「廣貫堂」 の 「赤チン」 発見!

2017.08.10 Thursday 23:05
0

    今日はありがたいことに、期待通りの曇天で、風も
    そこそこ吹いていたので、配送の続きを一気に
    済ませることにしました。

     

    ちょっと擦り傷を作っていたので、消毒液をつけようと
    薬箱を探っていたら、なんと 「赤チン」 が!
    「赤チン」 は、現在、製造禁止となっているので、
    一体いつの物を入れとんじゃ、こら!

     

     

    父は 「赤チン」 信者なので、ケガした時もすぐに
    「赤チン」 を求めるので困っていましたが、まだ
    家にあったとは。あるのを知ったら、これを使い切るまで、
    よくよろけてケガした際に使っている 「キズアワワ」 を
    拒否しまくりそうなので速攻撤去しました。

     

    「マキロン」 のスプレーだと水のようで “治療した”
    証が目に入らないため、「赤チン」 をねだることが
    多かったことから、それなりに白い泡がじわじわと
    傷周辺に沁み込んでいく様子が見える 「キズアワワ」
    を使用しているのです。年寄りのこだわり面倒くさい!
    赤い色が肌に残るのが嫌ではないようです。

     

    「赤チン」 はマーキュロクロム液で、殺菌作用のある
    ヨードチンキに比べて赤いことから、この名が
    つけられ、バンドエイドなどが一般化する前は確かに
    小さな傷に使われていましたが、すでに有効成分は
    死滅していそうだし、逆にばい菌入りそうです。

     

    ちなみに、この 「赤チン」 を製造した 「廣貫堂」 は
    1690年創業の老舗店で、現在も富山の配置薬などで
    頑張っている企業でした。富山の薬についての歴史
    資料館も運営しているようです。
    我が家の 「赤チン」 をぜひ寄贈したいものです(笑)。
    http://www.koukandou.co.jp/

    category:企業 | by:まるたん | - | - | -

    さよなら、カールおじさん…

    2017.06.22 Thursday 23:59
    0

      年に1・2回、食べたくなるものが2つあります。
      それは 「カールカレーあじ」 と 「サッポロポテト
      バーべQ味」 です。

       

      先日、「カール」 を西日本でしか販売しなくなる
      ニュースを見て、類似品はあるもののやはりショック!

      ニュースで取り上げるほどの、ロングセラー商品でした。

       

      しかも、「カールチーズあじ」 は残るけれど、私が
      好きな 「カレーあじ」 はそれ自体、生産中止とのこと。

       

      そういえば、あのほんわかしたCMを、最近見かけなく
      なったことに、今さらながら気づきました。
      そこで、明治の 「なつかCM」 を見てみたりして…。
      やっぱ、和むわ、この情景。そしてこの歌。
      http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/

       

       

      ちょうど 「豊島園」 方面に行く用事があったので、
      駅前のビルにカールおじさんの看板があったのが
      印象的だったこともあり、ちょっと回り道して
      チェックしたら、まだありました。
      いつかはずされちゃうんだろうな、さみしいな〜。

      category:企業 | by:まるたん | - | - | -

      各業界の栄枯盛衰もコーヒーカップのよう

      2017.06.01 Thursday 04:32
      0

        昨日に続いて、ヤフオクで落札した、「マクドナルド」 の

        ハッピーセット・リラックマが届きました。

        全部で8点だったと思いますが、ほしかったのは5点

        なので、ただいま、残り1点を入札中です。

         

         

        今回のは、「マクドナルド」 のピンクの包みは付いていません

        でしたが、ほしかったのは中身なので良しとします。

        しかも、撮影したら、ついつい好きな茶色いクマの方に

        ピントが合っちゃってるし、それを取り直すでもなく、十分満足。

         

        ヤフオクのおかげで、伊藤園の 「お〜いお茶!」 シリーズに

        しても、今回のハッピーセットにしても、自分で買って

        集めるより、送料を考えなければ安く済んでしまうのが

        嬉しいようで、ちょっと寂しいようで…。

         

        物流の発展が、小売店を淘汰している時代に

         

        ネット販売や通販サイトの発達で、簡単に何でも手に入れられる

        時代になりましたが、一方で、書店や文房具店といった小売店が

        商店街から少しずつ消えています。

         

        それと逆行するように、宅配便が大忙しで、しかもエコを謳って

        いたりするために、佐川のお兄さんたちが台車を押して、駆け

        回っている姿を、住宅街でも目にすることが増えました。

        労働条件的にも社会問題になっており、値上げは致し方ない

        ことだと思います。

         

        小売店が消えれば、物流が栄える…というか、物流業界で働く

        人たちの負荷が増え、トータルではプラマイゼロなのかも

        しれませんが、複雑な心境。

         

        ハッピーセットのコーヒーカップのように、時代の流れによって

        クルクルと、淘汰されていく業界、反映する業界、目まぐるしく

        回っているような気がします。

         

        楽しかった本屋巡りも、ついAmazon頼りに

         

        一般消費者にとっては、便利にはなるけれど、かつてほしい本を

        求めて、何件も近所の書店を巡って、求めていた一冊を手にした

        時のような喜びは求めてはいけないのかもしれませんが、

        今もうっかり発売日に買い損ねた本の初版探しはしています。

        そうすることで、何が何でもその本は読了しようという意欲に

        つながっていく気がするのです。

         

        とか言っちゃって、数カ月前に購入した直木賞&本屋大賞受賞作

        『蜜蜂と遠雷』(恩田陸著、幻冬舎刊)は速攻購入した割に、

        1ページが2段組のスタイルのレイアウトなせいか、導入部は

        魅力的なのですが、20ページくらい読んではリセットの繰り返し。

        ちょっと浮気して、700ページ近い文庫 『アキラとあきら』

        (池井戸潤著、徳間文庫)を読み進めているところです。

        category:企業 | by:まるたん | - | - | -

        スーパーマンホール!

        2017.05.24 Wednesday 01:27
        0

          今日も、元気にマンホールなんですけど、展開については
          いつもとちょっと違います。鉄分少なめ。
          だから、導入はマンホール写真だけれど、カテゴリは
          「企業」 としてみました。

           

          手を変え品を変え、それでもやっぱりマンホールなのですが、
          生温かい目で見てやってください。

           

           

          川口市内で見つけた、スーパーマンの胸のマークのような
          “丸にS字” が入った、ちょっと誇らしげなマンホール。
          下の方に 「SANKYO」 と入っていたので、「川口」 という
          キーワードと一緒に検索したところ、出ました!

           

          1951年4月に川口市に設立された 「三共鋳造株式会社」 の
          マンホールです。市の産業である鋳物の会社だったのです。
          ところが、そこからHPへと進んでみたら、全く別世界な
          画面が展開されており…。

           

          沿革によると、1971年に 「サンキョー株式会社」 と改名し、
          パチンコなどのアミューズメント産業へと業種変えして
          いたのでした。今は全く鋳物関係の関連会社もない様子。

           

          勇気ある決断と、経営の舵取りに驚嘆するものはありますが、
          鋳物の職人さんたちがどうなったのか、その技術はどこかに
          ひっそり活用されているのか、気になるところです。
          http://www.sap.fm/

           

          日清製粉が小麦粉の粉体加工技術が液晶画面に活用されたり、
          戦国時代は近江の蚊帳の店だった西川が布団屋に成長したと
          いったいきさつを知った時より衝撃的! 『DHC』 レベル!
          企業を存続するため、時代の変化に対応する英断を下す
          経営者の方々はまさにスーパーマンですね。

           

          【関連記事】

          ◇『DHC』 の正式名称をご存じでですか?
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=127

          category:企業 | by:まるたん | - | - | -

          (株)エポック社の 「困った犬」 が愛らしい

          2017.04.24 Monday 23:48
          0

            ファミレスやコンビニでガチャを見かけると、
            回すわけでもないのについ見てしまう私。
            デザインやキャラより、それぞれのアイディアを
            チェックするのが楽しみです。

             

            今回、書店前に置かれていたガチャで目を引いたのが
            「困った犬」 シリーズ。
            地味なタイトルがある意味新鮮だし、和犬なところが
            個人的にGOODです!

             

            (株)エポック社のカプセルコレクションの一つで、
            この 「困った犬」 以外の動物キャラモチーフの
            ガチャアイテムも多彩に展開していて、結構好きかも。
            http://epoch.jp/rc/capsule/

             

             

            しかし、ダメーバ人間な私は、ピグブレイブなる
            悪徳商法にまんまと引っかかって、当初は1回
            3000円もする武器ガチャに 「ここの運営、頭おかしい
            んじゃねえの!?」 と突っ込んでいたのに、今や
            「7000円のモンスターキラー付き解放武器確定なら
            安い」 と思ってしまうほどに洗脳されてしまい、
            ぼったくられまくっておるのです。

             

            なので、「困った犬」 はもちろん、リラックマの
            ガチャも見かけたことがありますが、そうした物は
            一切やらず見るだけ。どっちかというと、まだ
            リアルガチャやってる方が経済的にも負担が軽いの
            ですが、ブレイブの金銭感覚麻痺攻撃に負けてます。
            リアルの麻痺攻撃回避武器 「ナムブロック」 が
            ほしいぞぉお!

             

            話は戻りますが、「困った犬」 を製造販売している
            (株)エポック社は、30年以上前に流行ったあの
            シルバニアファミリーの会社だったのです。
            動物系のキャラが愛らしいのも納得!
            シルバニアファミリーはちょっと苦手ですが…。

             

            こういうデザイン関係の仕事をしたかったなあと思い、

            今さらジョブ変(ブレイブの影響?)はできる年齢では

            ないのに、オフィシャルサイトのキャリア採用ページを

            チェックしてしまいました。

             

            デザイナーの人材要件であるPhotoshopとIllustratorは
            問題ないけれど、勤務地が台東区駒形と知った途端、
            あっさりと好奇心の火は消え。もう、1時間以上の

            通勤時間がかかる勤務地はイヤじゃ!

            私がスポットでも定期的に働く際の優先順位は、

            通勤時間>通勤手段(地下鉄NG)>報酬なのです。

            まあ、応募してもデザイン関係は年齢でズバッと瞬時に

            “お祈りメール” が自動返信されるでしょうけどね(笑)。

             

            ただ、新卒採用では 「マイナビ2018」 をご利用されている
            ようなので、「2019の際はぜひ取材を担当したいー!」 と
            ここで言霊を飛ばしておくことにしました。

            category:企業 | by:まるたん | - | - | -

            「お米屋さんのプラッシー」 の製造元はどこ?

            2017.02.26 Sunday 05:09
            0

              エリア情報の取材が入ったので、溜まってしまった
              画像の整理をしていたら、川越散策の画像の中に
              「お米屋さんのプラッシー」 という看板を撮影した
              ものがありました。

               

               

              もちろん、取材には全く関係なかったのですが、
              ちょっと懐かしさを感じて撮影したのです。

               

              そういえば、昔から近所のお米屋さんでもプラッシーを
              販売していました。なぜに、お米屋? 製造元は?
              とは思っていたものの、スルーしていたので調べたら、
              (Wikiだけど)もともとは武田食品工業が製造・販売
              しており、親会社が製薬会社であることから、販路が
              なかったため、米穀店に絞って販売していたそう。

               

              昔のお米屋さんは、戦後の 「お米の手帳」 だかの
              名残でか、地域で力を持っていたし、世論調査の
              とりまとめなどもやっていて、町内会でも幅を利かせて
              いたようなので、何となく納得。

               

              1958年から2006年までは武田食品工業が販売して
              いたのですが、今はハウスウェルネスフーズがそれを
              引き継いだとのことです。

               

              ハウスが巻き取ったことで販路も拡大し、現在は
              スーパーなどでも売っているそうですが見かけない
              ような気がするので、いつまで製造されるか謎。

               

              全く気になっていなかったのですが、商品名の由来は、
              みかん果汁入り飲料にビタミンCをプラスしたので、
              「プラッシー」 と名づけられたのだと、今回の確認で

              初めて知った次第です。

              category:企業 | by:まるたん | - | - | -

              読んでくださっている方々に、まじ涙!

              2017.02.11 Saturday 04:33
              0

                こ〜んなにブログUPが遅れていたので、日々のPVを確認

                するのも恐る恐るで、もう見捨てられちゃったかなという

                一抹の不安もぬぐい切れず、ビクビクしながらアクセスを

                チェックしてみました。

                 

                苦手のアパレル取材以上のプレッシャーでございました(笑)。

                ところが、こんなにブラングがあったのに、毎日約600PV以上の

                訪問があり、その棒グラフを見て、思わず涙…。

                励みになります、ありがとうございます。

                 

                そして、私と同じように介護している人も、今はまだ考えて

                いないけれど、いずれは介護問題にぶち当たる方々の少しでも

                参考になるような情報も提供できたらいいな♪

                 

                保育園などの取材で、子供の急な発熱などのための看護休暇を

                設けている企業も増えてきましたが、やはり介護に関しては

                先が見えないこともあり、結構、大手の企業でも実際に稼働

                しているところは多くないようですね。

                 

                今回、新卒取材で、ちょうど介護士関係を中心とした冊子の

                取材も任されることとなり、そうした企業は率先垂範すべく、

                介護休暇もできる限り、有名無実にせぬよう、それでなくても

                手が足りない介護職の人たちのシフトを調整して、介護休暇を

                導入しているところも出てきました。

                 

                少子高齢社会で、今後もますます社会問題となる介護問題。

                ニュースの特集でも多数取り上げられています。

                転職を考える上での要素の一つとして、給料やポジションは

                もちろんですが、今後は産休・育休の稼働率、育休後の時短や

                ポジションの異動、そして社員が介護状態に入った際の理解と

                対する企業の考え方も、それとなくチェックしておくことが

                大事な時代となりそうです。

                category:企業 | by:まるたん | - | - | -

                人事さん、取材対象者の人選は慎重によろ!

                2017.02.03 Friday 23:10
                0

                  昨日は、ある企業の関連施設を4つも回る強行軍でした。

                  しかも、その中の一つはインフルエンザだけでなく、

                  おたふくかぜまで発生しているという、自己免疫力を

                  試されるかのような環境。

                  インタビュー担当でなければ、マスクをしたいところです。

                   

                  事前の免疫力強化にも限界があり、新卒と転職の取材の

                  合間に、夜は原稿書きなんぞやっているのだから、

                  睡眠不足と連日の疲労で、バイオハザードな世界を

                  リアルで行く感じ。

                   

                  館内にあった消毒液をことあるごとに手に塗り込みつつ、

                  心の中では 「顔面にも塗りてぇえ!」 という気分。

                   

                  さらに、試練はまだまだ続き、営業さんと先方人事の間で

                  求人の核となる 「求める人物像」 が共有されてないし!

                  人事担当者はキャリア志向の人材を求めていたにもかかわらず、

                  取材対象者は結婚したら子育てに専念したいとか言ってるし。

                  どういう方向で落とし込めばいいのやら、大いに困惑。

                   

                  いやいや、ここがライターとしての腕の見せ所だと、自らを

                  鼓舞して、さまざまな切り口で、キャリア志向に導こうと

                  するも、ことごとく失敗。

                  ライターがテーマにこだわって、強引に誘導すればしたで

                  後あと先方からのクレームにもなるしね…。

                   

                  一応、子供の頃からの夢だった仕事に就いたという唯一

                  使えそうなエピソードを膨らまして、キャリア志向までは

                  持っていけなかったけれど、向上心と目標を持ち能動的に

                  動く人材観を演出したのでした。

                  100%の内容でなくても、期限内にそこそこ及第点の原稿が

                  上がればプロなのだ! ってことで満足することにします。

                  category:企業 | by:まるたん | - | - | -

                  東京都・初出店の 「IKEA」 に行ってみたい!

                  2017.01.14 Saturday 06:10
                  0

                    昨日は電球問題について考えてみましたが、なんと!
                    電化製品のみならず、リビングのソファーが老朽化。

                     

                    スプリングがもはや弾力性を失い、これなら居酒屋の
                    丸椅子に座っていても、それほど違いがないのではと
                    いうくらいに劣化しております。

                     

                    原因はまたしても父。歩くのがかなり困難になった
                    こともあり、リビングでテレビを見ている時間も
                    増えたこともあって、しかも同じ態勢で座っている
                    こともままならず、ソファーに寝そべって異様な
                    態勢でぐりぐり動くので、本来ソファーに掛かる
                    のとは別の圧を与えるせいか、耐久性の検証外の
                    負荷による劣化ではないかと思われます。

                     

                    困った、爺だ、よたって障子を3段ぶち抜くわ、
                    ちょっと目を離すとストーブに密着して衣服を
                    溶かすわと、想定外のトラブルを次々と引き起こして
                    くれやがるのでした。

                     

                    ってことで、ようやく電化製品の買い替えと、
                    粗大ゴミの手配も済んでひと心地かと思いきや、
                    今度はソファーの買い替えです。

                     

                    ネットでいろいろ情報を集めているけれど、やはり
                    ソファーのようなものは、ショールームなどに
                    出向いて実際に座ってみたりして、判断したいもの。

                    いろいろネットでチェックしたところ、やっぱ
                    私的には 「IKEA」 かな〜。

                     

                    ついに、東京都にも 「IKEA」 ができたのです。
                    立川ですが、我が家からはまあアクセス良し。
                    多摩モノレールの高松駅からも近いし。

                     

                    あとは、問題爺(もんだいじじい)の父を置いて
                    出かけて大丈夫なのかという不安がなくもありませんが、
                    家具もさることながら、店内にあるフードコートや
                    レストランにも興味があるんですよね。
                    http://www.ikea.com/jp/ja/store/tachikawa

                     

                    300円台という 「オリジナル野菜カレー」 レポへの
                    期待も 「IKEA」 推しの大きな理由の一つなのは
                    言うまでもありません(笑)。
                    まあ、ソファーを買ったら、また粗大ゴミの申請
                    しなくちゃですねどね。

                    category:企業 | by:まるたん | - | - | -

                    東京熱供給(株)のマンホール

                    2016.07.23 Saturday 20:32
                    0

                      ここ数週間は、光が丘周辺エリアの往復が増えそうです。

                      「光が丘公園」 の東側エリアを散策していたら、

                      見たことないロゴのマンホールを発見しました。

                       

                       

                      『妖怪ウォッチ』 のウィスパーみたいな形のロゴです。

                      とはいえ、すぐ横に 「東京熱供給」 と書かれていたので、

                      このロゴのコンセプトから、該当する企業を探すといった

                      謎解き的な面白さはありませんでしたが、今は忙しいので

                      回答が書いてあった方がありがたし!

                       

                      東京熱供給(株)は、私が見つけた光が丘団地以外では、

                      品川八潮団地、竹芝地区、八王子南大沢地区、そして

                      東京国際フォーラムの5カ所で、低廉な熱エネルギーを

                      周辺エリアに提供している企業です。

                      http://www.tounetu.co.jp/)

                       

                      光が丘団地の場合は、光が丘駅と光が丘公園の間に、

                      「光が丘清掃工場」 があるため、その発電排熱を利用し、

                      公共施設や約12,000戸の住宅に、暖房や給湯を提供

                      しているそう。要するにエコなエネルギーなのです。

                       

                       

                      でも、今年の3月に 「光が丘清掃工場」 が建て替えで

                      閉鎖になっちゃったんだけれど、支障はないのでしょうか?

                      それで言ったら、「東京国際フォーラム」 はどこの

                      エネルギーを利用しているのか、ちょっと気になります。

                      もちろん、光が丘と違うデザインのマンホールがあるかも

                      気になりますが…。

                       

                       

                      同じく、光が丘団地近くで見つけたマンホール。

                      これまで古そうなマンホールを見つけたことは多々ありますが、

                      これほどまでに摩耗しきっているのを見たのは初めてかも?

                      お疲れ様と労ってやりたい気持ちに駆られました、ほろり。

                      category:企業 | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM