ムーミン谷は秋真っ盛り 「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」

0

    昨日に引き続き、またしても入間市。
    新たな入間市マンホールをまずはUPしてしまえ!
    よくある市章が中央のやつです、以上。

     

     

    また、昨日は気になっていたけれど、見かけた物が
    カラーの部分が欠けていたので撮影しなかった
    ご当地限定 「入間ガス」 のハンドホール。

     

     

    マンホールはそのくらいにして、今日はすばらしい
    プチ海外気分に浸ってきました。
    それが、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」。

    西武池袋線・元加治駅から徒歩約20分の場所にあります。

    池袋から1本で行けますよ。
    https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

     

     

    ムーミンの世界をベースに、コンパクトな敷地の中に
    作者のトーベ・ヤンソンが大事にしていた 「自然との
    共生、自我と自由の尊重」 をカタチにした公園。

     

     

    そのため、ムーミンの像とかはなく、自分自身がその
    世界観の主役となれる魅力があります。

     

    (山あいにある、まさに谷なんです)

     

    ランドマーク的な 「きのこの家」 からは、本物の
    暖炉の煙が出ていました。家の中にも入れて、
    中ではおじさんが暖炉に薪をくべていました。

     

     

    「きのこの家」 の奥の山にも散策用のデッキウォークや
    オームみたいな(ナウシカだけど)「見晴らし橋」 が
    架かっていたりと、紅葉したメタセコイアに囲まれた、
    まさに “谷” になっているので、たとえ紅葉が終わって
    冬枯れになっても 「ムーミン谷の冬」 の世界を楽しめそう。

     

    (「きのこの家」 の裏の見晴らし橋とデッキウォーク)

     

    どの建物も木で造られた温もりがあって、館内に入っても、

    自然を感じられる公園です。

     

    (「子ども劇場」 の入り口には、Xバージョンの人気キャラが)

     

    ただ、今は残念ながら池の一部を改修工事中でクレーンを
    入れずに撮影するのに苦労しました。

    でも、秋のムーミン谷、サイコー!

     

    (右手の緑のシートが見える所が、ただ今、工事中)

     

    『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』 も今日から
    公開されたので、映画とセットでリアルムーミン谷を
    楽しんでみては。
    http://www.moominswonderland.jp/

     

    (「きのこの家」 の向かいにあるウロコ屋根の家)

     

    それぞれの建物の中にも入って様子を見てきたのですが、
    現在、江ノ島に勝るとも劣らないスーパーヘビーな
    撮影込み原稿制作があり、今日もそちらにも行きましたが、
    20点中3点しか撮影できず(山また山で、撮影場所も
    それぞれかなり離れていて、そこも坂続きだったので)、
    明日はさらに早起きして、残り17点を揃えねば!

     

    編集部から 「晴天希望」 というミッションが与えられて
    いたこともあって、この土日に撮影が集中したのです。
    しかも、締め切り月曜日だしね、はっはっは!

     

    明日も晴れるようなので、おそらくムーミン谷を囲む
    メタセコイアが秋の日に照らされて、絶対に見頃!

     

    (自然に包まれて、くまきちくんも大満足。でも売店がない)

     

    夏も子供を遊ばせる上では良いかもしれませんが、
    大人や原作を読んだ人にとっては、北欧の話だし、
    秋と冬が原作イメージを感じさせてくれるに違いありません。

     

    もっと館内のこと、展示されていた小物のこと、
    建物のデザインのさりげないポイントなど紹介したい
    のですが、とにかく座間市を何とかせねば。

     

     

    一例として、ウロコ屋根の装飾、ニョロニョロなんです。

    何やらムーミンパパっぽいフォルムの物も。

     

     

    それと、「きのこの家」 の山側に1つだけ飛び出ている天使。

    これって、単なる装飾じゃなくて、雨どいなんだそうです。

    知れば知るほど、ちょっとした所に “遊び心” が隠されていて

    大人も十分に楽しめます。

     

    座間エリアが終わったら、公園のさりげな魅力を紹介予定!

     

    まあ、入間市から座間市の取材に異動したおかげで、

    西武新宿線&池袋線、八高線、横浜線、相模線、相鉄線、

    小田急線に乗れて満足。

     

    ただ、あまりに座間は坂が多く、ちょうどそこに行く

    バスもなく、本数も少なく(1時間2本とか)、さらに

    駅前にタクシーもいないので、歩くしかありませんでした。

    江ノ島の暴風の後は、寒空の登山かーい!

     

    (座間も紅葉見頃なんだけどねー。アップダウン多杉!)

     

    剣道で鍛えた私の強靭な足の裏に(剣道はすり足で、

    足の裏の皮がむける)マメが出き、さらにそれがつぶれると

    いうスポ根取材となり、かなりの疲労困憊。

    明日の朝、起きられるかが心配なので、今日は公園の概略と、

    紅葉情報だけサクッと紹介することにしました。

    すっごく、すっごく、心残りなので、後日追加リポートを。

     

    かなり、オススメの自然公園で、子供じゃないと入れない

    隠れ家のような場所にあるので、お子さんがいるからはぜひ!

    子供たちが隙間で、いろいろな発見に目を輝かせる様子を

    見守れる、親としては嬉しい笑顔を撮影できると思いますよ。

    しかも、入場料タダ! お財布にも嬉しいレジャーと言えるでしょう。

     

    【関連記事】
    ◇入間市には、飯能市・川口市のマンホールもいっぱい!
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3379)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.17 Monday
      • -
      • 23:37
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      人気ブログランキング

      人気ブログランキングへ

      にほんブログ村

      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM