楽しい発見満載のムーミン谷 「きのこの家」

0

    ここ連日、座間の公園撮影で、足にマメができた上、
    それすらも破れるという、激しいスケジュールです。
    まあ、座間市、大和市、海老名市の3市を歩き回り、
    マンホールは大漁なのですが、整理する余力もなく…。

     

    (ムーミン谷の向かいにある 「阿須運動公園」 にて)

     

    なので、昨日全体をご紹介した 「トーベ・ヤンソン
    あけぼの子どもの森公園」 の中でも、館内が楽しかった
    「きのこの家」 の写真をUPして、キャプション程度に
    文章を入れるのが精一杯です。
    https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

     

     

    「きのこの家」 は、会津さざえ堂のようになっています。
    入って、1階には小さなリビングのような、展示用の
    部屋があって、そのすぐ右手に地下へ下りる細い階段が。

     

     

    とくに立ち入り禁止でもないので、下りていったら
    地下室というよりプレイルームになっていました。

     

     

    地下1階の入り口は、ムーミンというより、やっぱ
    カバの幽霊みたいな姿が木で描かれていました。

     

     

    再び1階に戻って奥に進むと暖炉があり、昨日2日は
    イベントとして暖炉を燃やす日だったので、火が入った
    状態を見ることができました。そういえば、園内を散策
    している時、煙突から煙もちゃんと出てました!

     

     

    館内は、1階と地下ははっきり分かれていますが、上階は
    壁沿いに螺旋階段となっていて、壁際にさまざまな展示物
    があります。主に、ムーミンワールドの基本世界の紹介。

     

    (読みやすいよう、窓辺にムーミンの説明板が)

     

    ウッディな雰囲気の中、手すりのうねうね感がアクセント
    となっていて、所々にある窓からは光が差し込んできます。

     

     

    小さな窓から公園を見下ろすのもまた風情。
    子供でも、というか子供が見やすいように窓は低めの
    場所についています。

     

     

    とはいえ、小さな窓なので、上に行くほど薄暗いので、
    いろいろな形の灯りもつけられており、これがまた
    “秘密のお部屋” みたいな、わくわくする世界を創り出すのに
    一役買っているのです。

     

    (うわー、上りたいけど、大人で上ってる人いないし!)

     

    上階へと上っていくと、ロフトのような場所や、子供じゃ
    ないと入っていけない穴もあって、私がチャレンジすると
    おそらくハチミツを食べるために木の洞に頭を突っ込んで
    出れなくなったプーさんのようになりそうなので、大人の
    対応をすることにしました。無念!

     

     

    きのこ型になっていた屋根は下から見ると、傘のように
    なっていて、光取りの役割も果たしています。

     

    (穴があったら入りたい…慣用句ではなく)

     

    穴があったり、梯子があったり、壁と壁の隙間に何か
    置いてあったりと、宝探しのような面白さがあります。
    子供だったら、見つけられる物がたくさんあるでしょう。

     

     

    それでも、フロア状になっている所に置かれている椅子の
    後ろに宝箱のような物を発見。残念ながら鍵がかかって
    いましたが。何が入っているか空想するのも一興です。

     

     

    また、壁際の隙間にスナフキンのテントを発見!
    10センチくらいの高さしかない、小さいテントですが。
    スナフキンの説明板もありました。

     

    「ものをもたない主義で、古ぼけた緑色の帽子とズボン、
    緑色のレインコートを身に付けている。秋になると旅に出て、
    春にムーミン谷に戻ってくる。自分で歌を作り、ハーモニカを
    吹く」 と書かれていました。あの服、レインコート
    だったのか。北欧だとレインコートじゃ寒そうだけど…。

     

     

    空洞になっている柱の中には、リトルミイの家も。
    小さいながらも、光取りのある空間です。

     

     

    そして、「きのこの家」 の裏には、笛を吹いている天使の
    像があり、実はこれ、雨どいになっているそうです。
    そうした遊び心が随所に散りばめられていて、それを
    見つける楽しさも 「きのこの家」 の魅力です。

     

    絵本テーマの公園としては、箱根にある 『星の王子さま

    ミュージアム』 より気に入っています。1回はいいけど、

    もう一度見に行きたいと思えず…。

    あちらはすでに世界が出来上がっているのに対して、

    ムーミン谷はキャラクター像などがなく、春夏秋冬の変化に

    よって、世界が変わるからかもしれません。

     

    【関連記事】
    ◇ムーミン谷は秋真っ盛り 「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3379


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.08 Saturday
      • -
      • 23:15
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      人気ブログランキング

      人気ブログランキングへ

      にほんブログ村

      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM