わんことお別れ

2017.05.27 Saturday 23:25
0

    今日も原稿書きは1本あるけれど、天気優先で配送作業。
    原稿は雨の日も書けるし、締め切りギリギリにならないと
    どうせ書く気でないし(笑)。

     

    配送エリアが来月から変わるので、というよりもともと
    狙っていたエリアに変えてもらったので、今回がこの
    坂道地獄が最後かと思うと…、確かに数回の配送作業で
    親しみは感じたものの名残惜しさはなく、嬉しい以外の
    何物でもないのでした。坂から解放されて万歳!

     

    一つだけ寂しさを感じるのが、坂の途中の家に行く際、
    向かいの家に住んでいるわんちゃん。

    リードが長いので、家の敷地内から道に出てくるのです。

     

    最初に配送に行ったら吠えて警戒され、なでなでしたら
    次の時は怪訝そうに見られつつも、気持ちよさげに
    なでなでさせてくれました。

     

    今回は、別れがつらくなるので、犬小屋からも出て
    来ないようだし、さっさと向かいの家に立ち寄って
    自転車に乗ろうとしたら、吠えられました。
    月に2回のことだから、忘れてしまったかなと思ったら
    私の足の周りをうろうろして 「なでて、なでて」
    みたいなそぶりをするのです。かわええええええ!
    子供の頃、噛まれたけど、やっぱり犬が好き。

     

    (ふんふんと嗅がれて、緊張しているくまたろうくん)

     

    近所のおっさんが出てきて、わんこをかまおうと
    したのですが、おっさんを避けて、リードがつっぱる
    くらいに追いかけてきました。

     

    (ペロンとなめられて、ビビっちゃったくまたろうくん)

     

    犬は賢いから、以心伝心なのでしょうか。

    記念にくまたろうくんと写真を撮ったら、くまたろうくんは

    わんこになめられ、ちょっとビビってました。


    【関連記事】
    ◇“白い犬”で、アニマルセラピー?
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=35

    category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

    「観音山」 が見つからない!

    2017.05.26 Friday 23:58
    0

      現在、月に何回かの配送業務で、体力強化を図っています。
      佐川並みに、エコな自転車配送必須、自動車NGだし、
      私の担当エリアはとにかくどっちに行っても坂・坂・坂!
      最初は配送物をどっさり積んでいる自転車のバランスが
      坂の途中では難儀で、止め方一つにも苦労したほど。

       

      そんな中、今まで何度も通っていた割に、全く気づかず
      利用していた歩道橋の名前を見て、「あれ?」 と
      思ったことがあります。

       

       

      西武新宿線・上石神井駅の北側を走る、新青梅街道に
      かかる歩道橋で、早稲田大学高等学院(通称:学院)
      近くにある 「観音山歩道橋」。
      学院生は毎日、通学に登山しているということですな。

       

      我が家からは自転車でも負荷のないフラットな場所に
      あります。形なき観音山の尾根を縦走してるだけ
      なのかはよくわかりませんが…。

       

      早稲田大学高等学院の敷地は、太田道灌が石神井城の
      豊島泰経を攻めた際に、陣を敷いた場所。
      確かに石神井城の堀代わりである石神井川は窪地と
      なっているので、石神井川目線で考えれば “山”
      と言えなくもないですが、どっから来た観音様?

       

      練馬区のHPを見たら、太田道灌めが戦勝を祈願して
      愛宕権現を勧請したことから 「愛宕山」 ともいうと
      書かれていましたが、愛宕権現は港区の愛宕神社から
      考えても軍神で、観音とは方向性かなり違うし。

      石神井城跡周辺の寺から考えると、「三宝寺」 は
      不動明王だし、「禅定院」 は阿弥陀如来だし。
      観音はどこにいるんだー!

       

      それとも、「三宝寺」 が武蔵野三十三観音の三番
      札所だからでしょうか。

      または、豊島氏の時代に、この辺りに観音堂でも

      あったのでしょうか。歴史浪漫っていうことに

      しておいた方が無難かもしれません。

       

      【関連記事】
      ◇「愛宕神社」 の 「出世の階段」
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2063

      category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

      崖っぷちの俊寛

      2017.05.20 Saturday 23:01
      0

        求人取材のご指名案件が入りました。
        現在、エリア情報7本を抱え、その内1本は掲載交渉中、
        1本は取材日決定、残り5本は鋭意執筆中という状況下で
        わーいとばかりに喜んでいられません。

         

        以前、私が書いた原稿で大物GETした後に、新たに
        作成した原稿では結果が出ず、背水の陣とのこと。

         

        なんでいつもそーゆーのばかり、回ってくるんじゃ!
        たまには、気楽に書かせてよと足摺りおめき叫べども
        甲斐なし。

         

        他に取られないためにも、結果を必ず出さねばならない
        案件は、実のところ嫌いではないのですが、同時進行の
        案件がゴールデンウィークの影響で通常の倍以上の量
        動いているとなると、イマイチ集中できません。

         

        しかも、来週半ばからは配送作業もあるし…。

        どれをどのように延ばしてもらうべきか、思案中です。

         

        でも、それぞれ受注する際に、締め切りを後延ばし
        してもらえるような布石を打っておいたので、何とか
        なるはず、なそうぞよ。

         

        もう数年、ライター生活をしていますが、文章は一向に
        うまくなりませんが、締め切り交渉だけは上達したのです。

         

        と気を取り直して、それぞれの進行予定を頭の中で調整
        していたら、編集部から明るい声で連絡が入り、
        「スカウトメールもつきました!」 とな。えええ!?

        実務未経験者向け&経験者向けのダブルとな。
        …もう、考える気力が湧きません。

        category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

        ばばのび

        2017.05.14 Sunday 23:39
        0

          現在、まだ打診先が決まっていない飲食店が2件、打診中が1件、

          取材に行く予定の飲食店が2件、さらにはエリア情報が2件で

          その内、1件はまだ行っていないというハードな状況です。

          理由は全てこのところ、グズついている天候にあり!

           

          エリア情報取材に加えて、配送シーズンもぶつかって、天気と

          勝負の毎日を送っています。

           

          そんなこんなで、ちょっと疲労が溜まってしまったのか、母の風邪を

          もらってしまいました。私はほとんど喉からくる風邪なのですが、

          今回は鼻水が止まらず、微妙に熱っぽい気も。

          「母の日」 どころか、鼻が詰まって 「ばばのび」 って感じです。

           

          よく風邪は人にうつすと自分は治ると言いますが、母は高齢なことも

          あってか、私にうつしてもまだまだ風邪っぽい声で、これがいつまで

          続くやら。とにかく、母より先に風邪を治し、若さをアピールせねば!

           

          category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

          介護と看護はちょい厳しい!

          2017.05.09 Tuesday 23:43
          0

            母が父を老々介護している我が家ですが、その母が風邪で
            倒れてしまいました。

            日頃は力仕事と母の補助作業だけでどうにか済んでいるところ、

            父の介護に母の看病がプラスされたばかりか、GW明けの

            取材ラッシュが重なって、私がぶっ倒れそうな状態でございます。

             

            取材は、エリア情報がほとんどなこともあり、晴天は必須。
            この数日は微妙に曇天気味なので、天気は予想できないものの
            締め切り直前の修羅場だけはバッチリ予想できます。

             

            さらに、母が風邪でよろけて転んでしまい、状況はますます
            赤信号点滅状態に。年寄りの風邪はなかなか治らないし、
            私がダウンする前に、母が父の介護までは求めませんが
            そこそこ自分自身の日常生活に復帰してくれることを
            今は祈るのみです。ひぃいい!

            category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

            「ALTA」 の看板工事中

            2017.05.02 Tuesday 23:55
            0

              友人と会うため、新宿で待ち合わせ。
              ふと 「ALTA」 を見上げたら、木村拓哉さんの
              タマホーム看板が外されて、工事中でした。

               

              そういえば、最近、宝塚の人のCMだったような…。
              いろいろあったし、契約が切れたのかなと一応
              オフィシャルサイトをチェックしたら、企業情報の
              CMギャラリーにはドカーンとスペシャルサイトが
              設けられていました。
              http://www.tamahome.jp/company/profile/tvcm.html

               

               

              ただ、私としては、東日本大震災の日、ALTAビジョンに
              映し出される津波の様子と、あの看板がセットになって
              いることもあり、ALTAビジョンを見上げるとあの光景が
              蘇ってしまうのです。

               

              改修後の看板に、新しく撮影された木村さんの写真に
              差し替えられるのか、契約切れで別の人に代わるのかは
              わかりませんが、あの時のままの看板でなくなることに
              対してはちょっとほっとしている私がいます。

               

              そういえば、あの看板入りで震災以降、というより
              結構最近、電車内から写真を撮ったことがあったのを
              思い出しました。その時も 「すでに6年以上、あの
              看板なんだな」 と思ったので覚えていたのです。

               

               

              JR新宿駅の中央線下り11・12番線ホームのはずれの写真。
              以前は新橋駅の烏森側のホームにある 「汽笛一声」 の
              庭のようなものかと思っていましたが、毎度車窓から
              見ていたら、何やら碑のような物が建っていたので、
              「中央線は飛び込み自殺が多いから?」 と思ったら、
              新宿駅改修工事で亡くなった方の慰霊碑だそう。
              新宿駅を通過する時の車窓の景色は、今後どう変わる
              のでしょうか。

               

              【関連記事】
              ◇コロコログマ(2011年3月11日の様子)
              http://kumakichi8686.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-e74b.html

              category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

              電話詐欺を初キャッチ!

              2017.04.23 Sunday 23:39
              0

                巷では 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」 の
                警告が書かれたポスターなどを見かけるし、
                母も一度、息子と名乗る男から電話があった
                そうですが、その声があまりに本当の息子の
                グダグダしたしゃべりっぷりに程遠かったため
                耳が少し遠いにも関わらず、すぐに詐欺とわかった
                というお笑いエピソードがあるものの、私は
                一度もそういった電話に遭遇していませんでした。

                 

                ところが、ついにそういう電話が!
                まず、母のところに母名義のクレジットカードが
                銀座三越で仮名付きの男に利用され、その男は
                築地警察につかまっているのですが…という複雑な
                展開過ぎて混乱していたので、替わってお話を
                うかがうことにしました。

                 

                戸建てなので先方が住所と名前を把握しているのは
                それほど驚くことではないのですが、どこまでの
                個人情報が洩れているのか確認したかったのです。

                 

                また、もともと母には持たせていないクレジット
                カードの番号とやらを聞き出そうとしても、一向に
                答えず、何が目当てなのかイマイチわからん展開に
                なってしまいました。

                少なくとも、どこで調べたのか、生年月日までは

                バレていたようで、とはいえ、母が使っている物の

                暗証番号には一つも生年月日は反映していないので、

                一応、安心です。

                 

                耳のところにICレコーダーをつけて話していたので、
                先方がこちらの理解を促そうとした際に、うっかり
                「ICレコーダーに録音しているので…」 と言った
                途端に、ガチャ切りされました。がーん!
                切ることないじゃーん、7分しか録音できなかった!

                次からは言わないで、もっといろいろ聞き出そうっと。

                 

                一応、勝手に名を語られていた築地警察署にも連絡し、
                内容はICレコーダーを再生して聞いてもらい、事例と
                して注意を促してもらうようお願いしておきました。

                 

                音源を提供しようと思ったのですが、それは犯罪集団
                がつかまった場合、照合にはつかえるものの、声紋
                鑑定などはいちいちしないそうです、残念。
                科捜研はどうした、科捜研は!?

                 

                それにしても、詐欺電話の声は、まともそうで
                なかなか声も営業マン的な人だったので、老人だと
                信じてしまうかもしれません。
                確かに弟のグダグダしたしゃべりっぷりと比べると
                (たとえ泣いてる演技をしていても)、断然スマート。

                なかなかあのマネはできないだろうなぁ。

                一方で、弟の電話のグダグダっぷりは社会人として

                どうなのか、そちらの方が微妙に不安です。

                category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                “コージュ”を知ったかぶり

                2017.04.20 Thursday 23:38
                0

                  介護施設での取材時に、話の流れで “コージュ” という
                  言葉が出て、メモする手が一瞬止まりました。
                  もちろん、表情は 「ふむふむ、なるほど、そうですね」
                  みたいな笑顔を作りつつ、メモにはカタカナで表記。

                   

                  流れ的に、白寿より高齢の祝いのようだったので、
                  “コージュ” の “ジュ” は “寿” であろうと
                  予想がついたものの、“コー” は高齢だから 「高」?
                  それとも、白寿以上ということは100歳以上ということ
                  だから、めでたいので 「煌」?

                   

                  などと、頭の中ではそれが小骨のように引っかけたまま、
                  無事に取材は終了。技術系の専門用語でわからない時は

                  その場で用語やプログラム言語の綴りを確認しますが、

                  今回は本筋に影響なさそうなので、最後まで質問せず。

                  後でこっそり調べてみたら、なんと “皇” だったのでした!

                   

                  何歳のお祝いかというと、111歳! ギネス級です。

                  “皇” がなぜ111かというと、まず上の白と下の王を
                  分けて、白は白寿の要領で考え、百から一を取った99。

                   

                  そして、王はどうするかというと、上下の二と真ん中の
                  十に分解して12。99と12を足して111となります。

                   

                  カバラ数秘術よりめんどくさそうな計算法です。
                  バラバラ漢字クイズに使えそうですね。

                   

                  ちなみに、白寿と皇寿の間には茶寿というのもあって、
                  こちらは108歳。やはり漢字パズル状態の考え方で、
                  “茶” の草かんむりを二つの十に、傘寿の要領で
                  下の文字を八十八に見立て、10+10+88=108だそう。
                  医療の進歩によって、生まれた言葉なのでしょうが…、

                  「生きられません、そこまでは」。

                  category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                  熊本城復興支援プロジェクト 「組み建て募金」

                  2017.04.17 Monday 08:21
                  0

                    桜新町の 「さくらまつり」 には、桜新町在住という
                    水前寺清子さんのオンステージもあり、その熱狂ぶりに
                    驚かされました。「チータ、チータ、チータ」 と連呼
                    する人、ジャニーズファン並みのキラキラうちわを
                    持参する人、花束贈呈に続いて水前寺さんにプレゼント
                    したい人に声掛けしたら長蛇の列で、ステージ前は
                    町民が大殺到。私はその熱い応援に卒倒寸前。

                     

                     

                    水前寺さんは、「さくらまつり」 直前は故郷である
                    熊本でも応援ステージを行ってきたそうです。

                     

                    私がよく撮影を依頼される杉並区は福島県南相馬市と
                    姉妹都市なこともあり、東日本大震災の被災地である
                    東北系の露店が多めですが、「さくらまつり」 では
                    熊本の物産店や、熊本城復旧のための募金アイテムが
                    売られていました。

                     

                     

                    物産店では、くまモングッズをはじめ、熊本名物の
                    太平燕(たいぴーえん)や、バラエティ番組でも
                    紹介されたという 「たけうちのとうふのみそ漬け」 が
                    販売されており、順調に売れていました。
                    http://www.tofumiso.com/main4.html

                     

                     

                    また、熊本城復旧の募金は、ダンボール熊本城の
                    組み立てキットとなっており、1つ2000円。
                    その全額が寄付金となります。
                    約30分で組み立てられるコンパクトサイズです。
                    http://www.kumitate-bokin.jp/

                     

                     

                    熊本城全体の復旧は、およそ20年はかかるそうなので、
                    お部屋にこの小さな熊本城を置くことで、地震の記憶を
                    風化させないという狙いもあるようです。

                    先日、ニュースで1万円の寄付で、熊本城の復興城主に
                    認定されるという 「一口城主」 について紹介されて
                    いましたが、それに比べると 「組み立て募金」 は
                    県外の人でも協力しやすい気がしました。
                    https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/fukkou/

                     

                    【関連記事】
                    ◇細分化されてて迷った熊本地震義援金
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2782

                    category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                    “元気度基準” はどうやって決めようか?

                    2017.03.22 Wednesday 23:34
                    0

                      新しい仕事の話があって、その打ち合わせに行ったら、

                      1年ぶりくらいにお会いした社長さんに 「顔色が悪い」

                      と言われてしまい、ショック!

                      父親のことで、自分でもくたびれきった雰囲気になって

                      いるなと思い、散髪に行き、ちょっと白髪が出ていた

                      部分を染めて、それなりに元気そうに出かけたのに…。

                       

                      さすが、社長をやるような人は相手の細かいところも

                      目ざといものだなと感心しました。

                      と同時に、家で鏡を見直してみたけれど、それほど

                      疲れ切った時よりはまあまあの状態にしか見えず、

                      私の中の “元気度基準” がいつの間にか引き下げられて

                      いたのではないかと気づかされました。

                       

                      前はどんな感じに元気だったのか思い出せず、過去の

                      写真とかあらためて見てしまったりして…。

                      時々会う人ほど、過去にあった時の印象との対比が大きく

                      なることもあってか、その差が歴然とするのでしょう。

                       

                      日々の少しずつの変化ってなかなか自分では気づかない

                      ものだと実感しました。

                      category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM