AGARISM 「モイスチャライザーアガリズム」 は不精な私に合う!

0

    フェイスカッサを買ったのはいいのですが、何度か
    やる内に 「やっぱ、何かクリームっぽいやつがあった
    方がやりやすいかも」 と気づくも、もともと顔には
    塗って日焼け止めくらいしかもっていないのを発見。


    私に比べて “美意識の高い” 友人に聞いてみたら、
    っていうか洗顔して終わりの私に比べて低い人は
    ほとんどいないのですが、とにかく情報収集しました。

     

    ネットのランキングに懐疑的な私としては、たとえ
    その友人がネットランキングで買っていても、友人
    フィルターが通れば信頼できるのです(笑)。

     

     

    で、モイスチャライザーアガリズムというものを先に
    “カッサる” ところに塗って使っています。
    何だか、そのままやるより、血行促進する気がします。

     

    単に10日くらい顔マッサーをしたことによる効果かも
    しれませんが、モイスチャライザーアガリズムを
    塗るところも、フェイスラインだったり、眉からおでこ、
    頬骨に沿ってといった感じでカッサと同じコースの
    簡略版みたいなのが推奨してあったので、W効果に
    なっているのかもしれません。

     

    スティックタイプで、減ったら下からウリウリ出せて
    適度な硬さと柔らかさがあるので、カッサる前の準備
    運動のようになっていいのかも?

     

    たぶん、所要時間は全部で3分もやっていませんが、
    少なくとも日常生活で表情筋を酷使していることに
    気づくことはできます。

     

    とくに撮影では、眉間にしわを寄せやすいので、撮影を
    した日にやると、おでこ気持ちええ♪

    さらに、モイスチャライザーアガリズムが表面に少し
    ついて、濁ってしまったフェイスカッサを洗って
    ピッカピカのガラスになると、それはそれで気分が
    いいのでした。うん、精神的にもいい習慣!

     

    【関連記事】
    ◇「ReFa」 のフェイスカッサで疲労顔を撃退中
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3595


    「ReFa」 のフェイスカッサで疲労顔を撃退中

    0

      パスポート写真に向けて、付け焼刃でフェイスマッサージ
      しようとおもって、「顔・ころころするやつ」 という
      キーワードで検索してみました。

       

      そうしたところ、TOPに 「ReFa CARAT RAY」 の広告が
      表示され、そういえば 「ReFa」 というブランド名は
      聞いたことが!

       

      ビューティー系のフリーペーパーの校正業務をやって
      いた時だったかもしれないけれど、商品名だけでなく、
      リファカラットレイの形も見た覚えがありました。

       

      リファカラットレイは何種類かありましたが、どれも
      25000円前後と、予想外の高額商品でした、がーん!
      価格コムでも、それほど安くはなかったので、適度に
      リンパの流れを促進できればいいと、フェイスカッサ
      というのにしてみました。
      http://www.refa.net/item/refa_face_caxa/

       

      (花びらみたいな不思議な形)

       

      深夜にAmazonに注文を入れたら、即日に到着して驚き。
      3つの突起部分は、大きいカーブがクレセントライン、
      小さいの2つがダブルホーン。人間工学に基づいた
      デザインになっているそうです。

       

      (クマくんのお顔がシャープになるかしら?)

       

      やり方が書いてあったので、その通りにやってみたら
      それぞれ1部位3回程度なのに、顔が温かくなります。
      まだ、数回しかやっていないので、どうなるかはまだ
      よくわかりませんが。

       

      顔以外では鎖骨、ビューティー系を書いていた時の言葉で
      いうとデコルテ部分のやり方が、イマイチうまくできて
      いないようなので、今後練習の余地ありです。

       

      少なくとも、介護で眉間に縦ジワ気味の日々の中で、
      表情筋の刺激にはなりそうだし、テレビ見ながらでも
      簡単にできるし、続けられそうなのがいいですね。


      北九州空港の足湯 「準天然光明石温泉」

      0

        スターフライヤーに乗るのを目的で出掛けた旅行で、
        もう一つのテーマが 「北九州空港の足湯に入る」
        ことでした。おそらく、この目的で北九州までいく
        バカはおらんでしょう。オンリーワンだぜ!

         

         

        行きは、飛行機の到着に合わせた小倉行きのバスが
        待っていたので、足湯の時間がなかったため、帰路は
        小倉観光をスルーして、早めに北九州空港に到着。
        http://www.kitakyu-air.jp/

         

         

        飲食店や展望デッキがある3階に足湯があります。
        晴れていたので、空港までの道や滑走路も見え、
        開放感がある足湯コーナーに。入湯料100円です。

         

         

        タオルを持っていなかったので、北九州空港オリジナル
        タオルも買いました。こちらも100円。

         

        (奥の方からお湯が出ているので熱めだと入り口のおじさんが教えてくれた)

         

        最初はちょっと熱めな気がしましたが、段々慣れて
        きて、お湯が出ている上流の方に移動して行きました。
        BGMにはずっと “カセットレコーダー” からZARDが
        流れていて、こちらもレトロ〜にリフレッシュ。

         

         

        こちらの足湯は、天然温泉ではなく、医薬部外品の石。
        自然界に存在する天然鉱石の中で、最もイオン化作用の
        強いとされている薬石光明石を泉源体として作られた
        人工温泉です。「準天然光明石温泉」 として登録商標
        されている石だそう。
        薬石光明石が医薬部外品なのです。ちょっと意外!

         

        (滑走路が見える。韓国などへの国際線も)

         

        30分近く足を浸けていたら、少なくとも歩いてジンジン
        していた足の痛みが和らぎ、肌はお湯でしわしわだけど
        すべすべになりました。これで、自分が書いた原稿が
        自ら検証でき、大満足ですー!

         

         

        さらに、原稿に出てきた(自分で書いたんですが)
        豚骨ラーメンの老舗 『山小屋』 のラーメンを食べて
        東京行きの搭乗口へと向かいました。
        以上、ちょうど1週間前のリポートでした。
        http://yamagoya.co.jp/

         

        【関連記事】
        ◇九州の最北端 「和布刈神社」 の聖なるワカメ
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3518
        ◇客車カフェ 「かんもん号 オハフ33」 で海を見ながらランチ
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3517
        ◇土日・祝日運行の北九州銀行レトロライン 「潮騒号」
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3516
        ◇門司港駅の 「幸運の手水鉢」
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3515
        ◇駅舎初の重要文化財・門司港駅と0哩標
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3514
        ◇黄昏時から始まる本当の 「門司港レトロ」
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3513
        ◇クルーズトレイン 「ななつ星in九州」 @門司港駅
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3512
        ◇まったり 「門司港レトロ」 スタンプラリー
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3511


        公衆浴場料金で天然温泉の露天風呂も楽しめる 「久松湯」

        0

          父が老人性皮膚炎で体中に痒みの薬を塗っているため、
          風呂掃除が大変なのと、洗っても湯船につかる気に
          なれません。痒みの薬は手に着いたら必ずしっかり
          洗わないとダメというくらい強い成分なので、いくら
          浴槽を洗っても怖くて入れない気分。

           

          シャワー派の私でもたまには入浴したいと昨年末から
          何かのついでにスーパー銭湯に行こうと、一度は
          新宿の 「テルマー湯」 の前まで行ったら、外国人が
          あまりに多いのにビビって帰ってきました。

           

          そんな気分の時に、ちょうど地域密着型銭湯の取材
          依頼からの案件が入ったのと、土曜日にテレビで
          『テルマエ・ロマエ』 をやっていたので、取材交渉を
          兼ねて行って来ました、桜台 「久松湯」!

           


          西武池袋線・桜台駅の北側からすぐの場所です。

          内部の写真は撮影は憚られたので、HPを参照。

          各フロアの写真をチェックできます。多分、プロ撮影。
          http://hisamatsuyu.jp/

           

           

          第一の魅力は、入湯料が公衆浴場の460円。
          追加料金たったの300円ででサウナなども利用できて、
          用途に応じてカスタマイズできるのが嬉しいですね!

           

          手ぶらでも行ける!

           

          私はタオルを2枚持っていきましたが、1枚100円の
          レンタルタオル(大・小、同価格)があります。

           

          ミニサイズのボディーソープやシャンプーも安価で
          販売されていますが、私は家でシャワーしてから
          行ったので、洗うやつとタオル2枚と櫛だけ。
          とにかく、入浴がメインなので気軽に行けました。
          洗髪までして行っちゃったしね(笑)。

           

          ドライヤーも持って行こうかと思いましたが、
          すでに洗髪してるし、いらないかな〜と思っていたら、
          長湯しすぎて、汗が止まらず、髪の毛が汗ばんで
          帰宅(電車&バス)の間に湯冷めしそうなので
          一応、襟元は乾かしました。洗髪した場合はやや
          短めかもしれませんが、3分20円とリーズナブル!

          洗髪だけはしていった方がいいかも?

          そうすれば、シャンプー・トリートメントを持って

          行く必要もないしね。

           

          施設もスーパー銭湯並みの充実ぶり!

           

          ロビーの所で、ルシウスが感動したフルーツ牛乳を
          飲んで多少クールダウンするも、天然温泉の露天風呂が
          あまりに気持ち良かったので長湯し過ぎ、汗がとまらず、
          仕方がないので、工事現場のおっさんぽく首元に
          未使用のタオルを巻いて、汗を凌ぎました。

           

          ロビーでは 『サザエさん』 を観て、ゆったりと
          しているファミリーも多かったです。

          牛の乳と果実が融合した飲み物を楽しみながら(笑)。

           

          (フルーツ牛乳と茶色い小さいクマくん。名前はまだない)

           

          脱衣所は混んでいましたが、受付もスピーディだし、
          洗い場も広いし、清潔感あるし、ジャグジーは左右型と
          縦型・側面タイプがあって、コリなどの状況によって
          選べるのもGOODです!

           

          一つ難点があるとすれば、ジャグジーエリアに
          段差があって、私のような近眼にはコケる可能性
          もあるので要注意といったところでしょうか。

           

          ジャグジーの横には、電気風呂も2つあって、
          体にはマッサージの電気治療程度の刺激だったの
          ですが、予想以上に腕が一瞬動かせないほど
          ビリビリ。そういえば、配送作業で腕が疲れて
          いたことを思い出しました。次第にその刺激も
          快感となって、慣れると好きになりそうです。
          たしか、「揉兵衛」 とかいうユニークな名前が
          ついていました。

           

          地下1500メートルから汲み上げている露天風呂、
          とにかくサイコー!

           

          さらに、屋外に天然温泉の露天風呂があり、さほど
          広くはありませんが、開放的な雰囲気です。
          ナトリウム一塩化物強塩の源泉で、子供がなめて
          「しょっぱい!」 と言っていました。

          東京都の温泉らしく、茶色いお湯です。

           

          小さいながらも庭園の緑が望め、私が行った17時半
          には、見上げると夜空も広がっていました。

          露天風呂の温度は42度と表示されていましたが、
          外気が激寒だったので、ちょうどよい湯加減に。

           

          地元の方たちの会話によると、18時半頃がすいて

          いるそうです。

           

          外気と温泉の温度差が心地よくて、屋内の
          ジャグジー&「揉兵衛」 と露天風呂を3往復
          して、かなりリラックスできました。

           

          もっとリラックスしたい方には、アロマやリフレ、
          頭皮マッサージ、ボディケア、タイ古式といった
          リラクゼーションエリアも設けられているので、
          別料金ですが適正価格で提供されており、私は
          ちょっとタイ古式というやつに魅かれています。

           

          アロマやアーユルヴェーダ、そしてチベットでの

          謎のリラクゼーション経験はありますが、まだ

          タイ式の施術を受けたことがありません。

           

          エリア情報の仕事に感謝した  「久松湯」 との出会い♪

           

          荻窪の 「荻窪なごみの湯」、深大寺天然温泉
          「湯守の里」、「小平天然温泉テルメ小川」、
          天然温泉 「極楽湯 和光店」、「豊島園 庭の湯」
          などの近場に加え、上野の水月ホテル 「鴎外温泉」、
          後楽園のちょっと高級感ある 「スパ ラクーア」、
          アミューズメント感満載の 「大江戸温泉物語」 など、
          それぞれに個性豊かな都内の温泉ですが、コスパと
          満足感においては、「久松湯」 サイコーでした。

           

          【関連記事】
          ◇都内の天然温泉 「鴎外温泉」
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=724
          ◇都内認定第1号の天然温泉 「鴎外温泉」
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=910
          ◇『Spa La Qua』 で古生代と第三紀を体感!
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=955
          ◇「大江戸温泉物語」 でフィッシュセラピー
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1912
          ◇『テルマエ・ロマエ』 に備えて 「テルメ小川」 に
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2049
          ◇運気をUPする温泉の入り方
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1521


          独楽筋模様でおもてなし

          0

            雑貨店の撮影に行ったところ、焼き物好きな私としては
            興味深いお話をいろいろと店主の方から聞くことができ、
            取材とはいえ楽しいひと時過ぎて、次の取材に遅れそうに
            なってしまいました。

             

            その中で、一つ賢くなったのが、焼き物の独楽筋模様
            について。ロクロの回転と共にクルッと一周描かれる
            独楽筋は、途切れることがない円(縁)を表していて
            縁起の良い柄だそうです。

             

            (単に作るのが簡単だからと思ってた独楽筋模様)

             

            シンプルな中にも、そんな想いが込められていたとは
            ちょっと嬉しい発見でした。今までにも日本料理店などで
            独楽筋模様の調味料入れはよく見かけた気がしますが、
            消耗品だからシンプルな柄で、買い替えやすいように
            なのかな程度に考えていましたが、お客様とのご縁を
            大切にしたいという “おもてなし” の心だったのですね。
            うーん、訳わかってない私には猫に小判だったかも?
            飲食店さん、ごめんなさい。


            電子楽器らしからぬ 「テルミン」 の調べ

            0

              地域密着型の小さなカフェに行くと、その地域の
              イベントやショップカード、常連さんが作った小物などが
              置かれていることもあり、そこからその地域に住む人の
              様子や地域性を想像する習慣が、エリア散策の原稿を
              書くようになってから身に付きつつあります。

               

              中央線沿線は、意外と演劇活動やライブ関係のチラシが
              置かれているカフェが多い気がします。

               

              日頃は一応見て終わりの私ですが、めずらしくテルミンの
              CDが売られていたので、疲れていたからでしょうか、つい
              買ってしまったのでした。

               

              (背景の布は、テルミンの音をイメージしたチョイス)

               

              テルミンだけだったら飽きそうですが、ギターが主旋律を
              奏で、そこにテルミンの 「もーんもーん」 とした音が
              かぶっていたので、音楽になっていました。

               

              それを聞いて別に癒されるというほどではないのですが、
              どこか非日常間のある音で、気分転換にはなります。

               

              よく考えると、テルミンは電子楽器の草分け的存在。
              シンセサイザーやエレクトーンなどの仲間の割には
              どこかおマヌケな感じが魅力なのかも?

               

              また、テルミンの音を聞きながら、それを演奏する人の
              “謎の動き” をイメージしながら聞くと、結構楽しい
              気分になれるのでした。

               

              未だあの楽器の原理はわからないけど、ネットで調べれば
              すぐにわかってしまうけれど、あえて調べず、謎のままに
              しておいた方が良さそう。月面着陸する前の、うさぎが
              住んでいる月のように、わからないほうが魅力的なものも
              あると思うのです。

               

              【関連記事】
              ◇細胞単位にまで滲み亘る “ホーミー” の歌声
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=109
              ◇チベタンボウルの小宇宙
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=432


              スプラッタな夜をパンダでリセット!

              0

                今日は、父を総合病院に連れて行ったこともあり、いろいろ

                疲れたので、写真でごまかそうという姑息な手で、ブログの

                スペースを埋めることにしました。

                今日の出来事を書いても、面白くもなんともないしね(怒)。

                 

                ブログを書こうと思っていたら、夜は夜で、なぜだか室内で

                転んで血をダラダラたらして大騒ぎだし、理由と現場を

                隠そうとしているのが何やら怪しい気もしなくもなかった

                のですが、詮索する元気もなし。おそらく、何か甘いものを

                隠れ食いしようとしたに違いない。糖尿なのに。

                しかも、脳&心筋梗塞で、血液サラサラの薬を服用しているため、

                血が止まらないんだよぉおお!

                 

                という殺伐スプラッタ介護の疲れを癒すべく、癒し度120%の

                秘蔵写真(?)アップで、心の闇をせめてグレーゾーンまで

                薄めようという試みなのです。

                グレーは白と黒で作る色。白と黒と言ったらパンダ!

                 

                 

                いろいろな愛らしいショットはあったのですが、私はどうやら

                “パンダの尻” が好きと思われるセレクトをしてしまうのでした。

                 

                 

                たまに、イラストやCMのアニメで、パンダに黒い尻尾がついて

                いると、微妙にイラッとします。癒されない!

                 

                 

                彼らの何も考えていなさそうなしぐさがたまりません。


                青木ヶ原樹海をポジティブに仮想散策

                0

                  丘陵を切り崩してのニュータウン建設現場に行く際、
                  毎度、チェックするものの、ほとんど役に立たない
                  Google MAP。しかも、現地に行ってみると、山間な
                  ことも多く、電波入らないし!

                   

                  1度は2時間以上かけて現地に行ったものの、入り口が
                  見つからず、取材の約束の時間を連絡したくても
                  電話がかけられず、麓に下りて電話をしたら、取材の
                  場所はそこから徒歩だと30分以上かかるので、その日は
                  中止という憂き目に遭ったことも。

                   

                  わしの5時間を返せ〜! インフォメーションセンター
                  予定地の地図を編集部からはもらっていたので、当然、
                  そちらに向かった私に非はないぞ。
                  と、Google MAPの対応の遅さに未だ怒りは収まりません。

                   

                  でも、気分転換に、行ったことのない国の街角など
                  眺めて、バーチャル海外旅行気分を味わうのは
                  嫌いではありません。って、ここまでは導入。

                   

                  青木ヶ原樹海を行く!

                   

                  私が落ち込んで時、プチ “死にたい気分” になった際に、

                  「これはいい!」 と思ったのが、青木ヶ原樹海の光景。

                  富士山近くに拡がる広大な樹海エリアを、航空写真で
                  見下ろすと、モスグリーンのタオルのような、木々の
                  密集感があって、不思議な力に引き込まれるよう。

                   

                  で、MAPモードから画像モードに切り替えて、樹海の
                  様子を見たいと思うも、東の富士パノラマラインか、
                  県道71号近くにある富士山原始林程度の風景写真しか
                  なく、樹海の様子が見られないのが残念です。

                   

                  今や、スマホを持っていれば、樹海で迷っても車道に
                  戻ってこれるのでしょうか?
                  磁場だけでなく、電波も圏外なのかなぁ。
                  といっても自ら確認してみたいとは思いませんが…。

                   

                  でも、県道71号線から樹海方向に入ろうとしても
                  全くそちらの方向に進めない状況を繰り返していると、
                  「どんなに辛くても死んではいかん」 と大自然から
                  拒否られているようで、それなりに前向きな気分を
                  取り戻せる気がします。

                   

                  ただ、“自殺の名所” という先入観があるせいか、
                  県道71号線沿いの木々が人の顔のように見えたり、
                  夏場であれば、別の楽しみ方もできそうです。

                   

                  クリスマスとは思えない、ブラックなテーマで失礼
                  いたしました。ともあれ、メリークリスマス!
                  今頃、百貨店や飲食店は、一夜でクリスマス飾りを
                  正月飾りにする作業で大わらわなんでしょうね。
                  今年もあと6日です。


                  植物か、動物か、わからない 「ばなにゃ」

                  0

                    取材続きでクラクラしている中、所沢駅で愛らしい
                    自動販売機を発見。その名も 「ばなにゃ」。
                    バナナにひそむ不思議な生物だそうです。
                    http://www.bananya-anime.com/

                     

                     

                    一旦、改札へ向かったものの、帰りは違うホームと
                    なるので、わざわざ引き返して撮影しました。
                    まあ、いつも電車がなんらかの事故で遅れていても
                    取材時間に間に合うように、かなり早めに出ているので
                    余裕もあったし、よく考えたら、都心部方面じゃ
                    なかったので、そんなに急ぐこともなかったんですね。

                     

                    個人的には犬派ですが、このにゃんこはかわいい!
                    植物なのか、動物なのか、曖昧な設定という点も
                    なかなか稀少なキャラと言えるでしょう。
                    取材先から取材先へと移動に次ぐ移動の中で、
                    束の間の和みタイムでした。


                    大根のくせにバナナでころぶ 「ねり丸」

                    0

                      郵便局に行って、手続きを待っている間、中をぶらぶらしていたら

                      「ねり丸」 切手の第二弾を発見しました。

                       

                       

                      第一弾の時と同じようなイラストもありましたが、今回は

                      私にとって思いっきり “ツボ” のデザインが含まれていたので

                      普通に82円切手を買うより割高なのですが、ついつい

                      買ってしまいましたともさ!

                       

                       

                      そのデザインがこの、バナナですっころがる 「ねり丸」!

                      ちょっとリラックマ的なおマヌケさもあってかわええ!

                       

                      『ONE PIECE FILM GOLD』 に登場していたバカラの

                      “ラキラキの実” の呪いを受けたのでしょうか?

                      いや、きっとこれがこの子の日常に違いない。

                      どうやら、顔面を強打しているようですが、リラックマ同様、

                      顔に凹凸がないので、それほど大事には至らないでしょう。

                      ゆる過ぎるかわいさに癒されました。


                      | 1/10PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM