行く方向を見失った時の処方箋 『神様のカルテ』

2016.12.13 Tuesday 04:49
0

    夏目漱石の 「漱石アンドロイド」 がニュースで
    取り上げられており、テクノロジーに対する驚嘆より
    人工知能がどこまで進化してしまうのかという恐怖
    すら感じる今日この頃です。

     

    そんな夏目漱石ですが、学生時代、前期が 『三四郎』
    『それから』『門』 の三部作を読んで、そこから
    漱石の女性観をまとめよという課題で、後期がまた
    『彼岸過迄』『行人』『こころ』 の後期三部作を
    読んで、漱石の生死観をまとめよという課題だった
    こともあり、“無理やり読まされた” 感が強くて
    未だにあまり好きとは言えません。

     

    神様のカルテ

     

    なので、漱石についてはここまでにして、漱石の
    『草枕』 を愛読書という主人公が、長野県松本辺りの
    病院で奮闘する 『神様のカルテ』(夏川草介著、
    小学館刊)について。
    私は単行本の時に読み、そのまま文庫に買い替えない
    数少ない “保存本” として時々読みます。

     

    最近、大学病院が舞台の 『ドクターX』 も放送
    されており、それと対照的な “町の総合医院” の
    リアルな現状が新鮮な気もします。

     

    書籍がベストセラーになったこともあり、櫻井翔さんと
    宮崎あおいさん主演の映画にもなったので、読んだ
    人も多いかと思われます。

     

    と言っても、私は映画の方は観ていません。

    なぜなら、主人公が夏目漱石好きという設定なことも
    あり、語り口調がやや古めかしく、その文体自体が
    安曇野の風景にマッチしていてイメージが膨らみ、
    自分なりの風景が書籍の段階で構築されてしまった
    ので、それを壊したくないから。

     

    登場人物も夏目漱石の 『坊ちゃん』 よろしく、
    「大狸先生」「古狐先生」「男爵様」「学士殿」
    といった愛称でユーモアたっぷりに表現されており、
    文体も簡潔で大変読みやすいのも特長です。

     

    また、患者さんの姓が明科、豊科、安曇といった
    松本平周辺の名がついているのも、親戚の半分が
    松本周辺に住む私にとっては親しみを覚えるのです。

     

    同じアパートに暮らす、売れない絵描き 「男爵様」、
    博士課程歴の長い 「学士殿」、ややコミュ障を自覚し
    大学病院の医局を嫌い(ドクターX?)、高齢者の
    死を繰り返し見送る主人公との関係と距離感が
    どことなくネガティブで心地よく、「学士殿」 との
    別れのシーンは私の中にそのイメージが映像となって
    出来上がっています。

     

    一方で、彼が務めている病院のメンバーは現実的で、
    人間関係においても積極的かつ個性的な面々で
    そちらもまた魅力的。

     

    夏目漱石の 『草枕』 冒頭にある有名な一節、
    「智に働けば角がたつ、情に棹されば流される。
    意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」
    という文が、現代社会に至ってもまさに真理であると
    毎度実感させられています。

     

    病院が舞台なので、当然、患者さんの死に関わる
    内容ではありますが、読後感は温かみが心に余韻として

    残る名作です。また、自分自身が外的・内的要因から
    どっちに向かってよいか、思考が停止してしまった
    時に読むと、頭の中の問題が多少整理される気がします。

     

    第1巻の 「世の中はこうやって回っているのだ。そして
    回り続けて、自分がどっちを向いているのかわからなく
    なっているのが、今の世間というものだ。こういう時、
    自分だけ回るのをやめると世人からは変人扱いされる。
    別に変人扱いされたところで私はなんら痛痒を感じないが、
    細君には迷惑をかけたくないので、とりあえず一緒に
    回ることにしている。きっと世のほとんどの人が(中略)
    いろんな不満や不安をかかえながら、ぐるぐるぐるぐる
    やっている。」 は、いい得て妙だと思うのです。
    ぐるぐるぐるぐる…。はぁ、スッキリした。

    category:書籍 | by:まるたん | - | - | -

    スポンサーサイト

    2017.06.23 Friday 04:49
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

      PR
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      人気ブログランキング
      人気ブログランキングへ
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM