新旧のギャッブが共存する町・川越

2016.10.28 Friday 23:57
0

    川越の 「蔵造りの街並み」 は、川越市伝統的
    建造物群保存地区に指定されていることから、
    川越市都市景観条例に基づた建築基準があります。

     

     

    電柱の地中化のその一環で、晴天の時の空の
    広さは魅力。ドラマのロケ地としても多数
    登場しているのを、何度か観たことがありました。
    観光客も多いので、「蔵造りの街並み」 は
    部分的に、道の3分の1が歩道になっている
    所もあって、散策には最適です。

     

     

    とかいいつつ、さりげにケーブルテレビの
    マンホールがあったりもします(笑)。

    郵便局のポストも渋い雰囲気。

     

     

    でも、一方で電話回線は、わざわざ 「NTT川越」
    と地名までしっかり刻印されていたり…。
    歴史保存と、生活の利便性の兼ね合いが結構
    大変なんだろうなと推察いたします。

     

     

    川越で有名なのはやはり 「蔵造りの街並み」
    ではありますが、大正浪漫の雰囲気を残す
    石造りの街並みも気に入っています。
    「大正ロマン通り」 にあるワンコの店も
    マイ・お気に入り(笑)。

     

     

    石畳の道も多く、「自治体管路」「川越市その他」
    と、用途がよくわからないプレートもあり、
    川越の町の地上は歴史的な雰囲気に包まれて
    いますが、それを維持するためには、地下には
    かなり複雑なネットワークが広がっていそう。

     

     

    また、観光人気の 「駄菓子屋横丁」 には、
    のどかに人力車も走っていますが、一方では
    メインロードに “小江戸” の観光名所が
    描かれたバスも町中を走っています。

     

     

     

    それは、自動販売機にも表れており、蔵の町沿いの
    自動販売機の多くは、渋めのデザインなのですが、
    古い町並みからちょっと外れたところには、
    川越マスコットキャラクター 「ときも」 の
    イラストが入ったピンクの自動販売機も!

     

     

    「ときも」 の名は、時の鐘の 「とき」 と
    川越の名産であるサツマイモの 「いも」 を
    合体させて作ったそう。
    https://www.city.kawagoe.saitama.jp/index.html

     

     

    そんな、歴史と現代的PRが共存しているのも、
    川越の魅力の一つではないでしょうか。

     

    【関連記事】

    ◇幸運を呼ぶ犬 「プリア」 がいる店
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=593
    ◇「川越氷川神社」 の開運スイーツ 「むすびロール」
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2962

    category:散策 | by:まるたん | - | - | -

    スポンサーサイト

    2017.05.29 Monday 23:57
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

      PR
      Calender
      人気ブログランキング
      人気ブログランキングへ
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM