『シャンシャンのベストお宝映像』 で2歳を祝う!

0

    生まれて24カ月(2年)で日本を離れてしまいそうだった
    上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャンの
    貸与期間が2020年12月末まで延期になって嬉しい私です。


    今のところ、起きているシャンシャンをまだ見ていません。
    せめて少しでも動いている姿を動画以外で見たい! と
    思っています。再チャレンジを胸に握りこぶし。

     

    そんなシャンシャンの2歳のお誕生日を心穏やかに迎える
    ことができたのは嬉しい限りです。


    と言っても、先日、見てきたばかりだし、母もたんこぶ
    作って寝ているので、以前購入したマガジンハウスの
    『シャンシャンのベストお宝映像』 を見ました。

     

     

    2017年7月25日の43日目から2018年2月15日の248日目
    までの成長記録となっています。
    対象がパンダじゃなかったら、ほとんど生物の教材DVD
    みたいな無機質な編集がお気に入りです。

     

    すでに、Vol.2も発売されているようで、表情や動きの
    かわいらしさはそちらの方が楽しめそうですが、動きも
    まだよちよちしていて、ママ・シンシンに舐めてもらって
    ピンク色の時代を見られるのは、やはりVol.1ならでは!

     

    シンシンの母性が時々垣間見えたり、シャンシャンの
    親子揃って何も考えていなさそうな様子に癒されます。

     

    【関連記事】

    ◇香香ちゃんが嫁入りしてしまう前に
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3922


    香香ちゃんが嫁入りしてしまう前に

    0

      「上野動物園」に行って来ました。
      友人がこれまでパンダを見たことがないという、
      深刻な問題(?)を抱えていたので、協力せねば
      なりません。
      https://www.ueno-panda.jp/

       

       

      私も香香ちゃんが一人暮らしになった様子を
      見たかったので、渡りに船?

       


      もう2歳なので、おそらくもう少し経ったら
      繁殖のため、中国に戻るか、別の国の動物園に
      嫁入りしてしまうと思われるので、見られる間
      見ておかねば!

       

       

      やや空いているという、平日の昼食時間に
      ぶつけて行きましたが、久しぶりの晴天で
      皆さんお出掛け気分になったのか、40分待ち。

       

      (短い時間しか見られないので、こちらに顔を向けてくれてただけ感謝)


      ただ、並ぶ列のコース取りを木陰の方に作って
      くれたので、暑さにくらくらせずに済みました。

       

       

      そして、前回同様、香香ちゃんを30秒ほど
      見ることができました。体操場で寝てました。

       

      (生きる気力あるのだろうか?)


      できれば、一度は動いている姿が見たい気も。

      父ちゃんの力力(リーリー)が隣の運動場に、
      「どうしてその態勢?」 といううつ伏せ寝で
      だらだらしていました。

       

      (食事時間以外は、すみっこの地面が定位置らしい…)

       

      お土産屋さんには、「ぬいぐるみほんとの大きさ
      パンダの仔284g」 という生後10日の香香の重さを
      再現したぬいぐるみが売られていました。

       

      (見た目からは想像できないずっしり感)

       

      結婚式のウェイトベアのよう。見た目からは意外な
      ずしっと感がリアルです。

       

       

      迷った結果、香香がママと親子で暮らしていた時の
      愛らしいクリアファイルを購入しました。

       

       

      かわいい、可愛すぎる! こういうシチュエーションの
      姿が見たかったけれど、抽選で見られる時期に4回
      応募して外れたので、クリアファイルで我慢です。

       

       

      ファイルの裏面は親子の後ろ姿の写真でこれまた
      愛らしい! まだ、ピンクっぽい時期の写真ですね。
      パンダは、そのままで癒される真の “リラックマ”です。

       

       

      上野駅には、「パンダのうんこ」 なる緑色のお菓子
      が売られていましたが、前に力力がぶりぶりして
      いたのは黄色かったけど、そこは追求しません(笑)。

       

       

      「不忍池辯天堂」 には、パンダのお守りも売られて
      いました。黄・青・桃・緑は、それぞれ金運、仕事・勉強、
      恋愛、健康運でしょうか。
      http://bentendo.kaneiji.jp/

       

      一時期、パンダ不在時期に上野動物園の取材をした時、
      上野の町全体がどことなくさびれていたのに驚きましたが、
      やはり上野はパンダあっての上野。
      米中の関係が微妙ですが、パンダ外交は別物として
      継続してほしいと願っております。

       

      【関連記事】
      ◇待つこと40分、追い立てられて見学1分、香香爆睡
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3670
      ◇「上野動物園」 でゆっくりパンダ観賞
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3393


      【モロッコもろもろ3】 ハマム・スパ&アルガン油・ローズ水

      0

        シャウエンの “青い街” と、夕日や朝日に照らされた
        サハラ砂漠のロマンチックな風景…、それだけでも
        SNS映えする上、モロッコが女子に人気な理由の一つと
        思われるのは、リラクゼーション&ビューティーを
        満喫できるからだと思います。

         

         

        パンフレットに 「香りと癒しでオリエンタル気分」
        と謳っているのは、あながち嘘ではありません。
        ただ、それぞれの街に移動する行程と、寒暖差・乾燥
        には注意が必要ですね。

         

         

        モロッコには、公衆浴場 「ハマム」 というものが
        あり、こちらは浴槽のお風呂ではなく、体を温める
        サウナのような施設です。イスラム圏に旅行したことが
        ある人であれば、お馴染みの施設。

         


        地元民が行くローカルハマムと、アラビア文字の表示
        だけでなく、フランス語や英語の説明も付いていて、
        英語が話せるスタッフもいるツーリストハマムが
        あります。コースをいろいろカスタマイズできる分、
        言葉が通じるツーリストハマムがオススメ。

         

        館内にハマムが設けられているホテルもあるので、
        そちらを利用すれば、荷物の紛失などの心配をせずに
        ゆったりと寛げるでしょう。要予約。

         

        (待合室。抑えた照明で、ラグジュアリーな雰囲気を演出)

         

        私は、マラケシュまで行く頃には、やや坐骨神経痛の
        兆候が感じられたので、後の行程は、観光→機内泊→
        観光→機内泊で帰国という、安らげなさそうな日程
        だったこともあり、マラケシュでマッサージをお願い
        することにしました。が、宿泊したホテルのスパは
        予約いっぱいで、20時終了と頑なに断られ…。


        しかたなく、隣のホテルが21時まで営業していると
        いうことで、そちらで施術を受けることにしました。

        50分で6000円くらい、しかもアルガンオイルでの
        全身マッサージです。日本と比べても安いかも?

         

        照明を抑えた空間に、花の香りが漂い、水に浮かんだ
        キャンドルが揺れて、スタンダードにいい雰囲気。
        オイルマッサージはおばちゃんの熟練したストロークで
        心地よかったので、チップを渡したら、おばちゃんが
        「い〜っひっひ」 と笑ってくれて、どん引き。


        でも、技術は確かだったし、時間もちゃんと50分。

        その場ではスッキリという感じではなかったのですが、
        翌々日、機内で座っている時に体が楽になった実感が
        ありました。おそらく、トドメの 「い〜っひっひ」 は
        『魔法陣グルグル』 のククリちゃんのおばば的な
        秘術的な呪文だったに違いありません。でもトラウマ。

         

        天然素材の美容化粧品がいっぱい!

         

        マッサージで使用してくれたアルガンオイルは、
        日本やモロッコ以外の国では 「モロッカンオイル」
        と呼ばれて親しまれているアレです。

         

        (左の棚はコスメ系、右の棚は食用)

         

        そんなアルガンオイルの生産地にも行きました。
        山の中にあり、アルガンの実は、そんな寒暖差が
        激しい環境の方が高品質の製品となるそうです。

         

        (二つとも同価格。私は大きい葛籠を選ぶタイプなのだが)


        それだけに、お値段は高いし、絶対ディスカウント
        しないと、事前に添乗員さんから釘を刺されて
        いました。本当にどんなに交渉してもまける気なし!

         

        しかも、ふと棚の商品を手に取って見ていると、
        どこからか販売おばばが猛禽類のように湧いて出て、
        私に至っては、すでにレジで商品を包んでもらって
        いるのに、ガシッと両肩をつかまれ、「それでなく
        こっちにしろ」 とすり替えるという強引さ。

         

        (新製品。かつアルガンオイルより効果があると言い張る 「サボテンオイル」)

         

        内心、そちらにも興味はあったのですが、それを
        読み取る、その洞察力に敬服して、オススメの
        高価な 「サボテンオイル」 を購入したのでした。

         

        おばばによると、アルガンオイルよりシミと皺に
        効果ありだと連呼。アルガン+サボテンの方を
        買いたかったのですが、これも運命と割り切って
        800ディルハム(ほぼ1万円)を支払いました。

         

         

        もちろん、本場のアルガンオイルは購入する予定
        だったので、500ミリリットルの方をチョイス。
        これまた、800ディルハム(ほぼ1万円)。


        1リットルのはでかくて、私のトランクには
        入れる余裕がなかったのです。
        1リットルの物は、顔だけなら3年は十分に持つ
        だろうとのことでした。

         

        確かに、お試しでかる〜くワンプッシュしただけで
        顔全体に伸びるくらい塗りたくれます。
        それでいてベタベタしないのも気に入りました。

         

         

        さらに、洗顔用のアルガンオイル石鹸もあって、
        箱はしょぼいけど、80ディルハム(約1000円)。
        美容には洗顔が大事ってことで、4つも購入。

         

        それまで、ほとんど買い物をしなかったのに、
        猛禽類おばちゃんの呪いで、タガが外れました。

         

         

        化粧品だけでなく、食用のオイルも売られており、
        こちらは抗酸化作用があるため、体の中から老化を
        防止できるようです。

         

         

        こちらも、試食用のオイルが置かれていて、右から
        アルガンオイルプレーン、蜂蜜入り、アーモンドの
        ペースト入りの3つが並んでいて、ついでにパンも
        用意してあって、塗った感じの味わいも試せます。

         

         

        作業工程の見学もでき、撮影有料ですが、銀杏の
        ようなアルガンの実を叩いて壊し、その中身を
        磨り潰すという、手間のかかる作業。

        高価な値段設定にも致し方ありますまいて…。

         

        (下の方にオイルが少しずつ流れています)


        作業するお姉さんも最初は緊張した表情だったり、
        うつむき加減でしたが、そこは求人サイトの撮影で
        新卒社員を撮影する時のノウハウを生かして
        自然体の表情を撮影でき、大満足です。

         

        そんなアルガンオイルと、激高の 「サボテンオイル」
        ですが、今のところ、もったいなくて使っていません。
        まず、洗顔石鹸でその効果を試してみようかな?

         

         

        そして、もう一つ! 美容関係でモロッコの名産品と
        されているのが、ダマスクスローズです。


        「バラの谷」 と呼ばれているケレアメグーナに
        自生するダマスクスローズを使った石鹸や化粧品、
        ローズウォーター。パック、洗顔、洗髪などに使える
        ローズ入りガスールなど。

         

        ガスールは、簡単に言うと泥パックみたいなやつ。
        日本だと 「クレイ」 という名で売られているのを
        見かけた覚えがあります。こちらのクレイ(粘土)は
        アトラス山脈のもの。

         

         

        私もガスールには興味があったので、バラの香りに
        包まれているガスールを購入。袋に入っているし、
        トランク内で破損しないようタオルなどで包んで
        おいたら、トランク中、バラのいい香りになって
        いました。石鹸も買えば良かったと後悔。

         

        (「釣った魚には餌をやらない」 がモットーらしい接客)

         

        ただ、全体にリーズナブルなのは好印象でしたが、
        ガスールを買って使い方が書いてないので、店の人に
        その旨伝えたら、さっと指差し、その先には日本語
        説明の紙が。説明書ではなく、説明板なので、各自、
        スマホなどで撮影していました。
        アフターフォローはイマイチでした。

         

        ガスールは、月に1回程度、使えば良いそうです。
        同じツアーで即日、ガスールを試した人の話によると、
        塗って10分ほどでパリパリ乾いてくるので、泥を
        払って洗顔。使い勝手は良さそうです。

         


        ガスールしてから 「サボテンオイル」 が美肌への
        近道でしょうか。


        【関連記事】
        ◇【モロッコもろもろ1】 幸運のコウノトリ&お守り・ハムサ
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3881
        ◇【モロッコもろもろ2】 お腹を壊さず、グルメを満喫しよう♪
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3882
        ◇【モロッコ撮影素材1】 世界遺産は猫の楽園
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3871
        ◇【モロッコ撮影素材2】 SNS映えする街ごとのテーマカラー
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3872
        ◇【モロッコ撮影素材3】 土産物店もギャラリーのような鮮やかさ
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3873
        ◇【モロッコ撮影素材4】 王道・世界遺産
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3874
        ◇【モロッコ撮影素材5】 空と大地、光と影、時どき雨と雪
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3875


        バスソルトでほっこり♪

        0

          父の転院が無事完了してひと段落かと思いきや、
          前の病院との看護体制の違いにとまどう日々です。
          母もダウンしてしまい、途方に暮れています。

           

          まずは、このところ、寒い日が続くのでお風呂で
          体を休めてもらおうとバスソルトを購入しました。
          父は皮膚が弱くて、ハーブ系のバスソルトでも
          老人性の痒みが発症してしまうので、使うことが
          できなかったのです。

           

          我が家のバスソルト定番は、やはり 「クナイプ」。
          ドイツ人の神父であり、自然療法士でもあった
          セバスチャン・クナイプ氏考案のバスソルトです。
          https://www.kneipp.jp/

           

          ボディーケア製品だけでなく、医薬品や栄養補助食品、
          お茶など、さまざまな商品があって、本国・ドイツ
          では保険が利用できる物もあると聞いたことがあります。

           

          バスソルトは、天然ハーブの精油と岩塩が使用されて
          いて、とくに岩塩は2億5000万年前の古代海水から
          精製されたもので、実際にいろいろ使用した中でも
          保温効果が高いと思います。

          2億5000万年前と言ったら、「ペルム紀」 だよ!

          地球史上、最大の生物絶滅期の海水というだけでも、

          何やら本格的な “バス浪漫” ではありませんか!

           

          風邪や花粉症にも効果的なユーカリはオススメ!

           

          いろいろ使った上で、私のお気に入りは 「ユーカリ」
          「オレンジ・リンデンバウム」。

           

          殺菌作用があって、風邪の初期症状や花粉症にも
          効果的と言われている 「ユーカリ」 は、お湯が
          淡いグリーンになるので、見た目も好きです。

           

          香りだけからすると 「オレンジ・リンデンバウム」 も
          保温効果が高く、デトックス効果も期待できるので
          好きなのですが、お湯の色がオレンジっぽい色になり、
          色は 「ユーカリ」 の方が好みなので、色優先で。

           

          久しぶりに買いに行ったら、これまで気づかなかった
          商品もありました。クマの絵が描かれたラベルに
          「あしたも笑って」「きっとうまくいくよ」 という
          商品名になっている、ちょっと自己啓発や癒し系の本の
          タイトルみたいなバスソルトです。

           

          (入浴しなくとも、すでにほっこりしとる!)

           

          それぞれのテスターが置かれていたので、両方ブヒブヒ
          嗅いでみたところ、「あしたも笑って」 はネロリベース
          だそうで、柑橘系&フローラルな香り。

           

          ストレスや緊張感をほぐしてくれる作用があるそうで、
          「ユーカリ」 はボトル買いしたのですが、こちらも
          1回分の袋売りをパケ買いしました。使うかは未定(笑)。

           

          パッケージのイラストは 「きっとうまくいくよ」 の
          クマの方がかわいかったのですが、こちらはバニラと
          ハチミツエキス、マカデミアナッツオイルを配合した、
          リラックマが好きそうな甘い香りで、ちょっと苦手な
          タイプだったので、やむなく無駄なパケ買いは断念
          することにしました。

           

          ハーブやアロマオイルは、西洋占星術にも連動しており、
          母は水瓶座なので 「ユーカリ」 と相性がいいはず!

          これで少し疲れを癒してもらえたらなと思っています。

           

          星座別アロマは以前、このブログで紹介したので、
          アロマオイルやバスソルトなどの購入時の参考にして
          いただければ幸いです。

           

          【関連記事】
          ◇星座別アロマで開運
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1382


          待つこと40分、追い立てられて見学1分、香香爆睡

          0

            香香が大きくなり過ぎない内に、愛でに行かねば!
            ということで行って来ました 「上野動物園」。
            http://www.ueno-panda.jp/

             

             

            香香1歳記念の看板もやや背伸びして撮影。
            どのポーズも愛らしさ全開です♪

             

             

            自動販売機でチケットを買ったら、いろいろ絵柄がある
            中で、ラッキーにも白黒パンダ親子をGETできました。

             

             

            前は生まれたて香香のパンダらしからぬ、へにょんと
            した姿だったので嬉しいです!

             

             

            行列は40分という表示が出ていましたが、35分くらいで
            屋外の方の香香たんを見ることができました。

             

             

            列の途中には、一人1個ということで、香香うちわが
            配布されていたので、もちろん、汚れ・傷の無い物を
            センサー並みのスピードでチェックし、GETしました。
            もったいなくて、扇げない!

             

            (映像の切り替わりが早いので、できれば香香のいる場所は長めにしてほしい)

             

            室内の展示室前にはパンダ舎の定点カメラ映像が
            映し出されていたので、事前に屋外にいると知れるし、
            待っている間も屋外の様子がわかっていいですね。

             

             

            7月中旬から竹が食べられるようになったという香香。
            ってことは、今までのように遊ぶよりも、ひたすら
            座って食べ続けるか、寝るかの二択生活になるということ。
            ちょっと寂しい気がします。案の定、爆睡してました。

             

            (爆睡してピクリとも動かないー!)

             

            でも、ママの真真(シンシン)が動き回っていて、
            「早く進んでください」 と追い立てられるわずかな
            制限時間中に、水飲みに来てくれてラッキー!

            パンダはやっぱ大人でもかわい過ぎですおぉおお。

             

             

            思った以上に香香は大きくなっていたし、もうママっ子
            じゃなくなった分、ピンク色でもなかったけど、真真に
            比べるとやはり小ぶりで、丸まって寝ている姿もころん
            としてて愛らしかったのでした。

             

            (それぞれに自分の本能に忠実に生きるパンダ親子)

             

            和歌山の 「アドベンチャーワールド」 でも子パンダが
            生まれたし、中国に返さず、日本生まれ同士で繁殖を
            目指してほしいですが、向こうも女の子なんですよね。
            ううう、無念なり。
            http://www.aws-s.com/animals/panda/

             

             

            10月には、「上野の森美術館」 で 「フェルメール展」
            が開催されるので、その時にまた香香を見に行こうっと。
            涼しくなれば、屋外にいる率も高いし、今度こそ
            遊んでなくても、動いている香香を見てみたいです。
            http://www.aws-s.com/animals/panda/

             

            【関連記事】
            ◇「上野動物園」 でゆっくりパンダ観賞
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3393
            ◇大連動物園の大熊猫
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=975
            ◇都内の天然温泉 「鴎外温泉」
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=724


            「ぐでたま5th×西武線スマイルトレイン10th」 電車

            0

              京急120周年はリラックマ15周年とのコラボだったのに
              対して、おわい電車・西武鉄道はスマイルトレイン10周年と
              ぐでたま5周年のコラボ。微妙に落差を感じるのでした。
              https://www.seiburailway.jp/railways/gudetama/

               

               

              西武新宿駅ビルの 『サンマルクカフェ』 で、カスタード味の
              ぐでたまチョコクロを食べて、ホームに上がったら、なぜか
              30000系ぐでたまスマイルトレインが停車していました。

               

              (ぐでたま大繁殖中)

               

              『銀河鉄道999』 のように西武池袋線を走っているのだと
              思っていたので意外。
              確認してみたら、8月中旬から11月頃までは、新宿線・拝島線
              を運行していて、それ以降はまた池袋線に戻るそうです。

               

              (西武池袋線で見かけた時の、やる気なさげな先頭車両)

               

              池袋線で見た先頭車両は、超情けない表情でしたが、
              西武新宿駅にはニコニコ顔で入線してきました。

               


              ってことは、拝島へ向かう時は、やっぱりあの情けない顔の
              方が先頭車両になるようです。あっちがメインなのか!?
              納得できん! 仮にもスマイルトレイン10周年だろ!?

               

              (千と千尋のカオナシを座らせたいような椅子)

               

              車体だけでなく、椅子もぐでたま仕様になっていました。
              ドアにもぐでたま柄のテープのような物が貼られていて、
              車内映像もぐでたま。ここまでくると癒されるというより、
              どっちかといえば、ややウザい気がしなくもなく…。

               

               

              でも、通勤ラッシュ時は、多少は乗客の心を癒すとか、
              それなりに存在感を発揮しているのかもしれません。

              ただ、先頭車両の表情があれじゃなぁ…。

               

              以前、『銀魂』 のスタンプラリーを開催してたけど、

              『銀魂』 じゃ死神だからダメだったのかな?

              西武線の広報戦略を理解しきれない私です。

               

              【関連記事】
              ◇「リラックマ15th×京急120th記念」 企画は範囲広すぎ!
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3524
              ◇まだ走っていた、「京急リラックマトレイン」
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2947


              AGARISM 「モイスチャライザーアガリズム」 は不精な私に合う!

              0

                フェイスカッサを買ったのはいいのですが、何度か
                やる内に 「やっぱ、何かクリームっぽいやつがあった
                方がやりやすいかも」 と気づくも、もともと顔には
                塗って日焼け止めくらいしかもっていないのを発見。


                私に比べて “美意識の高い” 友人に聞いてみたら、
                っていうか洗顔して終わりの私に比べて低い人は
                ほとんどいないのですが、とにかく情報収集しました。

                 

                ネットのランキングに懐疑的な私としては、たとえ
                その友人がネットランキングで買っていても、友人
                フィルターが通れば信頼できるのです(笑)。

                 

                 

                で、モイスチャライザーアガリズムというものを先に
                “カッサる” ところに塗って使っています。
                何だか、そのままやるより、血行促進する気がします。

                 

                単に10日くらい顔マッサーをしたことによる効果かも
                しれませんが、モイスチャライザーアガリズムを
                塗るところも、フェイスラインだったり、眉からおでこ、
                頬骨に沿ってといった感じでカッサと同じコースの
                簡略版みたいなのが推奨してあったので、W効果に
                なっているのかもしれません。

                 

                スティックタイプで、減ったら下からウリウリ出せて
                適度な硬さと柔らかさがあるので、カッサる前の準備
                運動のようになっていいのかも?

                 

                たぶん、所要時間は全部で3分もやっていませんが、
                少なくとも日常生活で表情筋を酷使していることに
                気づくことはできます。

                 

                とくに撮影では、眉間にしわを寄せやすいので、撮影を
                した日にやると、おでこ気持ちええ♪

                さらに、モイスチャライザーアガリズムが表面に少し
                ついて、濁ってしまったフェイスカッサを洗って
                ピッカピカのガラスになると、それはそれで気分が
                いいのでした。うん、精神的にもいい習慣!

                 

                【関連記事】
                ◇「ReFa」 のフェイスカッサで疲労顔を撃退中
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3595


                「ReFa」 のフェイスカッサで疲労顔を撃退中

                0

                  パスポート写真に向けて、付け焼刃でフェイスマッサージ
                  しようとおもって、「顔・ころころするやつ」 という
                  キーワードで検索してみました。

                   

                  そうしたところ、TOPに 「ReFa CARAT RAY」 の広告が
                  表示され、そういえば 「ReFa」 というブランド名は
                  聞いたことが!

                   

                  ビューティー系のフリーペーパーの校正業務をやって
                  いた時だったかもしれないけれど、商品名だけでなく、
                  リファカラットレイの形も見た覚えがありました。

                   

                  リファカラットレイは何種類かありましたが、どれも
                  25000円前後と、予想外の高額商品でした、がーん!
                  価格コムでも、それほど安くはなかったので、適度に
                  リンパの流れを促進できればいいと、フェイスカッサ
                  というのにしてみました。
                  http://www.refa.net/item/refa_face_caxa/

                   

                  (花びらみたいな不思議な形)

                   

                  深夜にAmazonに注文を入れたら、即日に到着して驚き。
                  3つの突起部分は、大きいカーブがクレセントライン、
                  小さいの2つがダブルホーン。人間工学に基づいた
                  デザインになっているそうです。

                   

                  (クマくんのお顔がシャープになるかしら?)

                   

                  やり方が書いてあったので、その通りにやってみたら
                  それぞれ1部位3回程度なのに、顔が温かくなります。
                  まだ、数回しかやっていないので、どうなるかはまだ
                  よくわかりませんが。

                   

                  顔以外では鎖骨、ビューティー系を書いていた時の言葉で
                  いうとデコルテ部分のやり方が、イマイチうまくできて
                  いないようなので、今後練習の余地ありです。

                   

                  少なくとも、介護で眉間に縦ジワ気味の日々の中で、
                  表情筋の刺激にはなりそうだし、テレビ見ながらでも
                  簡単にできるし、続けられそうなのがいいですね。


                  北九州空港の足湯 「準天然光明石温泉」

                  0

                    スターフライヤーに乗るのを目的で出掛けた旅行で、
                    もう一つのテーマが 「北九州空港の足湯に入る」
                    ことでした。おそらく、この目的で北九州までいく
                    バカはおらんでしょう。オンリーワンだぜ!

                     

                     

                    行きは、飛行機の到着に合わせた小倉行きのバスが
                    待っていたので、足湯の時間がなかったため、帰路は
                    小倉観光をスルーして、早めに北九州空港に到着。
                    http://www.kitakyu-air.jp/

                     

                     

                    飲食店や展望デッキがある3階に足湯があります。
                    晴れていたので、空港までの道や滑走路も見え、
                    開放感がある足湯コーナーに。入湯料100円です。

                     

                     

                    タオルを持っていなかったので、北九州空港オリジナル
                    タオルも買いました。こちらも100円。

                     

                    (奥の方からお湯が出ているので熱めだと入り口のおじさんが教えてくれた)

                     

                    最初はちょっと熱めな気がしましたが、段々慣れて
                    きて、お湯が出ている上流の方に移動して行きました。
                    BGMにはずっと “カセットレコーダー” からZARDが
                    流れていて、こちらもレトロ〜にリフレッシュ。

                     

                     

                    こちらの足湯は、天然温泉ではなく、医薬部外品の石。
                    自然界に存在する天然鉱石の中で、最もイオン化作用の
                    強いとされている薬石光明石を泉源体として作られた
                    人工温泉です。「準天然光明石温泉」 として登録商標
                    されている石だそう。
                    薬石光明石が医薬部外品なのです。ちょっと意外!

                     

                    (滑走路が見える。韓国などへの国際線も)

                     

                    30分近く足を浸けていたら、少なくとも歩いてジンジン
                    していた足の痛みが和らぎ、肌はお湯でしわしわだけど
                    すべすべになりました。これで、自分が書いた原稿が
                    自ら検証でき、大満足ですー!

                     

                     

                    さらに、原稿に出てきた(自分で書いたんですが)
                    豚骨ラーメンの老舗 『山小屋』 のラーメンを食べて
                    東京行きの搭乗口へと向かいました。
                    以上、ちょうど1週間前のリポートでした。
                    http://yamagoya.co.jp/

                     

                    【関連記事】
                    ◇九州の最北端 「和布刈神社」 の聖なるワカメ
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3518
                    ◇客車カフェ 「かんもん号 オハフ33」 で海を見ながらランチ
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3517
                    ◇土日・祝日運行の北九州銀行レトロライン 「潮騒号」
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3516
                    ◇門司港駅の 「幸運の手水鉢」
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3515
                    ◇駅舎初の重要文化財・門司港駅と0哩標
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3514
                    ◇黄昏時から始まる本当の 「門司港レトロ」
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3513
                    ◇クルーズトレイン 「ななつ星in九州」 @門司港駅
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3512
                    ◇まったり 「門司港レトロ」 スタンプラリー
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3511


                    公衆浴場料金で天然温泉の露天風呂も楽しめる 「久松湯」

                    0

                      父が老人性皮膚炎で体中に痒みの薬を塗っているため、
                      風呂掃除が大変なのと、洗っても湯船につかる気に
                      なれません。痒みの薬は手に着いたら必ずしっかり
                      洗わないとダメというくらい強い成分なので、いくら
                      浴槽を洗っても怖くて入れない気分。

                       

                      シャワー派の私でもたまには入浴したいと昨年末から
                      何かのついでにスーパー銭湯に行こうと、一度は
                      新宿の 「テルマー湯」 の前まで行ったら、外国人が
                      あまりに多いのにビビって帰ってきました。

                       

                      そんな気分の時に、ちょうど地域密着型銭湯の取材
                      依頼からの案件が入ったのと、土曜日にテレビで
                      『テルマエ・ロマエ』 をやっていたので、取材交渉を
                      兼ねて行って来ました、桜台 「久松湯」!

                       


                      西武池袋線・桜台駅の北側からすぐの場所です。

                      内部の写真は撮影は憚られたので、HPを参照。

                      各フロアの写真をチェックできます。多分、プロ撮影。
                      http://hisamatsuyu.jp/

                       

                       

                      第一の魅力は、入湯料が公衆浴場の460円。
                      追加料金たったの300円ででサウナなども利用できて、
                      用途に応じてカスタマイズできるのが嬉しいですね!

                       

                      手ぶらでも行ける!

                       

                      私はタオルを2枚持っていきましたが、1枚100円の
                      レンタルタオル(大・小、同価格)があります。

                       

                      ミニサイズのボディーソープやシャンプーも安価で
                      販売されていますが、私は家でシャワーしてから
                      行ったので、洗うやつとタオル2枚と櫛だけ。
                      とにかく、入浴がメインなので気軽に行けました。
                      洗髪までして行っちゃったしね(笑)。

                       

                      ドライヤーも持って行こうかと思いましたが、
                      すでに洗髪してるし、いらないかな〜と思っていたら、
                      長湯しすぎて、汗が止まらず、髪の毛が汗ばんで
                      帰宅(電車&バス)の間に湯冷めしそうなので
                      一応、襟元は乾かしました。洗髪した場合はやや
                      短めかもしれませんが、3分20円とリーズナブル!

                      洗髪だけはしていった方がいいかも?

                      そうすれば、シャンプー・トリートメントを持って

                      行く必要もないしね。

                       

                      施設もスーパー銭湯並みの充実ぶり!

                       

                      ロビーの所で、ルシウスが感動したフルーツ牛乳を
                      飲んで多少クールダウンするも、天然温泉の露天風呂が
                      あまりに気持ち良かったので長湯し過ぎ、汗がとまらず、
                      仕方がないので、工事現場のおっさんぽく首元に
                      未使用のタオルを巻いて、汗を凌ぎました。

                       

                      ロビーでは 『サザエさん』 を観て、ゆったりと
                      しているファミリーも多かったです。

                      牛の乳と果実が融合した飲み物を楽しみながら(笑)。

                       

                      (フルーツ牛乳と茶色い小さいクマくん。名前はまだない)

                       

                      脱衣所は混んでいましたが、受付もスピーディだし、
                      洗い場も広いし、清潔感あるし、ジャグジーは左右型と
                      縦型・側面タイプがあって、コリなどの状況によって
                      選べるのもGOODです!

                       

                      一つ難点があるとすれば、ジャグジーエリアに
                      段差があって、私のような近眼にはコケる可能性
                      もあるので要注意といったところでしょうか。

                       

                      ジャグジーの横には、電気風呂も2つあって、
                      体にはマッサージの電気治療程度の刺激だったの
                      ですが、予想以上に腕が一瞬動かせないほど
                      ビリビリ。そういえば、配送作業で腕が疲れて
                      いたことを思い出しました。次第にその刺激も
                      快感となって、慣れると好きになりそうです。
                      たしか、「揉兵衛」 とかいうユニークな名前が
                      ついていました。

                       

                      地下1500メートルから汲み上げている露天風呂、
                      とにかくサイコー!

                       

                      さらに、屋外に天然温泉の露天風呂があり、さほど
                      広くはありませんが、開放的な雰囲気です。
                      ナトリウム一塩化物強塩の源泉で、子供がなめて
                      「しょっぱい!」 と言っていました。

                      東京都の温泉らしく、茶色いお湯です。

                       

                      小さいながらも庭園の緑が望め、私が行った17時半
                      には、見上げると夜空も広がっていました。

                      露天風呂の温度は42度と表示されていましたが、
                      外気が激寒だったので、ちょうどよい湯加減に。

                       

                      地元の方たちの会話によると、18時半頃がすいて

                      いるそうです。

                       

                      外気と温泉の温度差が心地よくて、屋内の
                      ジャグジー&「揉兵衛」 と露天風呂を3往復
                      して、かなりリラックスできました。

                       

                      もっとリラックスしたい方には、アロマやリフレ、
                      頭皮マッサージ、ボディケア、タイ古式といった
                      リラクゼーションエリアも設けられているので、
                      別料金ですが適正価格で提供されており、私は
                      ちょっとタイ古式というやつに魅かれています。

                       

                      アロマやアーユルヴェーダ、そしてチベットでの

                      謎のリラクゼーション経験はありますが、まだ

                      タイ式の施術を受けたことがありません。

                       

                      エリア情報の仕事に感謝した  「久松湯」 との出会い♪

                       

                      荻窪の 「荻窪なごみの湯」、深大寺天然温泉
                      「湯守の里」、「小平天然温泉テルメ小川」、
                      天然温泉 「極楽湯 和光店」、「豊島園 庭の湯」
                      などの近場に加え、上野の水月ホテル 「鴎外温泉」、
                      後楽園のちょっと高級感ある 「スパ ラクーア」、
                      アミューズメント感満載の 「大江戸温泉物語」 など、
                      それぞれに個性豊かな都内の温泉ですが、コスパと
                      満足感においては、「久松湯」 サイコーでした。

                       

                      【関連記事】
                      ◇都内の天然温泉 「鴎外温泉」
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=724
                      ◇都内認定第1号の天然温泉 「鴎外温泉」
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=910
                      ◇『Spa La Qua』 で古生代と第三紀を体感!
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=955
                      ◇「大江戸温泉物語」 でフィッシュセラピー
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1912
                      ◇『テルマエ・ロマエ』 に備えて 「テルメ小川」 に
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2049
                      ◇運気をUPする温泉の入り方
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1521


                      | 1/11PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM