『コタローは1人暮らし』 は周囲の大人が本当の主役

0

    ネグレクト家庭で育ち、接触禁止命令でDV父とは
    離され、母親はどうやら自殺したらしく、その
    保険金を “やさしい人” からの贈り物と弁護士から
    言われて、ボロアパートで一人暮らしをする4歳児
    コタローくんの生活が描かれている漫画です。

     

    絵ははっきり言って苦手でしたが、読んでいる内に
    だんだんとコタローくんがかわいく見えてきます。

     

    彼と同じアパートに住む人たちも、どちらかと
    言うと社会的弱者で、経済的に豊かとはいえない
    曲者揃いですが、それだけにコタローくんが抱える
    寂しさに彼らなりに応えてあげようとする優しさに
    溢れていて、心温まると同時に切ない展開。

     

    一方で、コタローくんに関わる人たちも、個々に
    悩みやトラウマ、家庭問題を抱えていたりして、
    ネグレクト家庭で育っただけに、そうした大人の
    小さな心の襞にも敏感なコタローくんが彼なりに
    気遣う姿も健気。


    現実的にはあり得ない設定だし、コタローくんが
    幸せに行きつける希望もあまり期待できませんが、
    日々の中にある小さな幸せが見出せる作品だと
    思います。どういう終わり方になるのかが予想
    できなくて、ついつい買い続けております。

     

    ちなみに、我が家も今の基準で言ったらDV家庭に

    認定されていたかも。現在、瀕死状態の父に、

    かつては何発殴られ、物ぶつけられたか数知れず。

    児童相談所や教育委員会に言いつけるという

    知恵がなかったのが残念です(笑)。

    でも、何とかグレず、少し曲がったかもだけど、

    他人に迷惑をかける社会人にはならずに済んで

    良かったと、一応、自分を評価しています。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.25 Tuesday
      • -
      • 23:50
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      人気ブログランキング

      人気ブログランキングへ

      にほんブログ村

      ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM