「廣貫堂」 の 「赤チン」 発見!

0

    今日はありがたいことに、期待通りの曇天で、風も
    そこそこ吹いていたので、配送の続きを一気に
    済ませることにしました。

     

    ちょっと擦り傷を作っていたので、消毒液をつけようと
    薬箱を探っていたら、なんと 「赤チン」 が!
    「赤チン」 は、現在、製造禁止となっているので、
    一体いつの物を入れとんじゃ、こら!

     

     

    父は 「赤チン」 信者なので、ケガした時もすぐに
    「赤チン」 を求めるので困っていましたが、まだ
    家にあったとは。あるのを知ったら、これを使い切るまで、
    よくよろけてケガした際に使っている 「キズアワワ」 を
    拒否しまくりそうなので速攻撤去しました。

     

    「マキロン」 のスプレーだと水のようで “治療した”
    証が目に入らないため、「赤チン」 をねだることが
    多かったことから、それなりに白い泡がじわじわと
    傷周辺に沁み込んでいく様子が見える 「キズアワワ」
    を使用しているのです。年寄りのこだわり面倒くさい!
    赤い色が肌に残るのが嫌ではないようです。

     

    「赤チン」 はマーキュロクロム液で、殺菌作用のある
    ヨードチンキに比べて赤いことから、この名が
    つけられ、バンドエイドなどが一般化する前は確かに
    小さな傷に使われていましたが、すでに有効成分は
    死滅していそうだし、逆にばい菌入りそうです。

     

    ちなみに、この 「赤チン」 を製造した 「廣貫堂」 は
    1690年創業の老舗店で、現在も富山の配置薬などで
    頑張っている企業でした。富山の薬についての歴史
    資料館も運営しているようです。
    我が家の 「赤チン」 をぜひ寄贈したいものです(笑)。
    http://www.koukandou.co.jp/


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.06.20 Wednesday
      • -
      • 23:05
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>

      人気ブログランキング

      人気ブログランキングへ

      にほんブログ村

      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM