みどりの風 「練馬薪能」 2018

0

    練馬区立石神井松の風文化公園で開催された、みどりの風
    「練馬薪能」 に行って来ました。無料席での観覧です。

     

     

    17時開演でしたが、爺さんの夕食準備などで手間取って
    ちょっと遅れて現地到着。石神井公園側の南東門から

    能舞台のある 「花と木立の広場」 に向かう途中の
    雑木林の中に、点々と小さな明かりが灯されていました。

     


    遠くからはワイドスクリーンに映されている狂言の
    練馬区の名誉区民で人間国宝・野村万作様と、世田谷区に
    行ってしまった野村萬斎さんの声が聞こえてきて、
    森が情緒あふれる空気をまとっていました。

     

    (たくさん人が来ているはずなのに、森は静けさに包まれている)

     

    木立の合間から見える月も、秋の風情を醸していて、
    すでに演目は始まっているというのに、とくに急ぐことも
    なく、ゆったりと小径を進んでいきました。

     

     

    視界が開け、公園の中央にある管理棟の前には、テントが
    並んでおり、抽選の当選者用のチケット引き換えや
    プログラムの販売、イヤホンガイドの貸し出しを行って
    いました。イヤホンガイド500円、プログラム300円。

     

    (パンフレットと、チラシ最後の一枚)

     

    今年もまた抽選に外れた私は、一応、プログラムを購入。
    勢い余って、みどりの風 「練馬薪能」 のブランケット
    まで買ってしまったのでした。

     

     

    その横では、地元商店の飲み物や食べ物が販売されており、
    石神井公園 『パティスリーカシュカシュ』 のブルーベリー
    パイ、『伊勢屋鈴木商店』 のブルーベリー発泡酒のほか、
    隣町の大泉学園からは 『東京ワイナリー』 のワインも。


    今年はそれほど寒くはありませんでしたが、一昨年は
    とても寒かったと常連さんたちが語っていたので、お酒は
    結構売れるのかも?

     

     

    「松林の広場」 には大型スクリーンが設置され、椅子も
    ずらーっと置かれているので、多くの抽選漏れ観覧希望者も
    そこで舞台の様子を見ることができます。

     

     

    狂言の演目は、子供が観ても楽しい 「蝸牛」。
    「でんでんむっしむしー!」 というやつです。

     


    大型スクリーンの方には、小さい子供を連れたファミリーも
    いましたが、騒ぐ子もおらず、静かに鑑賞できました。

     

     

    狂言が終わったので、本物の舞台も遠巻きながら見て
    おこうと、「花と木立の広場」 方向へと移動しました。

     

    (周囲の会話を漏れ聞くに、リピーター率高そう)

     

    すると、「花と木立の広場」 の囲いの外にいるわいるわ、
    音漏れ参戦というより、のぞき観参戦の人だかりが!
    おかげで、遠くからでもどの辺りに舞台があるのかが
    わかりました。

     

     

    管理棟は 「花と木立の広場」 に飛び出た形の建物に
    なっていて、2階は車椅子の方や耳が不自由な方向けの
    観覧席になっているそうで、耳の不自由な方には謡や
    セリフの文字が表示されるiPadみたいな物が貸し出される
    と係の人が言っていました。むむ、来年も父が万が一
    生きていたら使えるかも? 同行者として。

     

     

    舞台方向は上演中撮影禁止なので、狂言と18時15分から
    始まる能 「土蜘蛛」 の合間に遠景で。

     


    階段状になっているのがS席なのですが、能が始まっても
    空いている席があって、「やれ、口惜しや」 と空席を
    恨めしげに眺めつつ、またワイドスクリーンの方に
    戻りました。

     

     

    「土蜘蛛」 は、前シテ(主役)梅若万三郎さん、後シテ
    梅若万佐晴さん、ツレ梅若紀長さんをはじめ、劇中劇
    「ささ蟹」 ありと、能としては華やかな演目。


    土蜘蛛の精が放つ、ゴダイゴのモンキ―マジックみたいな
    糸…、あれ何という名なのか謎ですが、それはスルーして
    とにかく動きがある演目なのです。

     

     

    遠くから見えた篝火と周囲の木々も幻想的でしたが、
    森の中に響く、笛や鼓の音がまさに幽玄な時間を作り
    出していたように思います。


    来年こそは当てるぞー! 当選者で来なかった人は、
    次の抽選は外すとかしてほしいな、練馬区!

     

    【関連記事】
    ◇みどりの風 「練馬薪能」 に行かずばなるまい、行こうぞよ
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3689


    「ゾウキリン」 ラッピングバスのもう一つのキャラは?

    0

      以前、新座市の取材の際に知った、イメージキャラクター
      「ゾウキリン」 が絵が描かれたラッピングバスを、
      西武池袋線・大泉学園駅近くで見かけました。
      http://www.niiza.net/zoukirin/

       

       

      ただ、そこには 「ゾウキリン」 以外にも、サンリオもどき、
      いやサンリオ中国版的なキャラクターも描かれていたのです。
      ちょっと調べてみたら、なんと、西武バスのマスコット
      キャラクターな上、昨年の11月から運行していた模様。
      「エンジェ」 という名前だそうです。えええぇぇえ!?
      いつも西武バスに乗っていたのに気づかなかった!
      http://www.seibubus.co.jp/angeroom/

       

      プロフィールを見たら、妖精のくせに時間に厳しいとな。
      いやいやいやいや、どう考えても、JR阿佐ヶ谷駅と
      西武新宿線及び池袋線を越して、長久保まで行く
      「長久保行き」 は1時間1本の時間帯もあるし、
      走る距離も長いし、高架していない路線も通過する
      こともあって、誤差10分どころか、ひどい時は40分
      遅れてきたこともあるというルーズさでしょう?
      暖かい国系の大らかな時間軸で走っている割には
      かなりプライドが高いようです。

       

      しかも、特技は時刻表の暗記!
      実践を伴わない知識は、特技とは言わず趣味だろ?
      と、西武バスを利用している者にとっては、突っ込み

      どころ満載のマスコットキャラクターなのでした。

       

      (この画像、使いまわしてる感、ハンパない)

       

      先日、川口では市のマスコット 「きゅぽらん」 と
      西武ライオンズのレオがコラボしているマンホールを
      見かけましたが、西武系は埼玉県キャラと積極コラボを
      展開しているようです。「コバトン」 ともするかもね。
      https://www.pref.saitama.lg.jp/kense/saitamaken/kobaton/index.html

       

       

      見かけたバスは、回送となっていましたが、おそらく
      行き先は 「新座栄」。大泉学園駅は 「吉祥寺」 行き
      のバスも走っていますが、さすがに血迷ってジョージ
      デビューする勇気はないと思われます。

       

      【関連記事】
      ◇新座市イメージキャラクターがなぜ 「ゾウキリン」?
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3549
      ◇立川の 「リラックマバス」
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1076
      ◇最新の 「リラックマバス」 4号車に乗車!
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1425
      ◇小田急 「きゅんた」 バス、かわええ!
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2464

      ◇川口市マスコット・きゅぽらんとライオンズコラボ!

      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3679


      てるてる坊主は、もともとは女の子

      0

        最近、困っていることがあります。それは介護! はもちろん
        なのですが、取材・撮影先に公園・屋外が多いこと。

         

        台風前から曇りの日が多く、天気予報で晴れと出ていても
        当日空を見ると、「たしかに日は出ている、が! 青空には
        見えない」 という状況。

         

        撮影画像の明度調整や、一般の方の顔をぼかすこと以外は、
        情報の捏造となるため、NGなので、背景を青空にするのは
        当然いかんのです。

         

        今日も、天気予報を見て張り切っていましたがイマイチ。
        編集部の人も 「青空出ませんね〜」 とやや諦めムード。
        それでも、地球は回っているし、締め切りは刻々と迫って
        いるし、一緒に天候の悪さに共感していても締め切りには

        容赦ない編集部だし…悩ましいところです。

         

        てるてる坊主でも吊るそうかと思いましたが、子供の頃に
        作ってみたら、頭でかすぎてか、吊るすと逆さまになり、
        あたかもタロットカードの 「吊された男」 でした。

         

        そういえば、「吊された男」 のカードは、苦難に耐えれば
        良いことあるさ的な意味があるので、現状まさにその状態と
        言えるでしょう。苦難=台風です。

         

         

        タロットカードの考察はまあ置いておいて、今日のテーマは
        てるてる坊主について。

         

        学生時代の講義で、「てるてる坊主は中国からの由来で、
        坊主というけど実は女の子」 とか、「七夕の瓜(それ自体が
        謎)は縦に切ってはダメで横に切る」 とか、どうでもいい
        ことだけを覚えています。全く、役に立たな過ぎる情報です。

         

        雑談の小ネタにも使えない意味の無さに、それでなくても
        少ない脳の記憶部分を占領されているのは困りものですが、
        なぜかそういう情報に限って、Deleteされません。

         

        てるてる坊主の起源をネットで調べたら、たしかに中国に
        「掃晴娘」 という風習があったようです。
        「掃晴娘」 は雨雲を払うための箒を持っている女の子の
        2D切り絵です。だから、頭が重くて逆さにはなりましぇん!
        日本に伝播した際、天候の祈祷をするのが僧侶だったことも
        あり、坊主になったという流れだそう。

         

        てるてる坊主についての曖昧な記憶については、スッキリ
        晴天気分ですが、撮影日のスケジュール調整については
        相も変わらず天気図とにらめっこが続きそうです。

         

        【関連記事】
        ◇縁起悪げなてるてる坊主
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1378


        みどりの風 「練馬薪能」 に行かずばなるまい、行こうぞよ

        0

          毎年、石神井公園の北側にある 「石神井松の風文化公園」
          で開催される 「みどりの風 練馬薪能」。
          人間国宝で練馬区名誉区民の野村万作さんプロデュースの
          イベントで、2018年は10月14日17時から開演となっています。
          https://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/koen/undo/matunokaze.html

           

          能は、梅若万三郎・紀長さんらによる 「土蜘蛛 さゝ蟹」、
          狂言は、野村万作・萬斎さんによる 「蝸牛(かぎゅう)」
          と王道演目です。
          https://www.city.nerima.tokyo.jp/kankomoyoshi/bunka/takiginoh/index.html

           

          練馬区では、義務教育中も、体育館で能や狂言教室が
          行われていたので、練馬区民には親しみがある能狂言。
          そのせいか、応募者も多いようで、毎年応募するも
          これまで1回も当たらず。

           

          ただ、近所の人の話によると、広場に特設される大型
          ビジョンでの鑑賞でも結構楽しめるとのこと。
          しかも、そちらは観覧無料です。無料…心地よい響き。

           

          いい場所が陣取れればそれなりに鑑賞できるし、屋外
          ならではの雰囲気だけでも味わえるかも…と以前も
          チャレンジしようと思ったことはあったのですが、
          あいにく小雨が降ったのでテンション下がって断念。
          今年は好きな演目だし、立ち見に挑戦してみようかな?

           

          【関連記事】

          ◇現代能 『陰陽師 安倍晴明〜晴明 隠された謎…〜』 鑑賞
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3664


          現代能 『陰陽師 安倍晴明〜晴明 隠された謎…〜』 鑑賞

          0

            大分前に予約したっけな〜と思っていたら、すでに9月。
            現代能 『陰陽師 安倍晴明〜晴明 隠された謎…〜』 を
            「新宿文化センター」 で観てきました。
            https://natalie.mu/stage/news/286194

             

             

            安倍晴明役は野村萬斎さん、そしてライバルである
            蘆屋道満役は人間国宝・梅若実玄祥さん、さらに
            二人の対決のキーとなる葛葉姫には元タカラジェンヌの
            大空ゆうひさんという、それぞれジャンルの異なる舞台人
            が集結し、イリュージョン的な要素や、術対決シーン
            にはプロジェクション・マッピングも使われていました。

             

            2階席でしたが、前の方だったので舞台全体が見えて、
            プロジェクション・マッピングもダイナミックに見る
            ことができ、結果的には良かったです。

             

            (右から二番目は 「清明神社」 からの花)

             

            ストーリーは、朱雀帝が宮中で陰陽師・安倍晴明と
            蘆屋道満に術比べをさせ、その勝負に負けた蘆屋道満は
            清明を恨み、一計を案じます。

             

            それは、清明の父である安倍保名のかつての許嫁で、
            非業の死を遂げた榊の前の霊を蘇らせることで、清明に
            復讐をするよう仕向ける作戦。そのため、榊の前の霊に、
            榊の前の死後、保名が狐の精・葛の葉と夫婦になって
            安倍晴明を生んだことを告げて、彼女の嫉妬や憎しみを
            煽ります。ある日、清明は母の面影を残す女性と
            すれちがい…というところで前半終了。20分休憩。

             

            後半はいよいよ、榊の前が清明のもとにやってきて、
            物の怪としての本性を発揮します。
            清明を狐の子であることを罵ったり、時に清明の母親・
            葛の葉の姿となって清明を惑わし、その演じ分けや
            つかみどころのなさや葛藤する様はさすが宝塚TOPスター
            という表現力。清明が翻弄されるのも納得の演技です。

             

            清明も蘆屋道満の策略だと気づきますが、父の許嫁だった
            榊の前をただ調伏することはせず、鬼に化した蘆屋道満に
            勝利して、榊の前の霊を鎮めます。
            ラストのセリフも静かな余韻となって響く展開でした。

             

            現代能というだけあって、新しい舞台技術は駆使して
            いますが、基本は、謎の人物と出会い、その人物が変化
            して自分の生前の苦しみを語り、能だとそこで踊るの
            ですが、陰陽師では術比べに替えて、最後は霊が静まり
            昇天するという展開は、正しく能の王道ストーリー。

             

            安倍晴明歴が長い野村萬斎さんの術比べシーンは安定感
            がありました。ご本人は50代で晴明役やっていいのかな
            みたいなことを言ってましたが、清明は実際、80代の
            爺さんになるまで生きていたので、まだまだ再演して
            ほしいです(笑)。

             

            【関連記事】
            ◇死から復活した陰陽師・安倍晴明のごとく
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3456
            ◇「真如堂」 で安倍晴明蘇生の 「五行之印」 を授与
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3473
            ◇安倍晴明の住まい・仕事場・眠る場所
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3472


            「JR東日本 ポケモンスタンプラリー2018」 やっと6駅!

            0

              取材でのお出掛けが続く今日この頃、交通費編集部持ちの
              今こそ、「JR東日本 ポケモンスタンプラリー2018」 を
              進めちまいましょうってことで、やりました6駅。
              http://www.jreast.co.jp/pokemon-rally/

               

               

              まずは、今回の映画の伝説ポケモンであるゼラオラ
              目指して新宿駅へ。西武新宿線で行ったけれど、
              スタンプ押せればOKです。

               

               

              そして、「エッシャー展」 を開催していた上野駅は、
              これまた今回の映画では欠かせないルギア爆誕ですよ。
              いつもと同じ入谷改札口前でした。

               

               

              さすがにこれだけJR東日本スタンプラリーに参加して
              いると、迷わず行けるようになりました。

               

               

              上野駅はゴール駅の一つでもあるので、ルギアが
              6駅目になるよう調整しておいたので、速攻、入谷口
              近くにあるコンビニ 「New days」 に突撃して、
              一応、飲み物など買って、いかにもついでという風で
              パスケースとオリジナルポケモンスタンプラリー帳を
              手に入れたのでした。

               

               

              スタンプを押して、6駅達成賞品をもらうことだけに
              専念していたため、撮影モードがズレてたのに気づかず、
              画像は微妙ですが、そのボケボケぶりに、わたくしの
              ポケモン愛が滲み出ているのでございます。

               

               

              「New days」 には、パンダ土産のほか、ポケモン土産
              なんかもあったりして、ちょっと誘惑にかられましたが
              包装のイラストにイーブイがいなかったので、思い止まる
              ことができました。間接的にありがとう、イーブイ!

               

               

              【関連記事】
              ◇「JR東日本 ポケモンスタンプラリー2018」 は55駅!
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3620
              ◇「ポケモンスタンプラリー2017」 賞品は郵送に
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3270
              ◇幅広い年齢層対象の 『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』
               (http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3619
              ◇「ポケモンスタンプラリー2015」 のコスプレピカチュウ
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2518
              ◇「ポケモンスタンプラリー記念スタンプ図鑑」GETだぜ!
               (http://nureinmal.jugem.jp/?eid=652


              「錯視」 以外の作品も見応えある 「ミラクル エッシャー展」

              0

                6月末日までのディスカウント・チケットを無駄にした
                私は懲りずに 「上野の森美術館」 で7月29日まで開催
                されている 「ミラクルエッシャー展」 に滑り込みました。
                http://www.escher.jp/

                 

                ようやく、異常な暑さがひと段落して、今度はすぐに台風が
                来ると言われている谷間を狙って来場した人も多かった
                ようで、15時頃に行列に並びましたが、約40分待ち。

                 

                 

                もちろん、待ちは覚悟していたので、蚊に刺されないよう、
                家でバンバン虫除けスプレーを噴射してのチャレンジです。
                それでも、『耳なし芳一』 よろしく虫除けしなかった
                首の後ろをやられたぜ!

                 

                 

                以前からエッシャーは好きな作家で、『ハウステンボス』
                に友達と行ったのも、チューリップやオランダの街並みより
                敷地内の美術館でエッシャーを観たかったからなのですが、
                なぜか未だに私が 「ハウステンボス号」 に乗りたかった
                だけだと周囲からは決めつけられており、不本意です。
                https://www.huistenbosch.co.jp/

                 

                (右上の 「でんぐりでんぐり」 がかわいい!)

                 

                『ハウステンボス』 の美術館でもたくさんのリトグラフ、
                有名作品を鑑賞しましたが、今回はイスラエル博物館が
                収蔵する作品で、一般的に “エッシャーっぽい” と
                思われないような初期の作品や、リトに比べ描線は太目
                にはなるものの味がある木版作品、さらには誕生日カード、
                デザインに漢字が使われているエンブレムなど、彼の一生
                を網羅できるラインナップとなっていて、見応えあります。

                 

                それぞれに「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」
                「技法」「反射」「錯視」 という流れでカテゴライズ
                されており、「聖書」「風景」 についてはこれまで
                見たことのない作品ばかりでした。

                 

                アマルフィ海岸関係の風景画と 「錯視」 は別の作家の
                作品のようにも見えます。

                 

                5つのカテゴリを観た後、後半3つのカテゴリを観ることで
                エッシャーの “ミラクル感” が強く感じられます。

                 

                 

                また、作品を観た後のお楽しみとして 「ミラクル・デジタル・
                フュージョン」 という、黒澤明監督の 『夢』 のように
                絵画の中に自分が入ってスマホで撮れるサービスもあって、
                そちらも40分くらい待つとスタッフの方が言っていました。
                うん、いいや、一人だし、Photoshopあるし…。
                http://www.escher.jp/s_digitalfusion.html

                 

                 

                ということで、記憶をたぐって 『ハウステンボス』 で
                買わなかったと思われるポストカードと、エッシャー調
                クリアファイルを買いました。
                上野なので、さりげにパンダが入っているのがポイント。

                 

                ポストカードは、できれば木版の 「地下聖堂での行列」
                という作品があれば買いたかったのですがなくて残念。

                 

                ただ、152点の作品が並んでいて、小品も多いことから、
                途中座って周囲の絵に囲まれて美術館内の空気を体感
                する余裕が持てなかったのと、実際、椅子がほとんど
                なかったので、ちょっと人ごみに立ちっぱなしで疲れました。
                それと、もう少し空間があれば、大作 「メタモルフォーゼ供
                を一周見渡せるドームみたいなのがあったら良かったなぁ。


                「JR東日本 ポケモンスタンプラリー2018」 は55駅!

                0

                  このところ、埼玉方面での取材が続くので、この時とばかりに
                  「JR東日本 ポケモンスタンプラリー2018」 の6駅達成を
                  目指したいと目論んでいます。
                  http://www.jreast.co.jp/pokemon-rally/

                   

                   

                  ただ、今年はこんなに暑いのに対象駅が55カ所となり、
                  スタンプ設置駅一つひとつが離れているので、計画的に
                  回らないと、“仕事ついでの6駅達成” が危ぶまれます。

                   

                  映画的には、ピカチュウとイーブイがほしいものの、
                  ピカチュウは桜木町駅、サトシのピカチュウに至っては
                  柏駅と、都内ではGETできないという過酷さ。
                  ピカチュウって確かこれまではポケモンセンターがある、
                  以前なら浜松町駅、近年は池袋駅が多かったのに、今年は
                  都内から飛び出して、常磐線と根岸線とは…。

                   

                  また、イーブイも千葉駅、リサのイーブイは桶川駅と
                  都区内パスどころか、休日おでかけパス(大人2670円)
                  が必要なくらいの広範囲。

                   

                   

                  ってことで、今日はまず取材帰りに池袋駅の 「モクロー」
                  をGETして、明後日の取材前にはまず高田馬場駅で、あまり
                  ほしくないけど数合わせのための「ヘラクロス」 を押さえ、
                  上野で 「エッシャー展」 を観て、幻のポケモン 「ルギア」
                  をGETしようと考えています。
                  帰りは埼京線利用で、映画ではキーとなっていたポケモン
                  「ゼラオラ」 を新宿駅でGETすれば、あと2つ。

                   

                  期日は、8月19日までですが、今年もおそらく6駅達成の
                  賞品が期日ギリギリだと郵送になりかねないので、
                  できれば7月中にクリアしたいと考えています。

                   

                  少なくとも、スタンプ台設置時間が子供向けの17時とか
                  ではなくなり、終電までとなったのは喜ばしいですね。
                  実際、前はかなり浮いてる感、ハンパなかったのですが、
                  JRでウルトラマンやガンダムのスタンプラリーを実施
                  してくれてから、大人の参加者も増えて、堂々と台に
                  近づけるようになりました。
                  今年も恥ずかしげもなくがんばろー!

                   

                  【関連記事】
                  ◇「ポケモンスタンプラリー2017」 賞品は郵送に
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3270
                  ◇「ポケモンスタンプラリー2017」 も大詰め
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3269
                  ◇幅広い年齢層対象の 『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3619
                  ◇「ポケモンスタンプラリー2015」 のコスプレピカチュウ
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2518
                  ◇「ポケモンスタンプラリー記念スタンプ図鑑」GETだぜ!
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=652


                  「ゼロがいい、ゼロになろう」 とB'zを励みに苦戦中

                  0

                    外壁の塗装工事のついでに、玄関ドアも替えちまおうと

                    いうことになり、ドアの業者さんを塗装工事の社長に

                    紹介していただき、蚊に刺されながら古い建築にどうにか

                    入れられそうなドアを注文できました。

                    今月はほとんど仕事にならず、とにかく工事を終わらせる

                    ことをゴールに頑張っています。

                     

                    別に、自分が塗ってるわけじゃないけどね(笑)。

                    それなりに大変と言えますね、通常通りに父のリハビリや

                    ショートステイをこなしつつ、母が疲れすぎないように

                    家事しまくってると、収入にならないけど、妙な充実感

                    だけあって、2カ月後の明細書がコワイ!

                     

                    さらに、PHSが2年後にサービス終了ってことで、更新の

                    タイミングを考え、一気に家族分も買い替えて、私はついに

                    やむなくスマホデビューです。

                    ガラパゴス最後の一人を目指していたのに無念なり!

                     

                    親の分は、年寄り用の簡単携帯だったので、あっさりと

                    データは赤外線でピピッといったのですが、ガラケーから

                    スマホのデータ通信は赤外線機能があってもNGって

                    ことで、地道に電話帳登録をしています。

                     

                    それにしても、スマホの 「0」 入力がうまくいかねー!

                    画面が閉じてしまうか、「;」 とか出ちゃって、自分の

                    気分の方が ( ;ω; )って感じです。

                     

                     

                    まだ、老眼の心配はないものの、中学時代から針に糸を

                    通すのも難儀して学年ビリ、今は背中の湿布貼りで

                    グッチャグチャしている不器用さが災いして、スマホ

                    スタートからいきなり挫折。

                     

                    「つらいつらいつらいとわめいてるばかりじゃ、心に

                    しわが増えるだけ」 なので、気分を上げるため、

                    マイB'z 様の 「ZERO」 をBGMに、コツコツ登録作業を

                    進めています。

                     

                    歌詞の 「ゼロがいい、ゼロになろう、もうまっしろ」

                    のごとく、私の電話帳はまっしろなのさ。

                    そうだ、何事もスタートってえのはゼロ地点ってことなのさ!

                     

                    全員の電話番号入力が終わる頃までには、何とかスムーズに

                    「0」 を表示できるようにしたいというのが、現在の

                    しょぼい目標です。


                    ウルトラな街 「祖師ヶ谷大蔵」、シュワッチ!

                    0

                      小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅周辺には、ウルトラマン
                      シリーズを作った円谷プロダクションがかつてあった
                      ことから、駅からもうウルトラな世界なのです。
                      https://m-78.jp/

                       

                       

                      ホームにも、駅名表示よりもでっかく書かれた
                      「ウルトラな街」 という文字も踊っています。
                      すでにワクワク度120%です、フォッフォッフォッ。

                       

                       

                      周りの目を気にせず、くまたろうくんをバルタン星人の
                      ハサミ(?)に突撃させてみました。

                       


                      1番線下りの発車音が 「ウルトラセブン」 のラスト、
                      2番線上りの発車音が 「ウルトラマン」 の出だしです。
                      ホームから、すでにテンションヒートアップ!

                       

                       

                      ホームを下りると、これまたウルトラなお出迎え。
                      新旧・ウルトラファミリーが描かれた柱がドドーンと
                      並んでいる様は壮観です。

                       

                      (左下が 「帰ってきたウルトラマン」)

                       

                      下り線のホームを下りると正面はエースとタロウ、
                      中央はもちろん、初代ウルトラマン、上り線の
                      方には、ウルトラセブンと、私が一番好きな
                      「帰ってきたウルトラマン」。

                       

                      (ゾフィー、いたー!)

                       

                      側面には、その他のファミリーが描かれていて、
                      思わず 「帰ってきたウルトラマン」 の次に好きな
                      ゾフィーを探してしまいました。ゾフィーはキングと
                      共に中央の柱の側面の一番上で、威厳を持って、
                      ポージングしてました。うっとり…。

                       

                       

                      改札を出ると、ウルトラマンの変身ポーズと共に
                      左手には 「科学特捜隊」 のマークも。
                      個人的にはTACとMATが好きですが致し方なし。

                       

                       

                      駅の北側の広場には、初代ウルトラマンの雄姿が。
                      ちゃんと股間ももっこり。リアリティが追求された
                      その姿に魅了されました。

                       

                       

                      駅前のウルトラマン像は力強く、街を見守ってくれる
                      守護神様と崇め奉っても良い威厳があります。
                      地域活性化という観点から見れば、まさに神!

                       

                       

                      街の至る所に、「こんなに必要なのか案内図」 と
                      いうくらい地域MAPが設けられていて、GoogleMAPは
                      必用なさげ。しかも、それぞれのMAPのウルトラマンの
                      ポーズが異なるのにも大興奮です。

                       

                      駅の南口のバスロータリー前にも、決め技である
                      スペシウム光線を放つウルトラマン。
                      なぜか、左足が負傷中のようです。

                       

                       

                      その裏側にも仁王立ちのウルトラマンがいて、商店街の
                      平和を守っています。広報版の上に描かれているのは、
                      アントラー、ビラ星人(?)、ガラモン、カネゴン、
                      ギャンゴ、そしてバルタン星人でしょうか。
                      ガラモンと判断したのは、ピグモンより凶悪そう
                      だったからです。

                       

                       

                      商店街は南北に交差しており、もともとは別の商店街
                      だったのだと思われますが、「ウルトラマン商店街」
                      の名で統一されています。ただ、南北・東西で
                      フラグの柄がそれぞれ微妙に違っていたので、それで
                      すみ分けしている模様。南北はバルタン星人が多め
                      だったので、嬉々として撮影しまくったのでした。

                       

                      【関連記事】

                      ◇「ウルトラマン・スタンプラリー」 10駅達成!
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2352
                      ◇帰ってきたぞ、JR 「ウルトラマン・スタンプラリー」
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2692


                      | 1/23PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM