鋳物の街・川口のこだわりマンホール

2017.05.16 Tuesday 23:11
0

    川口駅の東口はペディストリアンデッキが張り巡らされ、
    各方面へのバス乗り場に下りられるようになって
    いるのですが、私はデッキ下を地味に歩いておりました。

    駅周辺は、古いマンホールやカラーマンホールがあることも

    多いので、それを期待してうろうろと。

     

    その期待通り、川口市の住宅街では見かけなかった
    マンホールを見つけることができました。

     

    (「鋳物のまち」 としての誇りが重厚感として表れてます)

     

    「鋳物のまち」 と書かれた長谷川鋳工所の 「H」
    マーク入りマンホールです。
    http://www.kawaguchi-imono.jp/

     

    吉永小百合さん主演の映画 「キューポラのある街」 で
    川口市は “鋳物の街” として有名になったそう。
    キューポラとは溶鉱炉のこと。確かに 「溶鉱炉のある街」
    と呼ぶよりもオサレかもしれません。
    その名残としてか、東口前の複合施設名も「キュポ・ラ」。
    さらにポップな感じにしたネーミングです。

     

    (黄色く塗ってあるので、防災系だと思われる)

     

    デッキ下には、この 「鋳物のまち」 マンホールの他に
    中央部分がやや膨らんでいるタイプのJRマンホールも
    ありましたが、天候もやや崩れ始めて薄暗くなって
    いたこともあって、ちょっと見は 「S」 の字だと思い、
    「ともかく撮っておこう」 的な流れで撮影したら、
    JRの文字を横に撮っていたのでした。

     

    (消防車はちゃっちぃけど、防火帽は立派だぞ!)

     

    そういえば、川口市の消火栓マンホールは、これまで
    見た中で、異様に細かいところまでこだわっているのを
    エリア散策中にも感じていたのです。

     

     

    消防士さんの防火帽の消防庁マークが、やたらに
    精工なのです。ちょっと浮いてる感もあり。
    こんなところにも “鋳物の街” としてのプライドが
    表れているのかもしれません。

     

    【関連記事】
    ◇川口市の 「市の鳥」 はなかった!
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2315
    ◇ついに旧・川口市の川口へ!
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2448

    category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

    器用なゆりかもめがモチーフの東大和市

    2017.05.13 Saturday 04:32
    0

      先日は東村山市のマンホールを紹介しましたが、今日は
      その西側に隣接している東大和市です。
      東大和市も、庭先が多摩湖なエリアで、そのほか野火止用水
      など、水と自然が豊かな環境となっています。
      http://www.city.higashiyamato.lg.jp/

       

      東村山市は、西方向に武蔵村山市があるので “東” が
      つくのはわかるのですが、東大和市は神奈川県の大和市
      から考えると “北” に当たるのに、なぜ “東” なのか
      よくわかりません。

       

       

      マンホールに描かれているのは、「スポーツ祭東京2013」
      のマスコットキャラクターだった、東京の都の鳥である
      ゆりかもめの 「ゆりーと」 で、東大和市ではその際に
      ボウリング競技が行われたことから、それを記念して
      このマンホールが設置されたと思われます。

       

      羽でボウリングのボールをつかむとは器用なやつ!
      現在も 「スポーツ推進大使」 として働いているようです。

       

      東大和市のメインキャラは 「うまべぇ」 くんと言って、
      こちらも食のイベント 「東大和市グルメコンテスト
      うまかんべぇ〜祭」 の際に生まれました。
      お椀とわんこ(犬)がモチーフの、これまた不思議な
      生物です。狭山丘陵周辺は、トトロの森などもあって、
      不思議生物の宝庫なのですね。

       

      【関連記事】

      ◇東村山、庭先ぁ多摩湖のマンホール

      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3159

      category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

      遮光器土偶にも見える草加市の市章

      2017.05.06 Saturday 03:53
      0

        そういえば、先日、越谷レイクタウンに行った際、
        駅近くは越谷市だったのですが、駅の南に少し
        進むとそこは草加市に入っていたのでした。
        町田駅の北側は町田市なのに、南側は相模原市
        だったパターンと同じ。

         

         

        突然、マンホールに越谷市の鳩が姿を消して、
        幾何学模様のような市章らしきマーク入りの物に。

         

        (じっと見ていると市章が遮光器土偶に見えてくるのは私だけ?)

         

        草加市にはイラストマンホールがあるはずなので
        その周辺を歩き回ってみましたが、越谷市との境で
        ある意味、草加市のはずれなこともあってか、
        イラストマンホールはありませんでした。

         

        これまでの経験から、イラストマンホールは
        どちらかというと観光地や駅の近くに点在して
        いることが多いようです。

         

        市章は、「艸カ(そうか)」 の文字を図案化し、
        3つの円で3町1村の合併を表しているそう。
        以前、皇寿と茶寿についてブログに書きましたが、
        茶寿も草かんむりを 「十」 2つに分けて計算した
        ように、こちらも昔の草かんむりをベースにして
        市章をデザインしたようです。

         

         

        新たなマンホールには出会えたけれど、やはり
        橋と松の絵が描いてあるというデザインマンホール
        の方を見つけたかったなぁ。

         

        なんて言ってしまうと、近場のエリア取材でなく、
        草加市の取材が言霊効果で来てしまいそうなので、
        前言は撤回しておきます。

         

        【関連記事】
        ◇“コージュ”を知ったかぶり
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3149
        ◇材質ごとの違いが楽しめる越谷市
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2682
        ◇市章とシンボルマークがある越谷市
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3105

        category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

        国立市の市章・梅は、市の木? 市の花?

        2017.05.04 Thursday 23:09
        0

          以前、国立市のデザインマンホールを一つだけUP
          しましたが、市の花・梅をモチーフにしたものも
          路地で見つけました。
          http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/

           

           

          梅は市の木っぽいものの、市の木はイチョウ。
          市の鳥はシジュウカラです。

           

           

          ちょっと面白いのは “市の色” もあること。

          東京都知事と同じ緑で、国立グリーン?

          ちょっと戦隊もののようだな…。

           

          (逆さに撮ってしまった模様)

           

          国立市の市章も、梅のイメージです。
          国立は、一橋大学や東京女子体育大学、桐朋中学・高校、
          国立音楽大学附属中学・高校などがある文教地区だけに、
          勉学の神様である天神様つながりの梅がメインの
          モチーフなのはいいかも? 勉強運がUPしそうな市章です。

           

          【関連記事】
          ◇国立駅・旧駅舎と大学通りの桜
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2035

          category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

          清瀬市の境界線上を散策

          2017.05.01 Monday 03:39
          0

            さて、昨日の懸案事項である…っていうほど、
            別に大した理由はないのだけれど、あまりに
            マンホールがずらーっと並ぶのもどうかなと
            思って、今日に持ち越した 「なぜ、東村山市の
            マンホールは 『市の木』 がないのか」 についての
            考察をもったいぶって披露することにします。

             

            実は、私自身、秋津周辺は東村山市オンリーだと
            思っていたのですが、西武池袋線・秋津駅南口で
            マンホールの美品を追ってうろうろしていたら、
            なんと秋津駅の改札は東村山市だったのですが、
            改札横にある交番は清瀬市エリアに入っていたのでした。

             

            Wikiでも秋津駅は 「東京都東村山市秋津町五丁目に
            ある西武池袋線の駅である」 と言い切ってるけど、
            プラットホームを見てみると微妙です。
            おそらく、以前、車両が短い頃は東村山市内に
            収まっていたのでしょうが、近年車両の編成に
            プラットホームも連動したのか、清瀬市にはみ出て
            いるのです。

             

            (右は東村山市の鳩、左は清瀬市のケヤキ)

             

            そのため、改札を出て駅前から直進する道は、右に
            東村山市のマンホール、左に清瀬市のマンホールが
            混在していたりします。

             

             

            清瀬市の、市の花は 「サザンカ」、市の鳥は 「オナガ」、
            そして市の木は東村山市と同じ 「ケヤキ」 です。
            東村山市が市の木のデザインマンホールを造っていない
            のは、おそらくそのためではないかと推察されます。
            http://www.city.kiyose.lg.jp/index.html

             

             

            清瀬市はとにかく市の木推し!
            中には、清瀬の頭文字 「キ」 を丸く図案化した市章が
            入っているものもありました。
            清瀬市のHPによると、円は団結と平和、中央の縦線は
            発展と飛躍を表しているとのこと。

             

             

            商店街から1本奥に入った通りの側溝蓋には、市の鳥
            「オナガ」 モチーフのデザインも見つけました。
            ちょっとくたびれていたけれど、斜め上に向かって
            飛び立っていく姿が健気です。

             

            【関連記事】
            ◇東村山、庭先ぁ多摩湖のマンホール
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3159

            category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

            東村山、庭先ぁ多摩湖のマンホール

            2017.04.30 Sunday 02:55
            0

              武蔵野線を利用して取材に行く際、よく使うのが、
              西武池袋線・秋津駅からJR・新秋津駅への乗り換え。
              商店街を300メートルくらい歩きます。

               

              これまで何度も使っている道で、商業施設も並んで
              いることもあり、今までもそれなりに混雑はしていましたが、

              今回、初めて通勤時に利用したところ、西武線からJRへ、
              JRから西武線へ、それぞれ同じくらいの人の流れが
              勢いよく流れていてビックリ!

               

              どちらかというと、人情味のある商店街という印象
              でしたが、朝はトランスファーズな町なのでした。
              あああ、あそこにデザインマンホールがあるのに
              流されていく〜という状態です。

               

              (秋津駅前のマンホールは多くの乗降客に踏まれまくって摩耗)

               

              そこで、取材の帰り道に、それなりに人の行き来が
              ある商店街でゆったりとマンホールを撮影しました。
              スタンダードなのが、東村山市の頭文字である
              「ヒ」 と 「ム」 を鳩の形に図案化したもの。

               

               

              市の鳥は 「ハクセキレイ」 ですが、鳩をモチーフに
              することで “市民の平和” を表現しています。

              https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/index.html

               

               

              市の花は、ありがちですが 「つつじ」。
              「つつじ」 絵柄のマンホールも所々で見かけました。
              市の木 「けやき」 のマンホールはないなあと
              思っていたら、それには理由がありました。
              それについては、また明日。

               

               

              そして、デザインマンホールは、村山貯水池(多摩湖)。
              志村けんさんの東村山音頭でも歌われていた通り、
              東村山駅から約1キロ西側には多摩湖が広がって
              いるのです。

               

              (ハンドホールも村山貯水池)

               

              遠足も、写生会も、マラソン大会も、何でも多摩湖
              だった私としては、東村山のマンホールの絵柄は
              写生でも描いた構図で、ちょっと懐かしい気持ちに
              なります。

              category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

              東急電鉄&東京メトロの “鉄” マンホール

              2017.04.18 Tuesday 08:53
              0

                桜新町取材の収穫の一つとして挙げられるのは、
                東急電鉄を含む、東急グループマンホールを発見
                したことです。
                http://www.tokyu.co.jp/

                 

                それも、露店が立ち並ぶ雑踏の中で、一瞬だけ
                垣間見えたので、あとはその雑踏をモーゼの如く
                人波を断つべく、マンホール前で仁王立ち。
                まあ、イベント的には迷惑な来場者です。

                 

                 

                それでも、私の威圧オーラは、まつりに盛り上がる
                住民のテンションにはなかなか通じず、何とか
                人が切れるまで2分くらいかかってしまいました。

                 

                ってことで、電車つながりのマンホールとして、
                神田駅近くで見かけた東京メトロのマンホールも
                ついでにUPしておくことに。

                 

                 

                地下鉄なのに、地上に汚水マンホールがあるという
                構造面での疑問はありますが、単に東京メトロの
                ロゴだけで、デザイン的な面白味にも欠けるので
                いつも通り、深く追求せず大らかな心で、そこは
                スルーしたいと思います。

                 

                【関連記事】
                ◇所沢、さすがのライオンズマンホール!
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2978

                category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

                市章とシンボルマークがある越谷市

                2017.03.08 Wednesday 23:10
                0

                  またしても、越谷レイクタウン取材。
                  もう何回行ったでしょうか。
                  とはいえ、少しずつエリアが違うので、新たな
                  マンホールとの出会いがあるのでした。

                   

                   

                  東武鉄道伊勢崎線・大袋駅という各停しか止まらない
                  駅周辺にも行ったので、カラーマンホールの美品を
                  見つけることができました。

                   

                   

                  以前、UPした 「越松水」 の菊がモチーフの物も
                  色鮮やかなままに残っていました。

                  中には 「越松水」 の文字も、どことなく風格を
                  感じる消火栓マンホールも。

                   

                   

                  さらに、春日部・越谷エリアに特化した東彩ガス
                  のカラーマンホールも見つけて、レア感を堪能。
                  http://www.tosaigas.co.jp/

                   

                   

                  また、越谷市の市章が中央に描かれた基準点の
                  計測系マンホール。

                   

                   

                  そして、越谷市には市章だけでなく、シンボル
                  マークもあることを発見。
                  水郷・越谷のイメージと市の鳥である 「しらこばと」
                  をモチーフにしたものだそうです。

                   

                   

                  やはり、一番多いのは、前回掲載した 「しらこばと」
                  のデザインマンホールです。

                  でも、シンボルマークとしては、鳩だとわかる無駄の
                  ないフォルムで、わかりやすいデザインだと思います。

                   

                  (真ん中の小さいのがシンボルマーク)

                   

                  かなり、周辺エリアを余すところなく、駅からかなり
                  遠い住宅街にも行ったこともあり、駅前周辺では
                  見かけることができないデザインが見られて満足です!

                   

                  【関連記事】
                  ◇材質ごとの違いが楽しめる越谷市
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2682

                  category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

                  YOKOHAMAンホール4

                  2017.03.06 Monday 04:24
                  0

                    今日も、マンホーラーしか楽しくないマンホールネタなので、

                    まずは愛らしいくまたろうくんの写真で和んでいただきましょう。

                     

                     

                    そして、いよいよ本題。鶴見川の南岸で見かけたマンホールをば

                    ご紹介いたしたいと存じます。

                     

                     

                    車道で 「水道企業団」 と書かれた流量計室のマンホールを
                    見つけたのをキッカケに、その周辺を見回してみたところ、
                    「神奈川県内広域水道企業団」 とフルネームで書かれた

                    別バージョンも発見。

                    水道らしい波のようなマークも入っていました。

                     

                     

                    といっても、かなり摩耗してるし、変色していることから、
                    きっと今は亡き “インフラ遺産” 的な物であろうと、勝手に
                    決めつけていたら、少し進んだ先の水道施設の壁にババーンと
                    特別地方公共団体「神奈川県内広域水道企業団」の真新しい

                    プレートが掲げられていて、現役であることがアピール

                    されまくっていました。
                    http://www.kwsa.or.jp/

                     

                     

                    プレートの文言 「見えない所で都市を支えています」って
                    おっしゃる通りですな。ごめんよ〜。

                    ホームページを見たら、人材募集もしていたので、それなりに

                    着実な成長を遂げている組織なようです。欠員募集でなければね。

                     

                    また、駅近と、駅南側にある岸根公園には、「横浜市交通局」

                    のロゴ入りマンホールもありました。

                    グリーンラインの電車などにも、このロゴは入っています。
                    http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/

                     

                     

                    ついでに由来を調べたら、このマークは、横浜市の 「Y」 を

                    ベースに、2本重ねることで地下鉄の線路を表現しているそう。
                    電車や駅入り口のカラーバージョンの場合はビビットブルーを

                    使用しており、港の街・横浜を表現しているとのこと。
                    わかりやすいコンセプトで、ユニバーサルデザイン的な要素を

                    兼ね備えたシンプルさに好感が持てます。

                     

                    【関連記事】
                    ◇YOKOHAMAンホール
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2203
                    ◇YOKOHAMAンホール2
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3000
                    ◇YOKOHAMAンホール3
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3102

                    category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

                    YOKOHAMAンホール3

                    2017.03.05 Sunday 04:10
                    0

                      千葉県方面の取材・撮影も発生しそうなので、締め切りには
                      まだ余裕があるものの天気に左右される新横浜エリア撮影に
                      行ってきました。北は 「IKIA」、南は 「岸根公園」 と
                      かなり広域のエリア取材だったおかげで、もう新しい
                      デザインのマンホールは見つからないだろういう予想を
                      覆してしれて、ああ嬉しい、ああ足が痛い!

                       

                      新横浜駅の北側は新たな出会いの宝庫でした。
                      まずは、駅から 「日産スタジアム」 にかけては
                      「横浜・F・マリノス」 の方向指示型マンホールが。

                       

                       

                      キャラクターの名前がわからなかったので調べたら、
                      結構ストレートなネーミングで 「マリノスくん」
                      とのこと。よく考えるとサッカー関係のキャラの
                      名前ってほとんど知らないかも…。
                      http://sp.f-marinos.com/

                       

                       

                      そして、以前も見た覚えがあるカバのマンホールも。
                      てっきり、野毛山動物園のイメージキャラとしての
                      カバかと思ったら、野毛山動物園にカバいないし!
                      http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

                       

                      また、下水関係だと横浜市環境創造局のキャラクター
                      として、「かばのだいちゃん」 がいるけれど、顔が
                      全然違う上、横浜市環境創造局のHPに紹介されている
                      マンホールはベイブリッジデザインの物だったので
                      全く関係ない模様。2つも調べたので、あとはスルー。
                      http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/gesui/

                       

                      さらに、スタンダードなようでいて、スタンダード
                      ではない古いマンホールも見つけました。

                       

                       

                      本来、横浜市の市章である 「ハマ」 の文字を
                      デフォルメしたデザインであるはずなのに、全く
                      その切り込みがなく、ソロバン状態になっているのです。
                      摩耗のせいなのでしょうか、それにしても少しくらいは
                      文字デザインの名残があってもいいのでは?

                       

                      「かながわ検定」 サイトの選択問題で、横浜市の市章は
                      何がベースのデザインになっているかという問いの中に
                      「商業都市だからソロバン」 という選択肢がありましたが、
                      “まさにソレ!” な状態のマンホールでした。
                      http://kanagawa-kentei.com/

                       

                       

                      そのソロバンマンホールを見つけた港北IC近くには
                      他にも古そうなマンホールがあり、開けるための
                      取っ手部分が針金という懐かしいしょぼさを醸している
                      雨水マンホールでしたが、それですらちゃんと市章の
                      「ハマ」 の字は健在なのです。

                       

                      まだまだ、新たな出会いがありそうな横浜市。
                      ってことで、明日に続く!

                       

                      【関連記事】
                      ◇YOKOHAMAンホール
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2203
                      ◇YOKOHAMAンホール2
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3000

                      category:マンホール | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM