武蔵野の原風景が残る千川上水周辺

0

    玉川上水が水源の千川上水は、都市開発で多くが
    暗渠となっていますが、青梅街道沿いにある
    バス停 「水道端(すいどうばた)」 より西は、
    その流れを眺めながら歩ける緑道となっています。

     

     

    今回は、母の足腰が弱ってきていることもあり、
    リハビリも兼ねて  「石神井西中前交差点」
    付近から 「水道端」 を経て、暗渠として整備
    されている緑道まで歩いてみました。

     

    (綾錦といった風情でキレイだと思ったら漆だそう。思わずサイドステップ)

     

    西武新宿線・武蔵関駅から上石神井駅くらい

    までの短い距離ですが、秋の風情がありました。

     

    「石神井西中前交差点」 近くの上水の中には、

    でかい錦鯉がいてどこから来たのか謎です。

    江戸城のお堀から逆走ならぬ逆泳してきたの

    でしょうか。鯉の滝登りともいうし…。

     

    (生産緑地が残っていて、うらやますい…)

     

    道は住宅街沿いに細々と続いていて、それぞれの
    庭木の枝やみかんの木が頭の上に覆うように
    伸びていたり、最近我が家の近所では減少傾向
    著しい農地も残っていて、武蔵野の原風景が
    そこにあるといった感じ。

     

    しっかりとウォーキング装備して千川上水沿いを
    歩いているご夫妻も見かけました。

     

     

    川の向かいは舗装された道となっていて、道沿い
    には桜が植えられています。落ち葉を踏みながら、
    川に流れる色づいた葉を眺め、介護や通院の
    疲れを癒しました。

     

     

    「水道端」 近くには小さな祠がひっそりと。
    水神様でしょうか。通院ついでに千川上水緑道で
    リフレッシュできるよう、雨を降らせないで
    ほしいな〜と思っていたら、明日は雨50%だそう。
    通院帰りの散歩はお休みとなりそうです。


    探し物が見つかったのは、やはりご利益?

    0

      ここ10日ほどは父の入院で忘れていましたが、
      ひょんなことから探し物が見つかりました。

       

      母が言うような茶封筒には入っていなかったのも
      捜査難航の理由だったと思われますが、見つけた
      時はすぐにそれだとわかりました。

      「どうしてこんなところに?」 というような
      場所での発見です。


      例えれば、あるタンポポを探していたら、その
      種が飛んでいって別の所に咲いていたってな
      感じが一番近いかもしれません。とにかく意外。
      茶封筒ではなく、青い柄の封筒だったのも想定外。

       

      その場所にあった理由については、あくまでも
      推移の範囲内でしか説明できず、確証なしです。

      きっと私の最近の献身的な看護に対するご褒美
      として見つかったに違いないと自画自賛。

       

      見つけたのは夜中の1時頃だったので、翌朝、
      最近は探し疲れてほぼ諦め発言をするように
      なった母に、サプライズすべく、見つけた時と
      同じ状態に戻し、ワクワク気分で就寝。
      興奮して寝付きにくかったせいか、寝坊。

       

       

      そうしたところ、なんと母が、これまた偶然、
      本人曰く 「探し物目的でなく何となく」 と
      いう必然性で探し物を見つけていました。
      その導かれ感と、同じ日に見つけた偶然性から、
      自画自賛改め 「明星稲荷神社」 のお利益では
      ないかという気がしてきました。

       

      ともあれ、見つかって良かった、良かった!
      父の病院への往復で疲れている母の、もう一つの
      ストレスが解消できたのもありがたや!
      できる限り早く、御礼参りにうかがいたいと
      考えています。

       

      【関連記事】
      ◇“探し物が見つかる”ご利益を求め 「明星稲荷神社」 へ
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3706


      病院との往復11日目

      0

        父が入院中の病院に見舞いに通う毎日。

        母はかなり憔悴しているため、休ませたいと

        思っているのですが、本人がどうしても毎日行く

        と言い張るので、その意思を尊重しています。

         

        が、母も本当なら杖が必要な歩き方なので、

        車で行ってしまいたいのですが、これまた本人が

        健康のため歩きとバスで行きたいと言うので、

        車や自転車を警戒しつつ、誘導みたいな形で

        駅までの道を神経ピリピリさせながら、一緒に

        歩くようにしています。

         

         

        父の入院と母への介助、そして配送のバイトで

        ややバテ気味。秋はどんどん深まっていくのを

        肌で感じる今日この頃です。

         

        来週は、父が救急車で運ばれる前に受注した

        求人取材があるので、頭を介護モードから

        取材モードに切り替えなくては!

        とにかく、今は粛々と頑張るしかありません。


        男性視点も盛り込まれてパワーアップした 『深夜のダメ恋図鑑』

        0

          『深夜のダメ恋図鑑』(尾崎衣良著、小学館刊)
          の5巻が出たので、父の病院への通院途中にある
          書店で速攻購入しました。

           

          仕事と家事を両立する女性たちが、家事をしない
          男性についてのダメ出しをするのが中心だった
          展開から、姉と妹に苦しめられた生い立ちを持つ
          市来氏が前巻から登場して、男性視点の見解や
          言い分も描かれるようになって、面白さがさらに
          アップした気がします。

           

          女性ならOKで、同じことを男性がやるとNGという
          理不尽な社会ルールにも切り込んでいて、今後の
          市来氏の活躍に期待しています。

          5巻の牽引力は彼にあったと言っても過言ではなく

          共感するエピソードも多数ありました。


          また、やや賞味期限切れにもなりつつありますが、
          彼の友人で、キング・オブ・ダメンズの諒くんは
          1巻1話のペースでいいので、佐和子さんに
          捨てられた、その後の定点観察を続けてほしい!
          彼の “金太郎飴” 的なおバカさは、今や癒しの域に

          達していると思われます(笑)。

           

          これまで、3人娘の中でもやや存在感が薄かった
          福間千代さんも、いよいよプロポーズのフェーズ
          に入って、潜在的なパワーが覚醒したこともあり、

          結婚に向かう上での葛藤も見応えありそうです。

           

          ドラマの方は興味があるけれど、放送まで深夜
          なこともあって、録画してまで見る気力もなく、
          残念ながらスルー状態が続いています。
          1回くらいは見たいな〜。
          https://www.asahi.co.jp/damekoi/

           

          【関連記事】
          ◇『深夜のダメ恋図鑑』 は働く女性・共働き家庭の福音書
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3338


          おっさんずラブな 『錦田警部はどろぼうがお好き』

          0

            『名探偵コナン犯人の犯沢さん』 の作者・かんば
            まゆこさんの 『錦田警部はどろぼうがお好き』
            (ゲッサン少年サンデーコミックス)を、通院の
            合間の気分転換に読んでみることにしました。

             

            『犯沢さん』 が、コナンキャラを使った、上京
            ストーリーであるように、『錦田警部』 の方も
            怪盗は登場しますが、青山剛昌さんのキッドとは
            全く違って、盗むためのトリックなどは関係なく
            警部のおっさんずラブなコメディーでした。

             

            タイトルから、銭形警部とルパン三世的な関係
            かと思ったら、怪盗ジャックを捕まえると
            言いながらも、ジャックを見るとときめいて目も
            合わせられないくらいピュアな錦田警部と、その
            部下だけれど実は怪盗ジャックのアンリくんとの
            攻防戦(?)です。

             

            科学捜査やトリックは一切なし。
            怪盗ジャックが獲物を盗めるか、ではなく、
            錦田警部がジャックに近寄って捕まえられるか、
            というシンプルさが逆に斬新です。

             

            また、アンリくんが怪盗ジャックであるように、
            いつもうまうまと予告状通りに獲物を盗まれて
            しまう錦田警部が、怪盗ジャックに絡まないと
            実はかなり優秀でクールな “死んだ目の錦田”
            という設定が一番面白い部分だと思います。

             

            1冊だけ試しに読もうと思って買ったら、次第に
            錦田警部が愛らしく見えてきて、3巻揃えて
            しまいました。1巻ではキモく見えた錦田警部、

            意外といいヤツ。

            やはり、彼が主役の作品なのだと実感しました。

             

            【関連記事】
            ◇現状は上京物語 『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』
            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3564


            今日の一句 「痩せたのに内臓脂肪で要注意」

            0

              健康診断の結果を聞きに行ったら、概ね健康。
              血圧はちょっと低めだけれど、HDLやLDLなどの
              脂質(コレステロール)、血統やグリコヘモ
              グロビンなどの糖尿系も無問題! …なのに、
              内臓脂肪に注意という結果が出てしまいました。

               

              このところ、結構ウォーキングやダンベルなど、
              体力維持のため、日々の生活に軽い運動を入れた
              甲斐もあってか、体重は下がったのです。
              3キロ近くも! だのに、なぜ!?
              痩せたのにメタボ? BMIは基準値内の21なのに?
              わからない、わからない!

               

              スクワットは今も続いていますが、内臓脂肪に
              働きかけていないのかもしれません。
              それとも、CMで 「内臓脂肪を燃やす」 系を
              謳っているサプリとかの助けが必要なのかも?

               

              んんんん〜、やっぱ炭水化物抜きからかな?
              健康診断は、前回より体重が下がっていても、
              BMI基準値内でも、楽観できないと知りました。

               

              【関連記事】
              ◇いろんなトクホを飲んで、食欲の秋に備えてみた
              http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3696


              愛猫との旅は未来行きだった 『旅猫リポート』

              0

                友人と行くはずだった 『旅猫リポート』 ですが、
                父のこともあって日時を約束できない状況に
                あるため、新宿に行く用事ついでに観てきました。
                それでも映画上映時間中、スマホの電源を切って
                いる間に、緊急連絡が入るのではないかという
                不安もありましたが、まあ集中して観れたかな?
                連日の緊張状態のデトックスに良い作品でした。
                http://tabineko-movie.jp/

                 

                主人公の悟が愛猫・ナナを車に乗せて、ナナを
                託せる友人たちのもとへ向かう中で、悟の人生、
                彼が昔可愛がっていた猫・ハチの思い出、彼の
                友だちがそれぞれ離れた場所にいる訳、そして
                なぜ悟がナナを手放さなければならなくなった
                のかが、車窓から見える美しい景色と共に
                描かれていきます。ひまわり畑のシーンは
                『星守る犬』 を思わせ、黄色い花々で埋め
                尽くされた画面は印象的でした。
                幸せのイエローです。

                 

                悟役の福士蒼汰さんも好演していましたが、
                ナナの声当てをした高畑充希さんが良かった!
                一人称 「ボク」 なのですが違和感なし!
                さらに、登場する動物の演技がスゴイ!
                動物の演技待ちしたと思われる役者さんや
                製作者の方々のご苦労も偲ばれます。

                 

                ちなみに、猫って泣くのでしょうか?
                CG? 撮影技術? ライティング?
                とにかく、あるシーンでは泣いているように
                見えて、驚きました。

                 

                で、テーマは重いのに、テンポは軽快。
                小・中学校、高校時代の友達との再会、そして
                九州に住む叔母との会話が、単に思い出話に
                とどまらず、一人ひとりが抱えていた悩みや
                劣等感などから、解放されるためのギフトを
                悟とナナが届けて行くような展開。

                 

                悟に与えられた運命は幸運とは言えませんが、
                彼の人生は幸せだったと思えるラストでした。
                悟がナナの飼い主を探す旅かと思っていたら、
                叔母さんが告げる事実の方が驚きの内容。

                 

                竹内結子さんの演技に泣けました。
                でも、竹内結子さんが “叔母さん” という
                役柄を演じたことで、自らの加齢も実感。
                私の中では本作のヒロインなんだけどな〜。
                高畑充希さんは助演男猫?

                 

                虹のCGシーンだけは微妙かな〜?

                 

                お墓参りで虹が出るシーンは、1話だけ見て
                リタイヤした 『僕とシッポと神楽坂』 で
                語られていた虹の橋エピソードとリンクして
                いましたが、どうもその部分が苦手で…。
                相葉雅紀さんは役柄にハマっているのですが
                残念ながらついていけないのです。
                https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/

                 

                おそらく、親戚に元・牧畜業の人がいて、私の
                中では 「動物=家畜」 というラインがあるため
                「そういうあの世の入口があったらコワイ」 と
                本能的に思ってしまうからかもしれません。

                 

                【関連記事】
                ◇『星守る犬』 試写会
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=983
                ◇『星守る犬』 で泣くデトックス
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=198


                犯人が特定できないドミノ的殺人事件 『乱反射』

                0

                  貫井徳郎さんの 『乱反射』(朝日新聞出版)は、
                  第63回日本推理作家協会賞受賞作で、以前から
                  気にはなっていたのですが、600ページくらいの
                  厚さに逡巡して読む機会を逸していました。

                   

                  が、9月末に妻夫木聡さんと井上真央さん主演の
                  メ〜テレ開局55周年記念ドラマとして放映され、
                  精緻なストーリーテリングと、ラストの後味の
                  悪さに打ちのめされて、原作をついに読みました。
                  少しは救いがあるのかな…という期待も込めて。
                  https://www.nagoyatv.com/ranhansya/

                   

                  ストーリーの本筋である、主人公の新聞記者の
                  子供が街路樹が倒れたことで死亡し、その原因を
                  探っていくと、一人ひとりはほとんど刑事罰には
                  問われないけれど(多少例外あり)、軽犯罪
                  レベルで、主人公が真相を探り糾弾するも罪の
                  意識はなく、とにかくムカつくという点は共通。

                   

                  犬の散歩に生きがいを見出している定年退職者、
                  潔癖症の造園業者、市民のクレームに切れる
                  市役所職員、街路樹伐採の反対運動グループ、
                  風邪などの軽症者が夜間診療に殺到することに
                  辟易しているアルバイト医、彼ら一人ひとりが
                  小さなルール違反や手抜きをしたことによって
                  2歳児の命が奪われるのです。

                   

                  原作は、ドラマよりも登場人物が多く、個々の
                  行動理由も細かく書かれており、間接的に加害者
                  となる人たちがそれぞれに抱えている事情やエゴ
                  がさらに濃密に描かれています。

                   

                  原作では、父親が当事者たちに事実を突きつけ、
                  ほとんどの人が反省しませんが、当事者の周囲の
                  人からの目が変わることで、ある者は拠り所を
                  失ったり、ある者は自己中な尊厳を傷つけられて
                  法では裁けないけれど、何も知らずに安穏とは
                  できなくなるだけマシかもしれません。

                   

                  少なくとも、ドラマでは最高に腹立たしかった
                  定年退職したおっさんが、ただおとなしいとだけ
                  思っていた妻からくらう一撃は、ドラマの後味の
                  悪さを少し緩和してくれた気がします。

                   

                  また、ドラマでも描かれていましたが、新聞記者
                  自身の “小さな罪” も原作では容赦なく描いて
                  いるため、『リバース』(湊かなえ著)のよう
                  でもあり、読者自身にもブーメランとなって
                  飛んでくる、不意打ちが心地よい後味の悪さです。
                  思ったより、600ページは軽く読めました。

                   

                  【関連記事】
                  ◇裏の裏は表じゃない袋小路 『リバース』
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3131


                  『下町ロケット ゴースト』 と “最後の新米”

                  0

                    日曜劇場 『下町ロケット ゴースト』 を見て
                    いたら、ちょうど佃製作所の経理部長が会社を
                    辞めて、親の家業である農業を次ぐ決意をする
                    回でした。
                    https://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

                     

                    一方で、我が家の本家から “最後の新米” が
                    届きました。少し前から先祖伝来の田畑を手放す
                    方向性だというのは聞いていましたが、子供の頃
                    農繁期の手伝いに駆り出された事もあったので、
                    一抹の寂しさを感じます。

                     

                     

                    今や長野県で米作りをしても、米が売れないそう。
                    田畑の維持費の方がお金がかかって、農業では
                    赤字生活になってしまうので、売却に踏み切って
                    庭(といっても広い)の畑での農業体験や農業に
                    ついて学べる農家民宿に切り替えることに。

                     

                    民宿をやることに関しては、一応、長野県でも
                    それなりに人気の安曇野なので、観光地にも近く
                    ロケーションとしては恵まれています。

                     

                    「安曇野市農業再生協議会」 の活動に参加して
                    頑張っていくそう。安曇野は米だけでなく、
                    リンゴやブドウ、蕎麦など、産物も多彩。

                    ブルーベリー摘みもやってます。

                    http://azumi-nou.com/


                    最近はサクランボもGOODです。東北に比べて
                    まだ若木なこともあり、上の方の実も脚立を
                    使わず採って食べられるという利点もあります。

                     

                    また、安曇野には自由に汲める名水も点在して
                    いたり、「安曇野ちひろ美術館」「碌山美術館」
                    「大王わさび農場」、パワスポの穂高神社などの
                    観光地や温泉も多数あります。
                    https://chihiro.jp/azumino/

                     

                    最近では離農どころか、都会に出て家を捨てて
                    廃屋化しているところも増えつつあるそう。
                    『下町ロケット ゴースト』 の殿村さんには
                    この後、自然災害に見舞われる展開ですが、
                    頑張ってほしいと応援しております。

                     

                    入院中の父はもはや栄養点滴で命をつないで

                    いる状態で、実家の新米は口にできなさそう。

                    あと1週間早ければなと思いますが、これも

                    運命なので仕方ありません。

                     

                    【関連記事】
                    ◇『ヤタガラス』 への序章 『下町ロケット ゴースト』
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3621
                    ◇理念を貫く崇高さが胸を打つ 『下町ロケット ヤタガラス』
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3690
                    ◇木々が清々しいパワースポット 「穂高神社」
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2509
                    ◇安曇野市の旧・豊科デザインは我が家のが美品!
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2513
                    ◇湧水巡り〜松本城周辺〜
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2507
                    ◇湧水巡り〜三郷周辺〜
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2508
                    ◇日帰り温泉 「湯原の湯」(秘湯100選・中房温泉)
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2502


                    中央線&総武線 「DRAGON BALL バトルスタンプラリー」

                    0

                      JR東日本 「DRAGON BALL バトルスタンプラリー」
                      を吉祥寺からスタートしてみました。
                      中央線・総武線沿線が該当エリアです。
                      https://twitter.com/jre_db

                       

                      (吉祥寺のドラゴンボール用スタンプ台)

                       

                      今回のスタンプラリーは、キャラクター集めと
                      並行して、DRAGON BALL集めもするスタイル。

                       

                       

                      吉祥寺は、キャラが亀仙人、そしてラッキーな
                      ことに、DRAGON BALLの五星球がGETできました。

                       

                      (ドラゴンボールは左ページに)

                       

                      エリアもEASTとWESTに分かれていて、WESTは
                      吉祥寺の五星球をはじめ、武蔵小金井が一星球、
                      西国分寺が七星球、国立が三星球の4つ。

                       

                      (スタンプラリーの公式twitterにはヒントが)

                       

                      EASTエリアは、錦糸町がDRAGON BALLファンなら
                      是非とも手に入れたい四星球、津田沼が二星球、
                      千葉が六星球となっています。

                       

                      (新宿にはキャラクタースタンプだけ)


                      私的には千葉はさすがに遠すぎる…。
                      ギャルのパンティはもらえそうにないな〜。

                       

                      【関連記事】
                      ◇日本橋高島屋 「DRAGON BALL展」
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1658
                      ◇西武線 『DRAGONBALL Z 復活の 「F」』 スタンプラリー
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2417
                      ◇JR東日本 「DRAGON BALLスタンプラリー」
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3056
                      ◇JR東日本 「DRAGON BALLスタンプラリー」 東中野駅
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3061
                      ◇JR東日本 「DRAGON BALLスタンプラリー」 渋谷駅
                      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3070


                      | 1/368PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      人気ブログランキング

                      人気ブログランキングへ

                      にほんブログ村

                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM