パスポート、5年にするか、10年にするか

0

    雨季が終わる秋以降に、ネパールに行くことにしたのは
    いいのですが、ふと気づけばパスポートが切れている!

     

    ということで、戸籍抄本を取ってきました。
    番地が変更になって本籍地が現住所とは少し違っては
    いたのですが、運転免許証を見ればたしか本籍地が
    表記されていると高をくくっていたら、今のは出てない!

     

    介護や家の工事の最中、時間を作り、わざわざバスに乗って、
    戸籍抄本を取りに行ったのに何たる失態としゃがみそうに
    なりましたが、優しい職員さんが申請書の台の所で
    遠い目をしていた私を見つけ、マイナンバーのカードが
    あれば、コピー機みたいなのにピッと置いて、窓口より
    安く戸籍抄本が手に入ることを教えてくれました。
    偶然にもマイナンバーカードを持っていたのでラッキー。
    顔写真入りでもタスポはダメみたいです(当然?)。

     

    次は、いよいよ頭が痛い証明写真の準備フェーズ。
    自分の10年後の姿を予想すると、がっくりと劣化して
    いそうなので、5年用にすべきか、それとも10年後も
    少しでも若い雰囲気の写真が貼ってあるパスポートを
    利用するか、海外に行く回数や可能性よりも、自分の
    劣化に関する課題にぶちあたって、ただ今、5年用か
    10年用か鋭意検討中です。

     

    まずは、顔をコロコロするようなやつで、少し顔の
    メンテをしてから撮影するかなど、以前は全く気に
    せずに済んだことでつまづいています。
    年は取りたくないもんじゃのう…。

     

    ちなみに、ああいったコロコロするやつは何という物か
    まずはネットでチェックせねば〜!
    パスポート申請までの道のりは、まだまだ長そうです。


    山梨県産 「武川米」 を食べてみた

    0

      実家がそれぞれに農家というご夫婦から、ご主人の
      実家・山梨県の 「武川米(むかわまい)」 と、
      奥様の実家・新潟県佐渡の 「石名米」 という、
      どちらもあまり聞いたことがないお米をもらったので、
      まず 「武川米」 を食べてみることにしました。

       

      「農林48号」 とも言われるそのお米は南アルプスの
      水で、しかもほとんど自宅用とのことで、低農薬栽培
      されたものです。

       

      (左側が 「武川米」、右はいつも食べてる福島のお米。これも旨い)

       

      低農薬な安心もあってか、精米が緩めなのか、日頃
      自宅で食べている福島のお米よりやや黄色みがかって
      いました。粒の大きさは同じくらい。ちなみに、
      「石名米」 の方は標高の高い所で作っているため、
      精米の加減ではなく、もともと粒のサイズが少し
      小さめです。

       

      (左は、佐渡の山の中で作っているという小粒の「石名米」)

       

      炊き方を事前に確認したところ、水の分量は普通で
      いいとのことだったので、素直に普通に炊いたら、
      炊き上がりもとくに見た目は普通だったので撮影も
      そっちのけで食べてみました。

       

      1回目の時は、ちょうどいい卵が手に入っていたので
      卵かけご飯にしてしまい、普通に美味しくて終わり。

       

      これでは米の味をしっかり確認できんということで
      次はかる〜くゴマ塩をかけて食べてみたら、GOODでした!
      で、ゴマのないところを食べてみたら、さらにお米の
      美味しさが際立つ気がしました。

       

      オススメとしては天然塩か何かで塩むすびにすると
      良さげです。お米の甘みというより、旨味がある感じ。
      たしか、ミネラルも豊富だと聞いたような…。

       

      (美味しかったので取り寄せようと思ったらちょっと値段高め)

       

      で、もともとあったかご飯よりも、冷えたご飯の方が
      好きという変わった趣味の私的には、このお米は
      冷えた時がその美味しさを最大限に発揮する気がしました。
      冷えたご飯をそのまま何もかけずに食べたのが一番
      美味しく味わえた気がします。


      梅雨のプリズン

      0

        ただ今、我が家はペンキ塗装用の足場で、二まわりほど
        大きくなっています。

         

        工程的には、3度塗りの内の1.5度といった感じで、
        下塗りが終わった後は、雨予報が続いていて、作業が
        停滞中。結構、早く乾くけれど塗装後4時間くらいは
        雨が降らない状態でないと、流れちゃうそうで…。

         

        何より、閉所恐怖症気味の私にとって苦しいのは、
        窓などにペンキが着かないように、やぶ蚊一匹たりとて
        侵入させませんぜといった見事かつ丁寧な養生(目張り)
        で、窓を開けるとビニールという状況。

         

        結構、原稿書きの合間など、気分転換に星空を眺めたり、
        日中も神社の森で目を休めたり、ついでに一服したり、
        冬でも少し窓を開けておいて冷たい空気が流れる感覚が
        ないと、死にそうな金魚みたいになってしまう方なので、
        うーん、ぱくぱくぱくぱく、マジ苦しい!

         

        てるてる坊主を吊るすにも、養生シートが張ってあるので、
        それすらもできないという…。このまま、幽閉が続くと、

        心の養生が必要となりそうです。ぱくぱくぱく。


        ツバメの巣で商売繁盛

        0

          風邪薬と解熱剤のダブル投与で、熱は下がったものの、
          なぜか喉の痛みは悪化の一途。

           

          ということで、内科でなく、耳鼻咽喉科に行くことに。
          診断結果は、扁桃腺炎。

           

          マイクロスコープで、患部を 「ほーらほーら」 と
          見せてくれましたが、白く膿んでてあんま正視したくない!

           

          もう少し膿んでいたら、即入院だったと言われました。
          声帯と患部で気道を塞いでしまうからだそうです。
          抗生物質を処方されましたが、致し方なし!

           

          どんよりテーマなので、気を取り直してツバメについて。
          九州新幹線についてではありません。先に言っておこう。

           

           

          久しぶりに、ツバメの巣を見かけました。
          昔と比べて、田んぼや畑など農耕地が減っているせいか、
          巣の大きさも小さめのように思われました。

           

          巣があったのは、商店だったので、ツバメは商売繁盛の
          鳥とされていることから、巣立つまで軒(ライト?)を
          貸してあげているようです。

           

          巣の下には、お客さんの頭に糞がかからないように、
          ビニールで帯状にカバーしていて、お客様への気遣いと
          ツバメへのやさしさに、ほっこりしました。

           

          そういえば、日本のツバメはスズメの仲間で、中華料理の
          ツバメの巣を作るツバメとは別の生き物(鳥ではあるけど)
          だということを、何かの取材で知りました。

           

          グルメ関係じゃなかった気がするのですが、どのジャンルの
          取材の時だったかが思い出せません(笑)。


          「3.11」 と検索しよう!

          0

            東日本大震災から7年になりますが、未だ仮設住宅で
            暮らす人たちや、福島では除染袋の山が積み上げられ
            続けています。

             

             

            5年目に福島の浪江町や大熊町の様子を見てきましたが、
            復興のための工事は進んでも、すでに震災から時が経ち、
            生活の拠点をすでに移動された被災者の方々も少なく
            ありません。

             

             

            私も父が7年前よりは格段に弱っており、ただ今入院中。

            以前ほどは積極的に応援活動ができなくなりました。
            だから、せめてできること。「3.11」 と検索してみました。

             

            【関連記事】
            ◇春の常磐自動車道
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2775
            ◇常磐自動車道で浪江町へ
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2776
            ◇コロコログマ(2011.3.11)
            http://kumakichi8686.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-e74b.html


            貝になるか、どこか遠くへ行ってしまいたい…

            0

              「さて、どうしよう」 と思考停止状態で、週末に仕上げなければ

              原稿のメモとICレコーダーを遠目で眺めつつ、ただ茫然としています。

              昨年までMAX1000文字だった企画が、リニューアルして文字量が

              なんと2.5倍になっていたことが今さら判明!

               

              編集部に1企画のMAXを確認したはずなのに、1企画の中の1枠の

              数字を教えられて、「わーい、文字数が半分になったー!」 と

              喜んでいたら、なんとそれが5枠もあるというじゃありませんか!?

               

              ギャラは1本2000円くらい下がっていたので、てっきり文字量が

              減ったと思っていたのに、なんなんだ!?

              全然、求人原稿のギャラには景気回復の余波が来ないどころか、

              凪なのか、いやどちらかと言うと引き潮じゃん!

              ってことで、怒っていても、泣いていても、締め切りは来るので、

              ちびちびと意味不明のメモ書きになっている部分を埋めるべく、

              ICレコーダー確認をしている今日今晩です。

               

              今日は、雪道が未だつるつるしている中、2カ所も撮影をしてきて、

              そっちもまた画像チョイスと編集部への納品しなくてはいけないし、

              やっぱり私は貝になりたい。引き潮に乗って、沖合に流れて

              いってしまいたい。ただ今、期間限定ウツ状態です。


              取材先は5つめの区

              0

                区内の撮影でしたが、バスは運行見合わせ。

                一応、30分待ってみましたが、ホントに来ませんでした。

                 

                (都区内とは思えぬ銀世界。11時でこの状況。根雪決定)

                 

                そのため、急遽、コース変更で、杉並区、中野区を越えて、

                新宿区で乗り換え、豊島区経由で練馬区入りしました。

                 

                電車も、車内アナウンスによると遅れているようで、

                目的地への到着がギリギリ5分前。

                通常だったら、1時間は余裕がありそうなくらい早めに家を

                出たのに、なんたること!

                都内の積雪に対するインフラの脆弱さは相変わらずです。

                 

                (雪の朝の畑を見るのが好き。中でも長ネギは雪上シンクロみたいでかわいい)

                 

                昨日、たっぷり取材した求人の方の原稿にも着手したい

                ところではありましたが、エリア情報の方も想定外な出来事が

                連発中で、原稿納品環境のブリザードはまだまだ猛威を

                ふるっているのでした、ふうふう。


                雪のニコライ堂

                0

                  今日の取材はお茶の水駅近くの企業でした。

                  これまで経験したことのない、6人連続取材、休みなし。

                  それぞれ部署も社年も違って、頭を切り替えるのに

                  苦労しました。しかも、かなりニッチな事業だったし…。

                   

                  そして、窓の外は雪。斜め振りの雪。

                  晴れていたら、「神田明神」 & 「天野屋」 さんにでも

                  立ち寄ろうと思っていましたが、そこまで行く勇気が

                  一足ごとに雪に埋もれる足元から消失していき、真っすぐ

                  帰宅することにしました。

                   

                  (かの、ジョサイア・コンドル氏の設計です)

                   

                  1年以上、お茶の水駅近くで学習塾用参考書づくりの

                  仕事をしていましたが、雪のニコライ堂を見たのは初めて。

                  っていうか、とくにもう一度見たいとは思いませんが。

                  http://nikolaido.org/)

                   

                  家に帰ってさくさく雪かきしたら、たった2時間でまた

                  10センチくらい積もっており、テレビのニュースを見たら、

                  都区内ツンドラブリザードエリアとして、練馬区の映像が

                  “テレビ映え” するのか、やたらと映し出されていました。

                   

                  都内でも代表的な豪雪地帯として認定されて、嬉しい限り。

                  結局、家周辺の雪かきに加え、庭木に積もった雪落としも

                  2回ほどしました。使用道具は物干し竿!

                   

                  孫悟空の如意棒の如く、庭で物干し竿を振り回して、

                  木の上の雪を叩き落し、そこにまた積もっていく状態の

                  虚しさに、モチベーションを上げようと、叩き落しては

                  カンフーの決めポーズをしたりして、変な奴ぶりを遺憾なく

                  発揮したのでありました。

                  明日は、腕が筋肉痛だろうなぁ、撮影があるのに。。。


                  ステージクリア後に敵がさらに強くなるのはゲームだけで…

                  0

                    今日は5回電車・バスを乗り換え、さらには
                    それぞれの駅からいずれも15分くらい住宅街に
                    入った場所まで歩いて、ひたすら掲載許諾を取り、
                    さらにその中から、来月インタビュー記事に出て
                    くれる人を探すという、無謀なミッションに挑みました。

                     

                    どこにいるんだ、善意の人よ!

                    赤でも、青でもいいから、糸がつながっていることを

                    祈るのみの行脚です。

                     

                    もちろん、インタビュー対象者には謝礼なし!
                    しかも、結構レアな条件を3つも満たしている人を
                    掲載許諾&撮影案件を通して探せって、もはやそれ、
                    テレビのバラエティのノリなんですけど…。
                    電気バイクを充電させてもらうより大変なのは
                    間違いありません。

                     

                    この案件を昨年末に依頼された時は、編集部からの
                    説明もようわからん文章だし、取材リストは施設名と
                    そのUPLが全く違っているしで、質問をいくつも
                    送ったのですが、とっとと正月休みに入りやがった!

                     

                    年末年始を挟んだので、かなり不安要素を内包した
                    案件ではあったものの、今さら他のライターにこれを
                    押し付けるのは忍びなく、チャレンジした自分に
                    「ドMなんじゃないだろうか?」と自問自答して

                    どこに行って、どのように対象者を見つけ出すか、

                    凍えた脳で考え続けました。

                     

                    移動途中には、別件で進行しているエリア取材の
                    掲載打診電話もしたり、確認電話をしつつ、どの
                    施設がどっちのエリアだったか大混乱!
                    パーマンのコピーロボットがほしい気分。
                    ほぼ営業職のような1日でした。

                     

                    現場でいろいろ新たな事態が発生し、それについて
                    編集部の担当者に確認しても即答してくれないし…。
                    初の企画で担当者も試行錯誤なのはわかるが、
                    今後の行程で発生が想定される課題の対応策を
                    なんで私が指示してるんじゃー!
                    ディレクション代、もらいたいわ!
                    と、2018年、初ギレをかましたのでした。

                     

                    何とか、砂漠から1本の針を拾い上げ、編集部に連絡し

                    帰りがけに再び 「久松湯」 に。リフレッシュというより、

                    脳内リセットしたい気分だったので、今日はタオルを

                    コンビニで買ってから行きました。

                    http://hisamatsuyu.jp/

                     

                    露天風呂に入って、空を見ながら、今日のことを考えると、

                    今回、私が編集部のムチャぶりをクリアしてしまったことで

                    他のライターさんたちにも同じ試練を丸投げしそうで

                    心配になってきました。みんな、ごめん!

                     

                    で、温泉ですが、2日続けて入ると、体の奥に溜まっていた

                    疲れが堰を切って流れ出るのか、凝っている自覚がなかった

                    ところまでもが瞑眩反応でか、痛みやコリとして顕在化し、

                    昨年からの疲れがマグマの如く噴出中です。

                    別エリアの案件も 「久松湯」 なら、途中下車すれば

                    寄れるので、湯治に励もうかな?


                    あけましておめでとうございます。

                    0

                      あけまして、おめでとうございます。

                      2018年が皆様にとって素晴らしい年となりますよう!

                      ワンダフルな出来事がたくさんありますよう、お祈りします。

                       

                       

                      私も、仕事をもうちっと頑張って、介護との両立を図って

                      行きたいと思っています。

                      高齢化社会で、介護を頑張っている方もたくさんいらっしゃると

                      思いますが、適度に公共サービスを利用して、ある時は

                      息抜きの時間を作り、一人で抱え込まないようにして

                      “介護生活” が “悔後時代” にならないようにいたしましょう。

                       

                      (初詣でご神酒とアタリメをいただいてきました)

                       

                      「穴八幡宮」 の 「一陽来復」 守りも無事、恵方に向けた

                      柱に張り付けて、2018年、さあ、スタートです!


                      | 1/48PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM