福島第一原発周辺の 『のこされた動物たち』

2011.11.04 Friday 23:52
0

    死ぬかもしれないと思うほどの過酷な仕事量を何とか
    間に合わせて、仮眠に入ってまもなくダメ出しの電話で
    起こされるという2重苦の展開。
    睡眠薬でモーローとした頭で指示された方向性に
    まとめ直しました。

    さらに、バイト先からは日曜出社してくれないかという
    依頼の電話も入って、寝てられん!!!
    バイト代は日曜日も平日も同じなのと、週末制作する
    原稿が山積みなので即答は避けましたが、
    現状 “校閲できる人が社員にいない” という状況を
    知っているだけに断りづらい気分です。
    バイトなのにね。。。A型だからだろうか?

    そんなこんなで、いろいろな情報がインプット
    できない日々が続いていますが、通勤途中に
    入った書店で見かけた、福島第一原発周辺の
    『のこされた動物たち』(太田康介撮影、飛鳥新社刊)を
    購入しました。

    ボランティアのこともあって、やはり福島県の問題は
    気になってしまうのです。

    写真を中心としたエッセイになっていて、犬や猫、
    そして牛や豚などの家畜のその後がリアルに
    掲載されていました。
    牛や豚の惨状は目を覆いたくなるような状況。

    そして、人間に忠実な犬に至っては、主のいない
    家を守るかのようにその場にたたずんでいて
    どのワンちゃんも忠犬・ハチ公のよう。

    撮影者に向けられる目はどことなくさびしげで、
    人に慣れているだけに、与える餌よりも
    スキンシップを求めてくるという一文には
    思わず涙が出ました。

    本書の最後には何とか引き取り手が見つかったり、
    避難している飼い主のもとに帰れた動物たちが
    何匹か紹介されていましたが、それだけではとても
    「よかった」 という気持ちになれない惨状を見せつけられ
    ちょっと沈んだ気持ちになってしまいました。

    一匹でも多く、飼い主の下へ帰れますように。。。

    category:書籍 | by:まるたん | - | - | -

    スポンサーサイト

    2017.06.23 Friday 23:52
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

      PR
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      人気ブログランキング
      人気ブログランキングへ
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM