介護休暇してしまった!

2017.02.09 Thursday 04:02
0

    父の入院と、それによる母の疲労ダウンで、もう何が何やらわからぬ

    日々が続き、ブログも介護休暇状態になっていました。

    この際、介護休暇として休んじゃおうかなとも思いましたが、

    ここまで一応、仕事の原稿書きでUPが遅れたりもしながらも

    何とか更新してきたので、追いつくまでに頑張ろうとやっと

    ブログを書く気力が蘇ってきました。

    というか、奮い立たせてると言おうか…。

     

    それほど、時間はかからないはずなのに、介護生活の合間にも

    テレビとかは見ていたのに、こんなへっぽこなブログでも

    書くとなると、やはりそれなりに集中力を使うので、ついつい

    このページを開くのが怖くなってしまって、こういう状況に

    相なり候…ということでした。

    10日くらい空いてしまったので厳しい気もしますが、心機一転、

    頑張りたいと思います。

    category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

    そうだ、青色申告があるじゃないか!

    2017.02.07 Tuesday 23:14
    0

      なんかそんな気はしてました。

      ようやく、父の治療と介護の今後についての相談をする日が

      病院側から言い渡され、木曜日の “昼頃” と決定。

       

      なぜ、“昼頃” ときっちりした時間設定が成されなのかというと、

      担当の方の業務によって、おそらくは急患や急変患者がいれば

      そちらが先ということになるのであろうという予測のもと、

      心の奥底では金曜日に仕事が入るといいなと願う私でしたが…。

       

      そういう時に限って、狙いすましたように、取材依頼の日程が、

      木曜日の13時を提示してくるのでありました。

      あうううううううううう、オーマイガー!

      かなり、専門的なことや、各種申請に関する内容、そのために

      必要となる検査など、込み入った話になる予定なので、とても

      記憶力がおぼつかない上、今回の緊急入院で動転真っ只中の

      母だけに対応させるわけにはいきません。

       

      まあ、いいや。今週は仕事はスッパリ割り切って、眼前の課題に

      集中することにします。ってあれ? そろそろ青色申告も?

      ってことは、昨年、自動的に1割徴収されてしまった税金が

      還付される、フリーランスにとってのボーナスシーズン!

      (ちゃんと申告書類を揃えて、税務署に提出すれば)

       

      ある意味、貴重な収入源なので、そちらを粛々と進めつつ、

      病院対応していけば、それなりに収入は得られるはず。

      ギャラの振り込みよりは、多少、還付金の入金までには時間が

      かかるけれど、致し方なし!

      払い過ぎている税金はキッチリ還してもらわねばね。

      ちょっとやる気が出てきました。領収書の整理は今年もまた

      辟易しそうですけど(笑)。

      category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

      せっかくの収穫期に、なんで “今” なんだ!?

      2017.02.05 Sunday 23:19
      0

        連日、あまり楽しくないテーマですいません。

        新卒募集原稿で、求める人物像と取材対象者が全く逆の志向

        だった記事も、何とかそれらしくまとめて納品したので

        そちらはひと段落ですが、父の入院騒動の方はまだ不透明感

        炸裂中で、週のどこかで今後について話し合う時間が設けられる

        こととなり、来週の仕事は受けられそうにありません。

        経済的に苦しいのでありました。

         

        病院からの呼び出しって、こっちの都合お構いなしなので

        毎度その調整で困るんですけど、今回はいつも以上にヘビー

        なので、来週の仕事はスキャンダル報道にあったタレント並みに

        すっからかんに空けました。

        早く曜日と時間を決めてくれい!

        今は求人原稿制作繁忙期なので、合間に取材に行けるものなら

        行きたい気持ちでいっぱいですが、母が介護で一杯いっぱいな

        状態となっていることもあり、両親同時多発ダウンだけは

        避けねばならず、2月2週目の仕事はやや諦め気味。

        とにかく、この山を越えねば! 踏ん張るしかありませんな。

        category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

        レスパイト入院…ってことで

        2017.01.30 Monday 23:32
        0

          案の定、うちのややボケ気味な老人が入院となりました。
          保育園取材は原稿書きで徹夜のまま、何とか回り切り、
          本当は明日への体力温存したいところですが、必要書類など
          書いたり、入院には2人も保証人が必要なので弟の勤務先に
          電話したりと、バタバタしております。

           

          さらに、今日は母の誕生日でもあり、日頃は父への老々介護で
          疲れ切っている中、唯一の楽しみにしていたし、この年に
          なると、来年があるかかなり不透明だし、ぶっちゃけ夕食
          作る気力もなかったので、毎年母の誕生日には必ず食べに
          行く店で、これまた必ずオーダーする白子料理を食べてきました。

           

          原稿書きもあるし、急な入院で慌ただしかった割には、
          父の介護から解放されたせいもあってか、なぜだか妙に
          リラックスした気分に。
          睡眠不足で、家に帰ったら原稿書きだというのに、
          思わず梅サワーをオーダーしてしまったのでした。

           

           

          父のこのところの異様な行動は、一種の貧血によるものと
          判明しました。赤血球がかなり少なくなっていた模様。
          栄養点滴だけでなく、輸血まですることに。

           

          急な入院だったこともあって、トイレ、シャワー、キッチン
          完備の特別室になってしまい、退院時はいくら請求が
          くるのやら。そこは思考を停止しておくとします。
          ちなみに、特別室のテレビは有料のカードがいらないと
          初めて知りました。

          category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

          「巧言令色すくなし仁」 の表記

          2017.01.22 Sunday 23:50
          0

            昨日、「恕」 という言葉について書きましたが、
            同じおもいやりや慈しみの気持ちを表す漢字として
            「仁」 も重みがあって好きだなと思いつつ、
            「仁」 という文字を使った言葉で、「巧言令色
            すくなし仁」 があったなぁと思い出し、自分が
            認識している意味で良いのかネットでチェック!

             

            確かに意味についての理解は合っていました。
            「令色」 人の顔色ばかり見て、「巧言」 言葉巧みに
            相手を褒めへつらっている人は、「仁」 人に対する
            本心からの敬意やおもいやりに 「すくなし」
            欠けているという意味です。

             

            で、問題はその 「すくなし」 なのですが、これが
            「少なし」 ではなく 「鮮し」 という表記なのでした。

             

            国文科だったのに、漢字検定二級なのに、校閲とか
            やっちゃってるのに大丈夫なのか、私!

             

            以前は、「袖すりあうも他生の縁」 も 「多少」 だと

            思っていたこともあり、どうやら 「少ない」 という

            文字が潜在的に好きらしい?
            うーん、脳みそは確かにちょっと少ないみたいですね。

            category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

            アパ・アパ・アパ・アパ…

            2017.01.16 Monday 23:44
            0

              求人原稿制作に携わって、いつの間にか13年。

              その前に、就活関連書籍のリライトなどもやっていたので、

              就活関係の仕事を合計18年もやっている私。

              作った求人広告も4000社以上。

              ITと製造業界を得意としているものの、幅広い業界と

              多彩な職種の取材に対応してきました。

              きましたとも!

               

              って、ここまで自慢げに書いてみましたが、そんな中、

              やや苦手としている業界が1つだけあります。

              それは、アパレル業界!

              服は擦り切れてなくて穴が開いてなければいいだろーと

              いうスタンスなので、困るんだよね、アパレル。

              4000社以上やってきたけど、アパレル関係については

              これまで両手にも満たない数しかやっていないのです。

               

              取材依頼の電話で、日程と場所、企業名が告げられ、OKなら

              その後、本格的な依頼書が送られてくるので、電話の段階で

              社名は一応聞くものの、手帳に記するのは、時間と場所だけ。

              しかも、一社はなんとかトレーディング、もう一社は某商事

              とのことだったので、勝手に部品の輸入メーカーとかかなと

              思っていたら、依頼書を見て愕然!

              よりによって、別々に依頼されたどちらもがアパレル!

              アパアパアパアパァアア!

               

              一応、編集部には 「あえて苦手分野を挙げるならアパレル」

              とは伝えてあって、それぞれのライター情報にもそれは

              共有されているはずが、これは一種の肩たたき? とまで

              被害妄想してしまうくらいの狼狽えっぷり。

               

              まあ、企画自体はどちらもそれほど大きくないので、HPを

              チェックすれば何とかなるものの、困ってしまうのが取材に

              着ていく服。「粗悪な生地だと思われるかも」「流行遅れと

              思われるかも」 と、さらに被害妄想が拡大。

              判断基準がわからないので、仕事用の服でとにかく高い物で

              武装したのでした。取材バッグを除けば、総額約80万円の

              コーデなので、モンクあるまい!

              企業研究そっちのけで、生まれて初めてのデートかい!?

              と自ら突っ込みたくなる狼狽ぶりで服選びしたのでした。

              2日連続のアパレル関連企業取材を何とかクリアせねば!

              category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

              思い込んだら試練の道を…

              2017.01.12 Thursday 05:02
              0

                週末の寒波に向けて、気圧が悪いのか、我が家の年寄りが

                いち早くそれを体で察知して、どうにもこうにも介護から

                抜け出ることができません。

                かく云う私も、力仕事が多いせいか、左手が腱鞘炎気味で

                そこがどんよりと重たくて、や〜まいったまいった。

                 

                ブログを書く元気がイマイチ出ないものの、書けば逆に

                多少なりとも気力が湧くかと思い、日記みたいな内容で

                書いているのでした、なう!

                 

                昨年に比べると、父がガックリとヤバい方向に向かって

                いることだけはわかる今日のこの頃。

                年賀状をギリギリまで書かなかったのも、「もしや」 の

                場合があるかも…と潜在的意識が働いていたのかも

                しれないと思ってしまいます。

                 

                育児に比べて、終わりが見えない介護生活ですが、後あとの

                後悔にならないよう、とにかくやるしかなさそう。

                大きなプロジェクトだってリリースの日程があって、そこまで

                頑張れば、何とかなるという希望がありますが、全く先が

                見えないという体験は介護だけではないでしょうか。

                きっと自分を強くしてくれているのだと、自分に言い聞かせ

                日々のトラブルに全力で当たるのみ!

                高齢化社会に負けていられっかぁああ!

                 

                『巨人の星』 の オープニングテーマではありませんが

                「思い込んだら試練の道を、行くが男のど根性」 です。

                ちなみに私の友人Kは、「思い込んだら」 の歌詞を本気で

                「重いコンダラ」 という物体だと思っていたという

                結構ありがちな勘違い野郎です。映像がちょうどタイヤを

                腰に巻いてうさぎ跳びしている星飛雄馬の幼少時代の画像と

                かぶる歌詞なので 「タイヤ=コンダラという物体」 だと

                思っていたそう。

                都市伝説でそういう人がいるとは聞いていましたが、まさか

                身近にいたとは! 灯台下暗しなエピソードでした(笑)。

                category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                2017年、あけましておめでとうございます!

                2017.01.01 Sunday 04:10
                0

                  朝から、弟ファミリーが訪れ、餅焼き、配膳、食器洗いと

                  主婦のようなめまぐるしい1日でした。

                  例年、1月2日はぶっ倒れて、夢心地に箱根駅伝を見ると

                  いうのが相場となっています。

                   

                   

                  毎年、弟ファミリーが帰った後は、おせちの残りを

                  つまみつつ、新年らしからぬ暗いテーまであることが

                  多い 『相棒』 を見る流れ。

                   

                  いつも通りの新年を迎えることができましたが、昨年に比べ、

                  格段に父の老化&ボケが進行しているので、どうなることやら。

                   

                  せっかくいただいた年賀状を見る元気も起きず、まずは

                  新年用に準備した諸々の片づけを、老骨に鞭打ってやり切りました。

                  明日は、箱根駅伝往路を見つつ、いただいた年賀状への返信に

                  着手せねば!

                   

                  ライター業務も、年齢制限的な行き詰まりもあるので、

                  「一年の計は元旦にあり」 とも言われているので、介護と

                  並行して、前向きに仕事に取り組める体制づくりに注力

                  したいと考えております。

                   

                  旧年中は、当ブログに訪問いただき、ありがとうございました。

                  よろしければ、2017年も時々でいいので、おつきあい

                  いただけますと幸いです。

                  category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                  歯医者の時間待ちで兜町 「日枝神社」 に

                  2016.12.27 Tuesday 23:42
                  0

                    私の人生で唯一の歯科医が今年で止めるそうなので、
                    花やお菓子を持っていくのは変だし、結局、虫歯も
                    ないのに、歯石取りに行くのが一番であろうという
                    結論に達し、行ってまいりました。

                     

                    予約制ではないので、行きたい時に行けるのが特長。
                    証券会社の忙しい人が、短期間で治療できる歯科医と
                    して、口は悪いが、手際が良く、虫歯が2つあったら
                    いっぺんに2つ穴をあけちゃうくらいの軍隊式。

                     

                    神経抜きも、ブスッと注射して、ガーッと削って、
                    ズバッと神経抜いて、ぐいぐい石膏埋めておく…
                    みたいなダイナミックな治療工程が魅力?

                     

                    歯石取りも、歯ぐきから血が出て、口の中が鉄分の
                    味でいっぱいでもお構いなしで、顎が痛いと叫んでも
                    一気にガリガリ削ってくれます。

                     

                    今日は午前の部に入れるタイミングだったのに、
                    午後の部にしてくれと言われ、その辺でぶらぶら。
                    せっかく、歯をしっかり磨いていったので、飲食店で
                    時間をつぶす訳にもいかず、慣れ親しんだ兜町や
                    日本橋付近を散策してました。

                     

                    日枝神社(山王御旅所)

                     

                    ちょうど、東証に程近い、兜町の鎮守ともいえる
                    「日枝神社(山王御旅所)」 で、年末の大祓を
                    行っていたので、それを横目に参拝。
                    大祓のための茅の輪も設置されていました。

                     

                     

                    日枝大神は大地を司り、成長発展を守護してくれる神。
                    江戸時代の日本橋付近は河岸もあり、川での輸送の
                    中心地でもあったことから、八丁堀鎧島祓所まで
                    ご祭神の神輿を船で神幸されたとのことです。

                     

                    相殿には菅原道真(天神様)や稲荷大神、浅間大神が
                    祀られているので、まあどんなお願いでもひと通り
                    対応可能って感じでしょうか。

                     

                    海外からのお客さんを呼び込む努力をしている日本橋、
                    レトロな雰囲気で散策する人も多い人形町の間で、
                    かなり寂れてしまった兜町。歯科医を近所で探すと
                    なると、こちらに来る機会も減り、証券会社時代の
                    つながりが断ち切れてしまうような寂しさがあります。

                     

                    がんがれない!

                     

                    午後一番の、歯石取りは今日も豪快で、「ウガガ!」
                    「ヒヲアイアスウ(血の味がする)」 と訴えても
                    やっぱりガン無視され、ちょうど2時45分頃に
                    ラジオからSMAPの 「がんばりましょう」 が流れてきて
                    「ガンガレガイオゲイアイイイテ(頑張れないので
                    2回にして」 とお願いして、奥歯は後日ということに
                    なりました。治療中の意味不明な言葉を理解できるのが
                    未だに不思議でなりません。

                     

                    先生が何年通ったかカルテを確認したら、やはり28年。
                    最終日を1回後へと持ち越しましたが、もう最後。

                     

                    ちょっとしんみりした気持ちにもなったのですが、
                    結局、いつも通り、TPOに合わせ(?)喧嘩腰な態度で
                    治療室を出てしまいました。労いの言葉をかけたいと
                    思っていたのに…。器、ちっさ。

                     

                    その後、歯科医の下階にある、これまた行きつけの
                    喫茶店で、店主と歯科医の先生の話をしていたら、
                    突然なぜか涙がボロッボロ出てしまい。

                    年取ったせいなのか、自分の会社がなくなったトラウマと

                    結びついてしまったのか、理由は不明ですが、ここ数日、

                    涙腺が緩みやすくなっているようです。

                     

                    さぁて、歯石取り、あと1回。
                    今度こそ、もうちょっと穏やかなお別れができればと
                    思っています。

                     

                    【関連記事】
                    ◇冠婚葬祭マナー集にも出てない対応
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3018

                    ◇マイ・歯医者さん
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2992

                    category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                    粗大ゴミと腰痛

                    2016.12.21 Wednesday 23:45
                    0

                      親も高齢となったことや、防災の観点から、これまで

                      天袋に眠っていた粗大ゴミを叩き起こして、旅立ちを

                      サポートしまくっております。

                       

                      12月だけでも大物を5点。

                      全て2階の天袋にあった物なので、毎度毎度、通常の

                      ゴミ袋に入らないでっかい電化製品などを、自分が階段から

                      転げ落ちそうになりつつ、運び下すのがひと苦労。

                      すっかり、粗大ゴミ腰痛になってしまいました。

                       

                      とはいえ、今後はそうした自治体が行ってくれている、

                      リーズナブルな(?)粗大ゴミ回収料も値上がりすると

                      思われるので、かなり巨大な物でも300円で持っていって

                      くれる内にせっせと断捨離しなくては!

                       

                      2階の天袋はこれで完璧!

                      なのですが、よ〜く考えてみると、家ダニの宝庫となって

                      いそうな、私の部屋の床に堆積している書籍や漫画や資料が

                      今や一番の断捨離対象となりそうです。

                      結構、書籍や漫画は読んですぐにBOOKOFF行きを決めて

                      いるつもりですが、INとOUTのバランス的にやはりINが

                      多いんですよね。さてさて、どうしたものか…。

                      category:徒然 | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM