かわいい 「ロマンスカーLSE」 が7月で定年に!

0

    このところ、エリア取材は練馬区と世田谷区を
    行ったり来たりしています。
    3・4日は世田谷区、5日は練馬区となりそうですが、
    天候がちょっと心配。とくに、世田谷区の方は公園の
    撮影もあるので、青空くださーい!

     

    先月の取材の時には気づかなかったのかもしれませんが、
    大好きな小田急ロマンスカー7000形が7月10日で運行
    終了なんですね、ショック! GSE(70000形)時代かぁ。
    0系新幹線と同じくらい好きだったのに…。
    夢の超特急・新幹線に初めて乗った時よりも、箱根に
    行く時、ロマンスカーの展望席の部分に乗れた感動の
    方が大きかった記憶があります。

     

     

    家族での年始旅行、学生時代の合宿、会社員時代の
    保養所、全て箱根だったので、7000形が走っていた
    38年間の間に、何度お世話になったことか。

     

    南新宿駅近くにある小田急関連の企業取材に行った時、
    ロマンスカーが新宿に着く前のパオーンという鳴き声が
    何度も聞けて嬉しかった思い出も…さすがに会社選びの
    メリットには書きませんでしたが(笑)。

     

    最終日の10日以外、新宿駅でその雄姿を見届けるには
    週末7月7日・8日の7時、10時27分、14時、17時20分、
    21時
    だそうです。つい駅員さんに詰め寄ってしまいました。
    7月7日の7時とか、ぞろ目でいい感じですが、きっと
    起きられない…。すでにホームには7000形の撮影に関する
    注意を促す貼り紙がしてあり、かなり混んでいるようです。

     

    新宿だと撮影に来た人ばっかり写りそうだから、途中駅で

    待機しようかな〜とか考えています。それにはまず、

    取材原稿を終わらせ週末に時間を作らねば!


    時により過ぐれば民の嘆きなり、八大竜王雨やめ給え

    0

      大阪には親戚がいるのですが、家の方も何とか
      無事だったようで安堵しています。

       

      梅雨のこの季節、被災された方々にとってはあまり
      恵みとならない雨で困ったものです。

       

      (2018ワールドカップリラックマが届きました。やる気なさそう)

       

      一方で、ワールドカップの日本勝利に盛り上がって
      道頓堀に飛び込む人もいて、さすがの “パワフル大阪”
      ぶりには驚かされたり。と、そんな数日間でした。

       

      さらに、この雨で熊本城の元太鼓櫓が倒壊してしまい、
      被災地の復興の難しさを感じています。

       

      震災発生時に、国会審議していて緊急対策の方は後に
      まわした政府も訳わからんし。

       

       

      Googleビューの常磐道も除染袋でいっぱいになってきて
      いるエリアは、2015年のままにしてあって、実際に
      通るともっと凄い状況なのに、意図的に隠している
      のでしょうか。天候のせいか、ネガティブになって
      いるようなので、せめてもとまったりクマくんたちの
      写真で飾ってみました。


      風邪薬や解熱剤を服用して 『羊と鋼の森』 を鑑賞してはいけない

      0

        ここ2カ月は取材や家事、家のリフォームなど、

        かなり頑張ってるとは思っていましたが、まだ

        それぞれに終わりが見えていないし、なんと

        今年はもう 「新卒2020」 の準備に入ると

        いう連絡が!

         

        おそらく、就活期間が短期決戦になっている昨今、

        大手企業はサマーインターンシップなど、早めの

        青田買いが主流になってくるのかなと…。

         

        そんなこんなで、ここ10年なかった38度以上の

        高熱が出ました。以前もそうでしたが、平均体温が

        35度台の私の場合、37度台はとても苦しいのですが

        38度台は関節痛はやや発生するものの苦しさは

        それほどないのでした。

         

        私が先日新宿に行ったついでに友人の分も予約したため、

        絶不調でしたが 『羊と鋼の森』 を観てきました。

        かなり強めの喉風邪薬に加え、解熱剤まで飲んでいったので

        内容もキャストも良かったのですが、予想通り、風吹く森の

        映像やクラシック音楽1/f ゆらぎ効果で、寝そうになること

        数回。風邪菌(おそらく)は薬に負けてほしいけれど、

        私は薬の副作用に負けんぞという気合で乗り切りました。

         

        原作と違う部分も、原作を読んでいない人にとっては

        わかりやすい設定になっていて観やすかったです。

        詳細はいずれ。。。


        奥深いな、世田谷区!

        0

          今日は心静かに宮下奈都さんの 『羊と鋼の森』 に
          ついて書こうと思いましたが、突然の祖師ヶ谷大蔵
          取材が入って、その散策路MAP作成で、気分が世田谷。

           

          立て続けに世田谷区ばかり行っていますが、今まで
          あまり世田谷区については知らなかったことに気づき、
          少し楽しくなってきております。

           

          (めっちゃ、駅近! 裏から一人だけしか通れないような入り口もGOOD)

           

          三軒茶屋では煙突のある銭湯を見つけ、調べたら
          世田谷区には20以上も銭湯があるのには驚き!
          しかも、スーパー銭湯タイプではなく、昔ながらの
          昭和なタイプが多数点在しているのです。

           

           

          また、R246沿いを歩いていたら、小さな公園があって、
          そこには子どもが座ったり乗ったりするコンクリート製の
          これまた昭和のムードを色濃く残す物体が息を潜めていて、
          しかも、こういうのは動物が多いのに虫!
          道路沿いはカブトムシでテントウムシもいました。

           

          (´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)

           

          が、1匹だけ仲間外れなのか、幼虫なのかわからない
          謎の物体が。アザラシ? オットセイ?
          生物の分類学的視点では、ポジティブに言えば多彩、
          普通に考えるとカオスとも言えるラインナップ。

           

          正面から見ると、「ショボーン」 の絵文字に見えて、
          つい連れ帰ってあげたくなる愛おしさ。
          ますますもって世田谷区のセンスが好きになりそう。

           

           

          マンホールも狭い場所にどでかいサイズの物があって、
          「電」 の文字もどでかいので、かなり強力なパワーを
          秘めた高圧電流が中で胎動していそうなのです。
          全体像を撮影したくても狭すぎて、広角レンズ使用か、
          三脚でもないと撮れない達筆なお作でした。

           

           

          所によっては、仕切り屋がせめぎ合っている 「仕切弁」
          バトルエリアもありました。
          や〜、もう少し協調性っていうのも大事なんじゃないかい
          と語り掛けたくなる、我を張り過ぎな「仕切弁」 たちです。

           

           

          商店街には、専売公社時代の 「塩」 看板。
          また、“角のタバコ屋さん” といった風情を今に伝える
          煙草の販売店も点在していました。

           

           

          屋根や樋、流しなどを扱っていたと思われる板金加工所
          には、お風呂の位置とは思えないので、台所用でしょうか、
          昭和基地(南極ではない)との交信アンテナのように
          家庭用煙突が立っていて、これまた風情。

           

           

          そんな世田谷レトロの中にあって、今年でもう15周年と
          いうリラックマの看板は、まだまだ新参者です。
          明日は、地球上にあるM78星雲の出先機関とも言われる

          祖師ヶ谷大蔵で頑張るぞ、シュワッチ!


          ボヤ寸前!

          0

            今週は、世田谷区を晴れた日は歩き回っています。
            日は長くなりましたが、帰宅時間は父の夕食づくりが
            あるので、5時頃までと、往復時間を考えると
            なかなかタイトです。

             

            (世田谷区で見かけた、心安らぐ花々)

             

            ここ数日、急激に母の物忘れも増えて、本当に覚えて
            いないのか、記憶が曖昧なのか、聞き返したいけれど
            それを確認するのも怖い気がして、適度にスルーして
            いたのですが、そうもいかないかなと。

             

            (この長っぽそいのはアジサイ? 葉の形は違うのでアジサイに似た花?)

             

            今日はある程度、夕食の準備をしたので、二人で
            食事させて、上階で撮影した画像を整理していたら
            焦げ臭い匂いが立ち込めてきたので、慌てて確認したら、
            「もう食べてるから、料理してない」 と言いつつ、
            鍋から煙出てるし…。

             

            (花なのかな、葉なのかな?)

             

            どうやら、追加で野菜を煮ていたのを忘れた模様。

            やはり、多く火を使う夕食は目が離せないなと、
            ある程度の “介護耐性” は養われてきているものの、
            それよりも親の老化ペースが速くて、ちょっと
            ダメージを受けています。


            パンダより先に上野に用事があった!

            0

              何か忘れているなあと思ったら、上野の森美術館で
              開催されている 「怖い絵展」 行き忘れとる!

              あと2日しかないので、かなり混むことが予想され、
              寒空の下、待つのは気が重いけれど行かねば。
              http://www.kowaie.com/

               

              (思わず、「ギップリャ!」 してしまいました)←驚きの表現

               

              15日の18時には 「上野動物園」 の香香たん観覧の
              結果が出るけれど、約70倍だしね…。

               

              まずは、「怖い絵展」 に行って、冷えたら 「鴎外荘」
              の温泉でも入って、池之端にある母方のご先祖様の
              墓でも洗ってこようかな、という感じです。

               

              先週、無理なスケジュールで叩き込まれた散策取材で
              体調を崩してしまったこともあり、師走と思えない
              ド暇っぷりなので、どんより気分をリフレッシュして
              くることとします。

               

              各編集部には先日アプローチメールしているし、甥姪
              へのお年玉を稼がねばいかんので、休む時は休もう!

               

              今月22日は冬至で、穴八幡にも行かねばならないし、
              ともあれ、まずは 「怖い絵展」 じゃぁあ!

               

              【関連記事】
              ◇都内の天然温泉 「鴎外温泉」
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=724
              ◇「旧岩崎邸庭園」 の金唐革紙の壁柄が好き!
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2338

              ◇「穴八幡宮」 は今日も混雑(2016年末)
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3055
              ◇「一陽来復」で「一陽来福」
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2
              ◇穴八幡神社で 「金銀融通」 の柚子飴を
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1931


              “ブラタモらないMAP” がほしい

              0

                週末2日間、歩いた、歩いた、歩きましたとも!
                ただ、今回は舗装道路も歌舞伎揚げみたいにぼこぼこ
                だったり、それぞれの公園は山だったりと、日没まで
                時間が短いのに、遭難しそうな勢いでした。

                 

                これまでいろいろなエリアを歩いてきましたが、
                過酷度ランキング、まさに第1位を進呈したいです。
                第2位は古墳巡りで、これまた尾根伝いには行けず、
                古墳や公園(公園も元古墳)だった溝の口をしのぐ
                険しい道のりでした。

                 

                2日目の帰り道はもう脳梗塞が起きるのではないかと
                いうほどの疲労感で、坂が多すぎるエリアはやだー!
                タモリさんと違って、私は坂は嫌いだぁあ!

                 

                できれば、多少迂回してもできるだけ坂を登らないで
                済むコースを提示してくれるアプリがほしいです。

                とにかくグッタリで、写真整理する余力もないので
                自宅のマッサージ器具で乳酸を多少なりとも分解し
                寝ることにしました。


                名医なのか、そうなのか!?

                0

                  我が家の老人は、NHKとテレビ朝日だけあればいいのでは
                  という生活を送っています。

                   

                  日中は医者に行き、父が好きな 『科捜研の女』 の後は、
                  母が好きな 『相棒』(とくにミッチーの出るもの)、
                  そして、相撲がある時は相撲に…という流れで、同じのを
                  何度見ても半分ボケてるおかげで、いつも “新鮮” な模様。

                  今日も、『ドクターX 大門未知子』 の初回に向けて
                  相変わらずテレ朝つけっぱなしでした。

                   

                  そんな 『ドクターX 大門未知子』 の直前の番組で
                  医者の視点で見た良い医者というテーマをやっていて、
                  ちょっと気になり目を止めました。

                   

                  原因が素人では判断しかねる病気になった際、医者に
                  行って 「大丈夫でしょうか」 と患者が詰め寄った場合、
                  どう答えるのがいい医者なのかという問題が出されCM。

                   

                  実際に、私もそういった経験があり、たしか皮膚病だった
                  気がするのですが、全く市販の薬を塗っても治らず、
                  内科的な問題があるかもしれないと医者に行って
                  血液検査をした後、どんな診断が成されるかと切羽
                  詰まった気持ちで問いただしたところ、私が今も
                  睡眠導入剤をもらいに通っているクリニックの医者が
                  「う〜ん、わかりません」 と超爽やかな笑顔で答えたのです。
                  「一緒に考えていきましょう」 というフォローも一応
                  ありましたが、「わかりません」 発言に驚いたというか
                  もはや笑ってしまう対応だったので、友人たちにも
                  笑い話として吹聴していました。

                   

                  なので、CMの最中も母に 「私なんてこう言われた」
                  と言って、またひと笑いしていたら、なんとそれが
                  正解だったのでビックラ!

                   

                  わからないことはわからないと言うのが誠意ある対応で、
                  次のステップや、他の専門医で調べるなど、柔軟な
                  医療行為につながるとのこと。

                   

                  これまで、笑い話にしていてすいませんでしたと
                  心の中でマイかかりつけドクターに謝りました。
                  月曜日は月に一度の薬をもらいに行く日なので、
                  謙虚な気持ちで通院したいと思います。


                  ノープランだけど 『松翁軒』 本店には行く予定

                  0

                    明日から長崎の軍艦島に行くのですが、全く用意
                    していないばかりか、ほぼ2泊2日あるというのに
                    軍艦島クルーズ以外の時間に何をするか決めていません。

                     

                    それより、3日間の休みを作るために、徹夜で3本の
                    原稿を仕上げ、2時間仮眠しようと思ったけれど、
                    寝たらマイナビの説明会を寝過ごしそうなので、
                    うとうとして終わり、説明会からの帰りは某美術館の
                    広報さんにインタビューの時間をもらい、無事終えて
                    「さぁて寝るか」 とウキウキしていたら、来週中に
                    仕上げなければいけない案件依頼のメールが!

                     

                    依頼された取材地は近場なので、断ってはもったいないと、

                    速攻連絡先を調べて、打診しまくり。メールやファックスなどで

                    ガンガン企画書を送りました、グッタリ…。

                    仕事を片付けて、一息ついたのは夜の21時。

                     

                    そこからあわてて、旅行用バッグを出して、旅行の
                    用意を始めました。ビジネスホテルでの宿泊だし、
                    ホテルの近くにセブンイレブンがあるのを発見したので
                    ともかく下着と靴下の替えと、トップスの替えは1枚、
                    カメラとPCを入れて、もういいやって感じに。

                     

                    ただ、軍艦島では雨天の場合でも、傘の使用は不可
                    だそうなので、雨がっぱだけはキッチリ入れました。
                    傘の先で遺跡を傷つけないようにという配慮でしょうか。

                     

                    明日は長崎の天気は曇りのようなだし、市内に着くのが
                    夕方となるので、もう現地調達だな!
                    どこ行くかはホテルで、ネット検索して考えよう!

                     

                    原爆資料館、平和公園、グラバー邸、オランダ坂、
                    大浦天主堂、新地中華街、外国人居住地、眼鏡橋は
                    もういいし、ハウステンボス、唐津散策、天草散策と
                    遊覧は1回でいい気がするので、んんん、そうだ、
                    大好きな 『松翁軒』 本店にだけは行こう!
                    http://www.shooken.com/

                     

                    ほかはノープランってことで。
                    以前より、龍馬関係の観光地が充実した気がするので、
                    亀山社中と共に回ってみようかと思っています。
                    って、まずホテルの場所はどこだぁああ!

                    セブンイレブンだけはチェックしておいて、空港からの

                    アクセスはチェックしてなかったぁああ!

                    久々の旅で浮かれているのか、寝不足でボケてるのか

                    わかりません。

                     

                    【関連記事】

                    ◇秋の行楽は南西
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3282
                    ◇「軍艦島」 に行くどー!
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3274


                    和を背負う掛け声 「わっしょい」

                    0

                      先週後半の連日取材、続いて1日で回り終えた配送、
                      そして昨日の終日イベント撮影で、今日は使い物に
                      なりません。寝たきり状態です。

                      そんなだららん生活の中で、昨日気になったことを
                      ネットで調べていました。
                      それは、私の苦手中の苦手、英語!

                       

                      神輿の撮影をしてたら、どう撮影しようかとカメラを
                      持って行ったり来たりしている外国人の方がいたので、
                      無謀にもこちらから声をかけて、撮影すると良い
                      アングルを伝えたところ、一応通じたようでそちらに
                      移動して撮影していたので、心中 「よしよし」 と

                      思っていたのですが…。

                       

                      順行の休憩の際、今度は先方から声をかけられ、
                      疑問形で 「means a lot of noise」 と質問され、
                      ううう「何を意味するのか、多くの騒音?」 と
                      いうようなことだから、おそらく 「わっしょい」
                      という掛け声の意味を聞いているんだなと想像
                      したのですが、英語もさることながら、たしかに
                      「わっしょい」 の意味、わからねえー!

                       

                      ってことで、そのあたりで休んでいる、英語が
                      できそうな担ぎ手の女性を呼んできて、対応を

                      交替しまう姑息な作戦に出たのでした。
                      彼女も結局 「わっしょい」 の意味は説明して
                      いませんでしたが、どこから来たのかとか、
                      イタリア人だと知ると、イタリアで行ったことが
                      ある場所などについて話していました。

                       

                      う〜む、自分の話題に持っていく技は見習いたい。
                      自分自身が、英語は言いたいことはそこそこ言えて、
                      相手の質問もそこそこわかっても、それにどう
                      答えるかという会話力の無さを痛感しました。
                      外国人とのコミュニケーションにおいて、まずは
                      あせらないことですね…しみじみ。

                       

                      以前、日本の文化を英語で説明する本を買った
                      覚えがありますが、どこへいったのやら…。
                      2020年に向けて、こういう機会が増えそうなので
                      やや不安なのでした。

                       

                      以前、5年くらい原宿駅前の東側にある会社に
                      いたこともあって、よく駅西側にある明治神宮への
                      行き方を訊かれたので、その説明だけは得意
                      なのですが。海外での買い物や乗り物の切符を
                      買うレベルの英語では、日本文化はとても説明
                      できそうにありません。

                       

                      「わっしょい」 の意味

                       

                      ただ、掛け声って本当に 「a lot of noise」 と
                      いうのかなと調べたら、「わっしょい」 の場合は
                      「a shout」 の方が近いのではないかと…。

                       

                      ちなみに、「わっしょい」 ですが、「和を背負う」
                      という意味らしいです。聖徳太子の十七条憲法にある
                      「和を以て貴しとなす」 ではありませんが、神輿
                      という神様をみなで力を合わせて神社へと奉納する
                      日本人の根源とも言えるテーマだったのでした。

                       

                      日本文化を知ってもらういい質問だったのに、それに
                      答えられず、申し訳なく思っております。

                       

                      とはいえ、さすがイタリア人!
                      担ぎ手のきれいなお姉さん(リアルで美人)と
                      しっかりラインを交換したそうです。
                      一緒に撮影した画像を送信するためだとか。
                      「わっしょい」 の意味は、後でもネットで調べ
                      られるけど、リアルの交流に貢献できて良かった
                      と、それなりに満足しておくことにします。


                      | 1/17PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM