたしても上り坂(階段)が続いていて、
          いろいろな願いに応えてくれるユニークな狛犬が
          いるのが特徴の一つです。立ち狛犬や逆立ち狛犬、
          願掛け狛犬、カッパ狛犬、トゲ抜き狛犬など、
          それぞれにポーズや表情も多彩で、お願いの仕方も
          決まっています。

           

          心に突き刺さっているトゲを祓ってくれるトゲ抜き狛犬は、
          狛犬の口の中に手を入れて 「お願いする方法があります」
          と、「他にも願い方あるんかーい!」 と突っ込みたくなる
          説明板に心がトゲトゲしくなったので、手を突っ込んで
          心を鎮めました。

           

           

          私は願い事のターゲットを絞って、いつも通り、
          商売繁盛を祈るべく、敷地内にある 「玉園稲荷神社」
          を目指したのですが、大門前に設置されていた図は
          勾配をちょっと緩めに描かれていたようで、またしても
          急階段が眼前に屹立していました。もう、上るしかない!
          風頭山が低く見えるわい、わっはっはとヤケ気味。

           

           

          そして、伏見稲荷ほどではありませんが、赤い鳥居が
          立ち並ぶ 「玉園稲荷神社」 に到着。
          何やらこの周辺は空気が変わります。暑さはそれほど
          変わりませんでしたが…。

           

          (階段上の左手にあるのが 「大楠」)

           

          鳥居の先にある最後の階段を上ると、左手に稲荷神社が
          創建された頃より自生していたという大楠がありました。

           

           

          「抱き大楠」 といって、抱きつくと稲荷の力が授かれる
          とのことなので、誰も上がってこないし、抱きつき放題。

           

          むむむ、確かに気持ちいいぞ!

          気のせいじゃなく、なぜか熱中症気味だったムカムカが
          すーっとしました。自己暗示ではないと思います。
          どちらかというと眠くなる感じ。よく考えれば原爆にも
          耐えたということなんですよね、この大楠。
          浄化作用があるのかもしれません。

           

           

          不思議と元気が出たので、「玉園稲荷神社」 では仕事運を
          集中的にお願いしました。社殿の横に 「厄難除け蛙岩」
          がひっそりと佇んでおり、同社の古図にも描かれている
          古くから信仰されてきた岩だという説明が。

           

           

          「出したお金もまた返る」「旅行から無事帰る」 のうち、
          太陽フレアのこともあったので、旅行から無事帰れるよう
          祈ったのですが、なんと数日後、以前払った保険料が
          予定外なタイミングで返金されました。ご利益か!?

           

          旅行から無事帰れただけで満足。おかげさまで翌日
          からの1週間で4件も取材となり、某編集部からの
          依頼を5件もお断りせざるを得ない事態となり、
          商売繁盛のご利益が “短期集中型” でないことを
          祈るのみでございます。

          category:開運 | by:まるたん | - | - | -

          星座別★HAPPYスイーツ

          2017.09.02 Saturday 05:00
          0

            このところ、スイーツ店の取材が多かったせいか、
            夏瘦せどころか、微妙に太ったっぽい気がします。
            いや、気のせいではない、確実に太った!

             

            秋からはグルメ取材でなく、エリア散策系の案件を
            積極的に受注するよう心掛けねばと、気を引き締め、
            体も引き締めたい私でございます。

             

            で、自分が太ったので、道連れを増やすべく、今日は
            星座別の開運オススメスイーツを紹介しようという
            悪魔のささやきブログを書くことに、ふっふっふ。
            みんなで太ればこわくない、もとい、目立たない!
            という心境です。

             

            牡羊座…カカオ(ビター)、ジンジャー
            牡牛座…ロールケーキやシフォンケーキ
            双子座…ハーブを使ったもの、香りも楽しめるスイーツ
            蟹 座…メロン、カボチャ(ハロウィンシーズン向き)
            獅子座…オレンジやレモンの柑橘系
            乙女座…ヘーゼルナッツやクルミ(タルト系?)
            天秤座…リンゴ、桃、杏、さくらんぼ
            蠍 座…大豆を使ったオーガニック系
            射手座…フルーツ全般(中でもイチゴなど赤いもの)
            山羊座…抹茶味、野菜系スイーツ
            水瓶座…ハーブを使ったもの、斬新なデザインのもの
            魚 座…リキュールなどお酒を使ったもの

             

            ちなみに、牡牛座の人は小麦やミルクと相性がいいので、
            ジュレのようなスイーツ以外なら何でもOKです!

             

            【関連記事】
            ◇夏を元気に乗り切るための星座別健康法は?
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3232
            ◇野菜のかさね煮スイーツ店 『どんぐりの木』 に感動!
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2479

            category:開運 | by:まるたん | - | - | -

            【参加費・衣装貸出無料】 未経験者もOKの女神輿担ぎ手募集!

            2017.08.06 Sunday 23:50
            0

              8月26日・27日は、高円寺の大イベント・阿波踊りが
              開催されます。数年前には本場・徳島よりも来場者数が
              増えたので、高円寺のというより、もはや東京の
              大イベントと呼んで良いかもしれません。

               

              そんな高円寺の街が大盛り上がりとなる27日には、
              阿波踊りの前に 「氷川神社」 の神輿順行があり、
              3つの商店街の神輿が駅前ロータリーで競演します。

              その中でも、特徴的なのがあづま通り商店街の女神輿。
              JR高円寺駅構内を神輿が通過するという、めずらしい
              順行コースとなっているのです。

               

              (JR駅構内を通過する神輿は、日本国内でもまれ)

               

              ちなみに、有名な阿波踊りですが、もともとはこの
              「氷川神社」 境内で行われていた “あほ踊り” が
              今日の形に成長したので、阿波踊りと神輿順行は
              ある意味ワンセット。そのため、神輿順行が終わった後、
              阿波踊りが開始という流れになっています。

               

              今年2017年は、記念すべき10回目。
              ベテランの担ぎ手さんも多く、順行前には担ぎ方の
              レクチャーもあるので、神輿未経験者でもOK!
              毎年、外国人の担ぎ手さんも参加されているほど。
              参加費はもちろん無料です!

               

              また、神輿装束の半纏・帯・パッチ・足袋など一式も
              無料で貸し出しているので、興味がある方はぜひ参加を!

               

              (「カーブス」 6階はスタジオですが、更衣室は5階にあります)

               

              装備は、「カーブス高円寺」 の5階に用意されており、
              女神輿の1回目から担ぎ手としても参加されている
              店長の真壁さんがフォローしてくれます。

              神輿を担ぐ前のストレッチとかも教えてくれますよ。

               

              (「カーブス高円寺」 店長の真壁さん)

               

              神輿順行後は、「カーブス高円寺」 向かいにある
              「平安祭典」 で打ち上げで盛り上がります。
              順行途中でも、食べ物や飲み物のサービスがあって、
              至れり尽くせり。

               

              (平安祭典での打ち上げも楽しみの一つ)

               

              参加申し込みは、8月21日まで。
              高円寺あづま通りのHPで受け付けています。
              http://www.koenji-azuma.com/index.shtml

               

              (「氷川神社」 でのお祓い)

               

              先着50名なので、ご興味のある方はぜひお申し込みを!

              神輿順行では、「氷川神社」 で宮司さんから直接お祓いを

              していただけるので、開運につながること間違いなし♪

              あづま通りには道沿いに弁財天もいらっしゃるので、

              金運もアップしちゃうかもしれません。

              ぜひ一緒に、10周年をお祝いしましょう!

              category:開運 | by:まるたん | - | - | -

              8月はカレー月だとクマが言う

              2017.08.01 Tuesday 03:29
              0

                カレンダーをめくったら、リラックマが昔の
                インド風ターバンというよりも、包帯を巻いた
                ような頭で、カレー&ナンを食べている姿が。

                 

                 

                ってことで、星座別にどういうカレーが開運に
                つながるかチェックしました。

                 

                牡羊座…インドやネパール系の唐辛子を使ったカレー
                牡牛座…食べるだけでも開運だけど、お豆のカレー
                双子座…ナッツや根菜が入ったカレー
                蟹 座…旬野菜のカレー、シーフードカレー
                獅子座…ほうれん草カレー、ナンよりライスで
                乙女座…ジャガイモが添えられた神田 『ボンディ』 風カレー
                天秤座…辛さよりもスパイシーさが際立つカレー
                蠍 座…激辛カレー
                射手座…欧風カレー
                山羊座…肉のカレー、とくに豚肉
                水瓶座…アジアンテイストなカレー、オーガニックなら◎
                魚 座…でっかいナンがついているカレー

                 

                うーん、私は欧風カレーの方が良いのか…。
                ネパール系、または南インド系が好きなんですが。
                あくまでも参考ということで。
                開運しなくても、カレーを食べていればHAPPYなのだから。

                category:開運 | by:まるたん | - | - | -

                一足早く夏を満喫、南へGO!

                2017.07.03 Monday 23:07
                0

                  今月の月初から月中は何か大きな胎動や変化、
                  新しい目標へ向かってのクラッシュ&ビルドを
                  実行するのには良い月で、その原動力となるのは
                  自分自身の生活や日常における安心感(経済面含む)
                  なので、きちんと目標がある転職を考えている
                  人にはいいタイミングだなあと思っていたら、
                  社会面でも東京都議会が都民ファースト圧勝という
                  星の巡りにも関係ありそうな展開になり驚きました。

                   

                  西洋占星術的にも、7月は月の初めからいろいろと
                  動き出しそうな躍動感があります。
                  また、満月が9日に冥王星が停泊中の山羊座で
                  発生することもあり、東京都だけでなく、一般も
                  長期的な展望に立った上でのやり方や体制に
                  変えていく決意の月にもなりそうです。

                   

                  ってな、西洋系は今日は置いておき、今月の吉方位。
                  先月は散々でしたが、7月はちょうど西洋占星術の
                  水星や金星が別の星座に移行するタイミングとなる
                  6日頃からいい感じの展開になります。

                   

                  なんたって先月4つもあった大殺法が梅雨明け宣言し、
                  南や南西は大吉方位、さらに北西も吉方位となります。
                  北西は年運的にも吉方位なのでパワーダブル!

                   

                  年運で吉方位となっている南東も、月運的に問題
                  ないので、暑いけれど南の方に行けば、開運に
                  つながるという流れ。月の特徴としては、LOVE運UPの
                  パワーを得られます。
                  とくに、双子座をはじめとする風の星座の人は◎

                   

                  東洋系と西洋系が入り乱れてますが、とにかく南方向へ
                  行くのが吉ということです。8月はまたしても吉方位が
                  少なくなってしまうので、すでに南の方への旅行を
                  考えている人は7月中をオススメします。

                  category:開運 | by:まるたん | - | - | -

                  2017年度・殺法位MAXの6月は北東回りで

                  2017.06.04 Sunday 01:47
                  0

                    5月は取材・撮影続きなのにも関わらず、その間に
                    配送の仕事などもあり、さらに気温差が激しく、
                    ちょっと疲れが溜まってしまった気がします。

                     

                    だから、6月はアポとか自分で取らずに、あまり
                    天気を気にしないで、手軽に終わるインタビューとか、
                    求人関係の仕事を絶賛受付中なのですが、すでに
                    入った仕事はまたしても掲載交渉のある、地図では
                    近いけど、電車利用で行くとなると小一時間はかかる
                    エリア情報案件なのでした。

                     

                    いやいや、ただ単に面倒くさがっているのではなく、
                    6月は大殺法の方位が2017年で一番あるのです。

                     

                    決して怠惰な感情からではなく、運気的な観点から
                    考えているのであって、梅雨に入って出かけると
                    湿気で髪の毛が爆発パーマ状態になるからとか、
                    青空のもと外観写真を撮るための日程調整で
                    振り回されるのが梅雨にも増してイラつくからとか、
                    そんな尻の穴が小さいことを言ってんじゃないけど、
                    まあ、ちょっと思っていなくもないという…、
                    と言い訳している理由もわからなくなってきたので、
                    とにかくそうだ、6月の吉方位&凶方位について
                    知っておこうというテーマなのですよ。

                     

                    年間を通じても、月の遁甲板でも大殺方はあって
                    1つか2つ。ない月だってあるくらいなのに、今年の
                    6月は大殺方4、小殺方2という、8つの内6つが
                    「666」 なダミアン方位なのです。

                     

                    大殺方は嬉しくないけど覚えやすい、東・西・南・北
                    しかも、2017年の年運的にも西は大殺方、東・南・北は
                    小殺方となるので、年運と月運のマイナス面がかぶる
                    という、お出かけにはイマイチな月。
                    算数のマイナス計算のように、マイナスとマイナスを
                    かけたらプラスになればいいのですが、そうもいかない
                    みたいですね。

                     

                    さらに、月運の小殺方北西南東という、まさに
                    八方塞がりならぬ、六方塞がりです。

                     

                    唯一の希望が、北東が大吉方位となっていること。
                    年運でのマイナス面もないので、毎日は無理だとしても
                    何か問題が起きている時や勝負の日は北東回りを
                    心掛けると良いかもしれません。
                    LOVE運についても、北東方向はおススメ

                     

                    また、最寄り駅がマイナス方向にある場合は、もう一つ
                    年運・月運のどちらにおいても可も不可もない南西方向へ
                    向かう方法も有効です。今月の南西方向は仕事運UPに
                    つながります。

                     

                    私は北東方向には最寄り駅がないものの、南東と南西に
                    駅があるので、北東で運気UPする努力はスルーして
                    南西利用でそこそこトラブル回避する方針を検討中。

                     

                    7月になると、梅雨明けのようにそれらの大殺方が
                    なくなって、大吉方位が2つになるので、それまでの
                    辛抱。6月は 「とにかく北東、とりあえず南西」
                    方位的な運気UPの合言葉です!

                    category:開運 | by:まるたん | - | - | -

                    「穴八幡宮」 は今日も混雑

                    2017.01.17 Tuesday 23:07
                    0

                      昨年中に 「穴八幡宮」 で、2017年の 「一陽来復守り」 を

                      いただいてきて、大晦日の0時に恵方に向けて飾りました。

                      2017年のお守りを授与された際に、2016年のお守りを

                      お返しするという選択もありましたが、年末までの数日間、

                      「一陽来復」 パワーに守られない日々となるのも心細く、

                      古いお札は後日、お返しにあがろうと思っていたのです。

                       

                      さすがに、授与が開始される冬至から日も経っているし、

                      初詣ムードもないこの時期ならすいているのではと思って

                      行ってみたら、未だ参道沿いの露店も並び、大盛況。

                       

                       

                      「一陽来復」 守りを次に飾るタイミングは節分なので、

                      その前まではそれなりに混雑しているのかもしれません。

                      とにかく、境内に200人くらいはいたと思います。

                      ただ、すでに新しいお札はいただいているので、その列に

                      並ぶ必要がなかったのが、せめてもの救い。

                      お返しコーナーは並ばずにいけました。

                       

                      昨年のお札をお返しした後は、社殿前の参拝者の行列に

                      並び、昨年のお礼と、今年の繁栄を祈ってまいりました。

                      少なくとも、冬至直後よりは参拝者も少なめだったので

                      後ろの人たちをさほど気にすることなく、落ち着いて

                      お参りできた点は良かったかも?

                       

                      (足を撫でる人も多いでしょうか? 足が黒光りしてる)

                       

                      また、昨年末は参道もごった返していて、布袋様前にも

                      行列ができていて、一番問題がありそうな頭部分を撫でて

                      きたのですが、今回は腰とか、介護で腱鞘炎気味の腕も

                      撫でる余裕がありました。

                      もちろん、頭は再度しっかりとなでなで…。

                      もはや頭が良くなることは期待していませんが、ボケが

                      来ないようお願いしてきた次第です。

                       

                      【関連記事】

                      ◇「穴八幡宮」 に行って、2016年の準備
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2666
                      ◇「一陽来復」で「一陽来福」
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2

                      category:開運 | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM