モロッコに向け、サバイバルなアイテムを準備中!

0

    やっと、50日祭が終わったと思ったら、早速、
    相続の手続きがスタートして、頭の切り替えに
    やや戸惑っています。

     

    とはいえ、ここまでかなり頑張って、父の
    準確定申告も済ませたり、母の社会保険や
    年金などの手続きにも付き添ったので、
    税理士さんから求められた書類はほとんど
    揃っており、あとは2件ほど郵送待ちの領収書
    さえ届けば、相続の方の提出物も完了できそう。
    ふぃ〜。

     

    旅行の資料もついに送られてきて、漠然とした
    印象で準備していた持ち物も、モロッコ仕様の
    リストが手に入り、ようやく具体的なイメージが
    湧いてきました。

     

    モロッコ旅事情が見えてきた!

     

    まず、トイレットペーパーを使わない文化だと
    いうことなので、トイレットペーパーの芯を
    抜いて潰して持っていこうとか、また予想通り、
    サハラ砂漠も細かい砂でカメラなどの精密機械は
    カバーが必要とか、これぞ、海外旅行という
    嬉しい不便さが列挙してありました。
    シルクロードに行った時の失敗を踏まえて、
    海中撮影用のカメラカバーを発注済みです。

     

    さらに、インド同様、停電も多いそうで、

    懐中電灯かヘッドランプが必要とのこと。うきうき。


    過去の経験から懐中電灯は、手がふさがってしまうし、
    インドの時は防災用を持って行ったため、手回しで
    発電していて疲れたので(笑)、ヘッドランプを
    用意することにしました。電池式は重たくて肩が
    凝るので、充電できるタイプにしようかと。

     

    保湿液やトイレ用にあると便利なウェットティッシュ
    については、父の入院時の余りがあるので、それを
    消化しようというエコな計画で。
    「大人のおむつ用お尻ふき」 なんて物が残って
    いたので、それいってみよう!

     

    なかなか、これまでの経験を生かせそうな環境だと
    わかり、俄然、私の中のサバイバルスイッチが入って、
    このところ、介護・看護・諸手続きで燃え尽きかけて
    いた何かに、種火が灯った感じです。

     

    カメラは海用、ボトムスは山用、でも行先は砂漠


    往復・北京乗り換えなので、明日はまず、機内持ち込み
    手荷物のチェックリストに載っていたロストバゲージ用
    衣類として、トレッキングパンツを買いに行こうかなと。


    トレッキングパンツなら、機内でも温かいし、足腰を
    締め付けないし、いずれ行く予定のネパールにも
    使えるので好都合。久々に前向きな気分で燃えてるぜ!


    枯れ木に花を咲かせんばかりの “超生命力”

    0

      このところ、納骨前の駆け込みで会葬してくださる
      方々が多く、今週ですでに3件。
      神道なので、お線香を使わないため、雰囲気作りに
      沈香のお香を焚いています。

       

      (お茶友には抹茶でご接待)

       

      手持ちで返礼品をお渡ししたり、現金書留などで
      玉串料を送ってくださる方々には、返礼品の
      カタログ発送をしたりと、やっと各種手続きが
      終わったと思ったら、50日祭前の忙しさでバタバタ。


      家族葬は確かにその場は身内だけで楽だけれども、
      その分、会葬する方々が別々にいらっしゃるので
      常駐勤務だと厳しい選択ですね。

       

      ただ、母が会葬してくださる方とおしゃべりして
      気分が紛れるようで、その点においてはありがたく
      思っています。

       

      (一番右にちょっと見えてるのが、50日祭まで持ちそうな葬儀の時の花)

       

      そして、父の霊璽前には花籠が5つとなりました。
      内2つは私の友人からで、一番右の1つは父の
      葬儀の時の花です。


      父も危篤状態で2カ月近く粘りましたが、花も
      それに負けない根性を発揮しています。
      遺骨は、葬儀を彩った花々に送られて、50日祭の
      納骨に向かうことになりそうです。


      きっと燃やして灰にして木に撒いたら、童話の
      「はなさかじいさん」 のように、枯れ木に花が
      咲くのではないだろうか、と思わせるほどの
      生命力です。

       

      5籠ともなると、花の世話にかなり時間がかかり、
      最近では1時間は花の水替え、水切り、生け替えに
      時間を費やしている状況です。

       

      さりげに、“なにあれ珍百景”

       

      自転車で移動中、ポストが落ちてました。

       

      (ポストの形の箱? その高さって犬用ポスト?)


      地面にポストが生えていました。
      ポストの種が初春に芽吹いて、生えた?
      また、同じところを通ったら、ポストがどのように
      成長しているか確認したいと思います(笑)。

       

      【関連記事】
      ◇お花をありがとう!
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3824
      ◇切り花を日持ちさせる方法〜草月流
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3834


      区からの 「敬老祝品」 なるものをもらい損ねたらしい

      0

        予想以上に50日祭(仏教の四十九日)までに
        やることって多いんですね、と実感する今日この頃。
        長年、いくつもの大病で病院を出たり入ったり、
        通ったりしていた父の闘病生活と、後半2年間の
        介護生活、ラスト約3カ月の危篤行ったり来たり、
        そして葬儀、各種手続きと続く中で、母の体も
        かなり弱ってしまい、昨年秋から介護離職状態で
        母の日常生活の世話も続けてきました。

         

        父が死んだことよりも、自分自身の体調不良と
        相続の不安で泣いている日もあったりして、
        話す内容がつねにネガティブでどうしたものかと。

         

        私も気分転換とリセットに旅に出たいと思いつつも
        母を一人にして行くことを危惧していました。

         

        やれることはと、各種手続きは母の分も一手に
        引き受け、食事やマッサージなどの体のケアにも
        目を配り、会いたい人に会えるように手配したり、
        小まめに伯母と電話で話す機会を作ったりと、
        いろいろ試してみました。

         

        そして今日、母が父の米寿の祝い金を区からもらい
        忘れたと言い出し、さすがに死んでから請求は
        できないという話題になって、「私が米寿の時は
        忘れないように請求しなくちゃ」 という言葉が。


        現在、数日前に85歳になったばかりの母ですが、
        ようやく前向きな言葉が出て、ホッとしました。

         

         

        私は全くそういうものがあることを知らなかった
        のですが、早速ネットで調べたら、米寿と白寿、
        さらに100歳以上の人には、確かに区からの
        敬老祝品があるようですが、ん? 敬老祝品。
        品ということはお金ではないのでは?


        せっかく、母がやる気を出してくれたようなので、
        その件については深く追求しないことにしました。


        お熱が出たので、ひと休み

        0

          久しぶりに発熱してしまいました。

          介護から病院通い、葬儀、死後の書類手続き、

          会葬者の対応、父が2階で生活していたので、

          それを粗大ゴミに出すための力仕事など、

          休むことがなかったためか、マッサージに

          行ったら瞑眩反応でか、超高熱です。

           

           

          なので、今日のブログはお休みします。

          と言っても、母のご飯を用意しなくては。

          できる範囲で頑張ろう!

           

          そうそう、粗大ゴミのことなんですけど、
          ネットの選択肢に、桶、たらい、樽…、
          うーん、ここまでは理解するとして、酒樽(!)、
          漬物樽(!!)…、こんなに樽のカテゴライズする
          必要ありってラインナップに続いて、鍬、鋤、
          リヤカー…が生活用品か、なぁ?


          粗大ゴミの選択肢がどこか昭和テイストというか、
          JA、いや農協マターで、練馬区も翔んでるなぁ。


          切り花を日持ちさせる方法〜草月流

          0

            現在、我が家の和室には花籠が4つ並んでおり、
            毎日の手入れに結構手間がかかっています。
            部屋は北側なので、日持ちしやすい条件ですが、
            50日祭まで持たせるのは厳しいかなと。

             

            一応、華道師範の資格を持っているので、
            それなりに花を日持ちさせる方法は知っており、
            それを実践しています。


            花の種類では、仏花としてもよく使われる菊は
            長持ちしますが、ちょっと華麗なバラやユリは
            放置しておくと、バラの首がグッタリしたり、
            ユリの蕾を全て咲かせることができません。

             

            水替え・水切り、枯れた花と葉の除去

             

            まず、花を長持ちさせるには腐らないように、
            水を小まめに変えることが基本。
            殺菌力のある延命剤やハッカ油なども効果的。

             

            実際に以前、2つ同じ花を飾った際、疑り深い
            私は、一方に延命剤を入れ、一方には入れず
            実験してみたところ、同じように水切りしても
            断然持ちが違ったので、気のせいじゃないと
            ようやく延命剤に対する疑惑も晴れました(笑)。

             

            今回は入っていませんが、ガーベラなど茎の
            太い花も切り口が腐りやすいので、小まめな
            水替えと水切りが必要です。

             

            それでも一夜明けて首がクタッとしてしまったら、
            大胆に水切りして、それらを新聞紙で首が立つよう
            軽く巻いて水揚げを助けます。そうしないと首の
            部分がダメになってしまい、せっかく水切りしても
            水が折れ曲がった首のところで止まってしまい、
            花まで行きわたらなくなってしまうのです。

             

            また、できるだけ花に水が行く目的と、腐って
            水を汚さないように、早い内に水近くの葉っぱは
            取り除いておいた方が手入れも楽です。

            花瓶などの高さを見て、水に入る部分は先に

            取っておくと、水も腐りにくくなります。


            ユリも咲き終わったら、3つに分かれている茎の
            根元から1つ1つ切って、生け替えています。

            とにかく、貴重な水を花に運べるようにサポート

            するのが、花を長持ちさせる極意なりw

             

            オアシスより剣山の方が持ちが良い(過去、実験済み)

             

            ってな感じで、葉取り、水替え、水切りのほか、
            いただいた花々はオアシス(スポンジみたいなやつ)
            に挿してあるので、抜いては水切りして挿しの
            繰り返し。オアシスは花瓶に比べてどうしても
            水揚げが悪いため、クッタリしたバラは3回ほど
            水切りして花瓶でリハビリした後、あらためて
            オアシスに挿しています。

             

            もう少しで最初の花籠は1カ月持ちそう。
            3つの蕾を持っていたユリも最後の1輪が咲いて
            いますし、バラは6輪ありましたが最後の1輪が
            頑張っています。

             

            ユリの花粉が服に着くと大変!


            そうそう、水揚げとはあまり関係ありませんが、
            ユリの花は開花しそうな段階で、おしべをハサミで
            切っておいた方が無難です。開花してからだと
            おしべも開いてしまうので、白いユリの場合、
            花弁におしべの黄色い粉が着いてしまい、美しく
            ありません。

             

            コチョウランは日持ちはいいけどダラッとね

             

            白いコチョウランが入っている籠があって、蘭は

            花としては長持ちする種類でありがたいのですが、

            コチョウランは花が大きいため、どうしても

            日が経つと水揚げしててもだららんとしてしまい、

            せっかくの見栄えが良くなくなってしまいます。

            花の大きな蘭は、添え木して花用針金をぐるぐる

            巻いて立ち姿を美しく見せるのがポイント。

             

            面倒な場合は、割り箸でもいいので、それを添え木

            代わりにして、花用針金がなければ、お菓子やパンの

            ラッピング用の針金や、最悪輪ゴムで軽く巻いても

            何とかなります。花用針金でない場合は、茎を

            あまり圧迫しないように軽く巻くと良いでしょう。


            そろそろ一旦オアシスから抜いて、2・3センチ

            短く切って、花瓶に生けて延命剤を入れ長持ち

            させるフェーズに入ろうかなと考えています。


            「医療費控除の交通費」 の書き方に戸惑いまくり

            0

              昨年の確定申告から、医療費控除の領収書を入れる袋は
              必要なくなりましたが、家に保存するのがウザいので
              ドドーンと青色申告袋に入れて出してしまったのですが、
              今年はそろそろそうもいかず、しかも医療費控除の
              記入用紙の仕様が変わっているではありませんか!?
              父の準確定申告までしなくちゃいけないのに苦苦苦〜!

               

              税務署から 「医療費控除を受けられる方へ」 という
              説明書をもらってきたものの、インターネットでの申告
              についての説明にページを割かれていて、一番基本の
              “通院に伴う交通費” の書き方が説明されていないし!


              「どこ、どこ、どう書く!?」 とネットで調べるも、
              多くが医療費控除に適用される交通費はタクシーも
              いいのかとか、ガソリン代はといった質問が多く、
              超基本の書く場所についての回答が見つからず。
              あると喜んだら、2017年仕様の用紙が見本だったりと
              役に立たんわい!

               

              ようやく、検索下位の方で、求めていた答えを発見
              したのでした。私がわからない問題はほとんどの人が
              簡単にわかる答えだったのかとショック!

               

              医療機関の下段に交通機関を書くんだね!

               

              診療・治療を受けた医療機関名の下の欄に、利用した
              交通機関を 「支払先の名称」 に記入して、次の項目で
              ある4つの区分チェック欄は 「その他の医療費」
              して交通費を書くのだと辿り着くまでに長かったこと。


              八つ当たりする訳ではありませんが、交通費は交通費で
              「その他の医療費」 って変でしょ? 勘定科目的に
              気持ち悪いでしょ?
              それなら、「その他」 とすべき
              ではないかと、用紙に怨念波を送るくらいしか、自分の
              アホさから目をそらすことができず、虚しい抵抗。

               

              とはいえ、「支払先の名称」 欄は、正しくは 「病院・
              薬局などの支払先の名称」 とあり、その “など” が
              “交通費も含む” というヒント
              となっていたとは、
              頭に血が上って気づきませなんだ。


              ともあれ、医療費控除の書き方問題はクリアしたので、
              あとはせっかくEXCELで作った医療費一覧を見ながら、
              しょぼしょぼ手で書き写す予定です。

               

              企業経理12年もやったけど、相続処理はなかったもん!

               

              目下の課題は、すでに8割の作業が終わった事業費の
              方ですが、恥を忍んでマイナス計上するか、簡易対応で
              ゼロとして確定申告欄に書き込むか、来年度は相続の
              申告も必須となる予定なので、負債を作っておくのも
              税金対策なのかな〜と、初心者の如くおっかなびっくり
              青色・確定申告書作成を進めている私です。


              準確定申告にお手上げ

              0

                朝から、年金事務所に行って、母の遺族年金申請と

                未払金の手続きをして来ました。

                事前に必要書類を確認したはずなのに、除籍住民票

                が抜けていて、書類作成中に出張所に走りました。

                年金用はタダで発行されますが、それならなぜ同じく

                無料で発行される年金用除籍謄本とセットで渡して

                くれなかったのか、なんかモヤモヤしています。

                 

                で、今日はテンパっているので、口語切り替え。
                ダメだ、準確定申告、わからねえ!


                それでなくても、自分の青色申告が今世紀最大の
                大赤字計上で、決算書の45番を書き込むのが
                怖くてしょうがない気分なのに、紙オムツ代だの
                私の医療費には登場しない領収書が控除対象に
                なるのか、老人控除対象配偶者とか言われても、
                何を調べてどう書くのか、遠い目…。

                 

                そもそも、相続人が書くようだけれど、母が
                書けると思えないし、相続人が2人以上いる場合、
                付表とやらをさらに書かねばならないようで、
                私の事業費の赤字で相殺できるならしたいくらい!

                そんなら、付表でも、辞表でも書いてやらぁ!

                 

                税理士夫婦の友人がいるも、今ちょうど御母堂様が
                亡くなられて遺品整理で忙しいと聞いているので、
                気楽には相談しづらいタイミングだし。
                相続をお任せしている信託銀行に頼むと、手数料
                かかりそうだし、税務相談窓口へGO! かな〜?


                お花をありがとう!

                0

                  ようやく、役所への申請や各種手続き、支払い関係の
                  変更の第1ステージがクリアできた感じ。
                  14日に母の遺族年金手続きと、50日祭に向けた仏壇の
                  購入が終われば、あとは申請先から指示された通りの
                  作業をするだけ。試行錯誤期は越えられたようです。

                   

                  一方で、慌ただしく手続きをしまくっていた緊張感も
                  多少は緩和したためか、私はドバッと疲労感、母は
                  情緒不安定気味。父が死んだ悲しさよりも、今後の
                  生活の経済的不安に一足先に突入してしまっていて、
                  「まだ、やる作業あるから!」 と感傷的になるのを
                  何とか食い止めているところです。

                   

                  介護中の友人も、従弟たちも、お金係と世話係に
                  分かれているけれど、我が家は私が両方担当なので、
                  コピーロボットがほしいよー!

                   

                   

                  そんなゴタゴタした日々にあって、友人からお花が
                  届きました。Queen友達とその従妹からでした。

                   

                  家族葬だったこともあり、ブログでこちらが多少
                  落ち着いたのを見計らって送ってくれたようです。

                   

                  ちょうど、葬儀に使った花が水切りしてもしおしお
                  し始めたところだったので、瑞々しいお花と、その
                  香りで、部屋が華やぎました。

                   

                  週末はまた母の知り合いが会葬に来てくださると
                  勝手に予定を入れられており、そういえば、

                  葬儀用返礼品の用意も50日祭前にしなければと

                  思い出しました。

                  まだまだやることが多々ありそうです。


                  「死亡届」 が反映されるまで、急がばステイ!

                  0

                    ここ数日、ひたすら父に関する事務処理しまくり。
                    それで一つわかったことは、葬儀社が死亡届を
                    出してくれた後、戸籍謄本から除籍されるまでの
                    タイムラグは、入院時の事務処理や、通帳・資産の
                    チェックなど、今後必要となりそうなものを揃えて
                    おく方が除籍になった後の作業がはかどります。

                     

                    死亡届だけは1週間以内ですが、健康保険証や
                    介護保険、年金支給の中止などは、2週間以内
                    なので、「死んだらやること」 に書かれていた
                    「死亡診断書10通」 がなくても、除籍さえ
                    済んでしまえば、除籍謄本があれば、いちいち
                    死んだ人と自分との関係を証明する手間が省け、
                    サクサク作業が進みます。


                    自分のマイナンバーカードがあれば、さらに
                    スピードアップが期待できます。

                     

                    ってことで、何とか2週間以内にやる作業はほぼ
                    クリアできました。あとは、母の遺族年金を
                    申請するために、すでに予約を入れた年金事務所に
                    行くついでに、電話で止めた父の年金手帳を返す
                    のみというフェーズに。

                     

                    ただ、個人の年金額や収入によっては、医療控除も
                    適用できるそうなので、年金事務所で源泉徴収を
                    確認する予定です。

                     

                    家族葬だと、意外と弔問客への対応が大変

                     

                    我が家は家族葬で、セレモニー自体はスムーズに
                    できて良かったのですが、ご近所の方、母の友人など、
                    私と弟は50日祭まで静かにしていようと思ったのに
                    事務処理は私マターで自由な母は、普通に弔問客を
                    誘ってしまっているので、なかなか大変。

                     

                    私が地方まで弔問に行った友人にも、今は役所通いで
                    バタバタしているのを理由にお焼香を待ってもらって
                    いるくらいです。といっても、神道だから線香ないし。

                     

                    祖霊舎か、仏壇か、検討中

                     

                    一応、祖霊舎のパンフも近所の仏具店でもらって
                    来ましたが、母が仏壇がいいと言い張るし、膠着状態が
                    続いております。実際、長野県の場合は神道でも

                     

                    なぜか仏壇に祀る習慣があるのですが、それだと
                    東京の場合、神主さんが来てくれないよと仏具店の
                    方からアドバイスを受けました。

                     

                    なので、そっちはペンディングにして、50日祭に向け、
                    返礼品の準備をすることに。会葬者へのお返しです。


                    いろいろ調べたら、郵便局の弔事カタログギフトが
                    種類もそれなりに揃っているし、カードや挨拶文も
                    相手によってカスタマイズできるし、近所などの
                    手配り用には袋も付けてくれるし、何と言っても
                    送料込みでリーズナブル。ちょっとした追加も
                    郵便局で手続きできるし、無駄も少なそうです。

                     

                    【関連記事】

                    ◇役所 “手続きダンジョン” では、マイナンバーが大活躍
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3816
                    ◇“神道なのに仏壇” の謎から追わねば!
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3811


                    役所 “手続きダンジョン” では、マイナンバーが大活躍

                    0

                      母を連れて役所に行き、葬儀費用の還付金申請だの、
                      除籍謄本や住民票の取得だの、印鑑証明の変更だの、
                      もー訳わからんくらい、手続しまくっています。

                       

                      それぞれ窓口が異なるため、できるだけ各階で
                      できることをやってから、次の階に行くという、
                      まさに “手続きダンジョン”。

                       

                      手続きスピードLv.及び料金Lv.をアップするには
                      やはり、マイナンバーカードが無敵!
                      自分の資産や負債がバレバレになるので、いやいや

                      作ったのですが、初めてそのありがたみを実感しました。

                       

                      「死亡届」 提出から、除籍まではタイムラグあり!

                       

                      無料の年金用を含めて、除籍謄本を4通取りましたが、
                      まだまだ必要なみたいです。

                       

                      今週の 「週刊文春」 がタイムリーな特集を組んで
                      あったので、それによると 「死亡診断書コピーは
                      10通」 と書かれていましたが、確かに最低でも
                      そのくらい要りそう。

                       

                      電柱収入って、これ相続の一部? メンドイ!

                       

                      まず、自分たちが生活していくための書類を揃え、
                      次に父が持っていたものを失効し、さらに、電気・
                      水道・電話加入権や、我が家の場合は電柱敷地料の
                      変更といった順番にクリアしていく予定ですが、
                      ラスボス・相続もスタートしていて、青色申告の
                      作業をする時間が取れず、やや焦り気味です。

                       

                      面倒臭いし、災害の時に邪魔になりそうだから、
                      電柱は他の家の前に移動してほしい気分です。

                       

                      換金・資産評価が必要な財産があると大変、多分!

                       

                      とはいえ、いいのか悪いのか、父は車もないし、
                      クレジットカードも使ってなかったし、ゴルフ
                      会員権もないし、早々と心臓病になっていたため
                      保険にも入っていなかったし(ちょっと残念)、
                      株や投信、ましてや金塊コレクションもないし、
                      資産評価するタイプの財産は土地だけなので、

                      一般の人よりは楽なんでしょうね。

                       

                      相続を行ってくれる信託銀行の方たちから、何度も

                      本当に生命保険に入っていないか、もしかして

                      知らない生命保険会社から秋口に封書とか届いて

                      いなかったかと、かなり不信感いっぱいに繰り返し

                      聴かれ、国税に3人がかりで締め上げられた記憶が

                      蘇ったほど。興信所使っても、逆さにしても鼻血も

                      出ない、この潔白さ(笑)。


                      それでもしんどい、役所での各種手続き。
                      そんな中、戸籍謄本の祖母の名前を見て、少し
                      和んでいます。おばあちゃんは 「くま」 だお♪


                      | 1/52PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM