JR東日本 「DRAGON BALLスタンプラリー」 東中野駅

2017.01.23 Monday 23:37
0

    取材が午後だったので、「DRAGON BALLスタンプラリー」の
    東中野駅を回ってから行くことにしました。

    絶対と言っていいほど、東中野での取材なさそうだし。
    これまで4000社以上取材していますが、東中野駅での
    取材は東口の歯医者さんだけ。

     

    ってことで、何も考えずに新宿寄りの出口に出てしまい、
    どこを見回してもスタンプ台が見つからず。
    他の駅で見かけたスタンプ台はこっちという貼り紙も
    見かけなかったし、どういうこと? と当惑。

     

    よく考えてみると、エリア情報でこの辺りの散策を
    した際、中野駅寄りに駅ビルを造っていた記憶が蘇り、
    とぼとぼと線路沿いに向かったところ、改札口前に
    スタンプ台を発見しました。

     

     

    やはり、「DRAGON BALLスタンプラリー」 は孫悟空の
    スタンプがある東中野駅は押さえなければね。

    ということで無事にスタンプをGETした次第です。

     

     

    スタンプを押して再びホームに降りたら、東口寄りには
    スタンプ台の方向を示す貼り紙がありました、がくっ!

     

    【関連記事】

    ◇JR東日本 「DRAGON BALLスタンプラリー」
    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3056

    category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

    SMAP衣装展示・TUTAYA渋谷店 Part.2

    2017.01.07 Saturday 23:55
    0

      本当は昨年中に観に行く予定だった 『海賊と呼ばれた男』
      にようやく行ってきました。そして、この時とばかりに、
      TUTAYA渋谷店にも立ち寄ってきました。

       

       

      昨年末は、稲垣吾郎さんの衣装だけでしたが、1月上旬は
      SMAPのツートップの衣装展示だと今回は事前チェック。

       

       

      2005年のツアーに木村拓哉さんが着用した衣装と、
      2010年のツアーに中居正広さんが着用した衣装だそう。

       

       

      左が木村さん、右が中居さんの衣装で、左は何となく
      “キムタクっぽい” 感じですが、右のは微妙。
      まあ、中居さんは獅子座だそうなので、デザインは
      さておき、ラッキーカラー・赤だからいいのかな?

       

      ちなみに、1月26日以降は “シンツヨ” こと、
      草剛さん、香取慎吾さんの衣装を同時に見ることが
      できるようです。こうなったらフルコンプしてやる!

       

      【関連記事】
      ◇SMAP衣装展示・渋谷TUTAYA& 「HMV&BOOKS」
      http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3036

      category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

      SMAP衣装展示・山野楽器ワルツ所沢店

      2017.01.06 Friday 04:24
      0

        昨年末、SMAPの衣装展示をスタンプラリーのように
        回ったので、凝り性の私としては、これはもう東京は
        コンプせねばと思った次第。
        所沢は東京じゃないけれど、私にとっては銀座よりも
        近いので、ほぼ東京ってことで(笑)。

         

        駅前の 「ワルツ所沢」 に入居している山野楽器に
        行ってきました。

        地域密着型の店なので、同じ山野楽器でも銀座店に
        比べると、手作り感があっていい感じ。

         

         

        なんで所沢っていう気がしますが、彼らのデビューが
        「西武園」 だったからでしょうか?

         

        店の入り口付近にテーブルが置かれており、付箋と
        色とりどりのマジックペンが用意されていました。
        メッセージも店内だけでなく、店のパーテーション
        にもビッシリと。

         

         

        いくつか読んでみましたが、お疲れ様的な内容では
        なく、「25周年おめでとう」「ありがとう」 的な
        トーンのコメントがほとんどで、解散を認めない
        ファンの意志のようなものを感じました。

         

         

        店内に展示されていた衣装は銀座店にあったものを
        持ってきたようです。銀座店よりも近くで見ることが
        できました。

         

         

        また、店内の至る所に 「これ、よく取っておいたな」
        と思うほど、それぞれのCDやアルバム販売時の
        ポスターが貼られていて、その中にカップリング曲
        として 「ココカラ」 があり、そういえば日本橋の
        再開発関連原稿を書いた際に、テーマ曲として、
        この曲のことにふれたのを思い出しました。
        それと同時に、八重洲付近から室町、茅場町、人形町
        一帯の老舗巡りをさせられたことも…。

         

         

        SMAPの映像の後ろには、中居正広さんがかわいがって
        いる 「舞祭組」 の 「道しるべ」 の映像も流れて
        いて、内容がほぼ中居さんへのメッセージみたいな
        曲なので、それにほろりときました。
        SMAPファンの人も応援してくれるのじゃないかな?

         

        【関連記事】
        ◇SMAP衣装展示・山野楽器&タワレコ新宿
        http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3035

        category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

        SMAP衣装展示・タワレコ渋谷

        2016.12.30 Friday 05:02
        0

          今日の朝日新聞を開いてビックリ!
          広告欄が多い。それも全てSMAP関係で8面?
          昔、オノヨーコさんが確か世界平和を訴える
          全面広告を掲載したのにも驚きましたが、
          それ以上の驚愕。1週間程度で新聞の広告欄を
          埋めつくすまでの募金が集まるって一体?

           

           

          嬉しかったのは、最後のページに、SMAPが
          最後まで訴えていた東日本大震災の支援金を
          支えていこうという呼びかけでした。

           

          で、話は元に戻りますが、「YSUTAYA」「HMV&BOOKS」
          に続いて、タワレコ渋谷店に行きました。
          タワレコ渋谷店は 「HMV&BOOKS」 の斜め前です。
           

           

          やはり、若者もおばさん、おっさんもSMAPコーナー
          に集まっていました。

           

           

          タワレコ渋谷店の最大の特徴は、CD・DVD陳列の横に
          SMAPへのメッセージを書くノートが5冊程度用意
          されていたことです。
          それぞれ熱心にコメントを書き込んでいて、皆さん、
          かなり事細かに、自分自身の思い出を重ねたコメを
          書き込んでいたようです。

           

           

          タワレコ渋谷店には、2012年のルアーで香取慎吾さんが
          着用した衣装が飾られており、色味的にも目立って
          いました。デザイン系が好きという香取くんらしい
          斬新なデザインの衣装で、まさにステージ衣装っぽい
          華やかな雰囲気を醸しています。

           

          「TSUTAYA」 は今後、別の衣装も展示予定

           

          渋谷で開催しているSMAP衣装展示ですが、私が行った
          日は稲垣さんの衣装でしたが、年末年始にかけて
          精力的に 「SMAP 25 YEARS」 のPRとして衣装展示を
          期間ごとに変えていくようで、12月29日から1月12日
          までは木村さん、1月7日から22日までは中居さん、
          1月16日から31日は香取くん、1月26日から31日は
          草なぎさんの衣装展示という予定だそうです。

           

          香取くんと草なぎさんの仲良しコラボが鑑賞できる
          のは、ちょっと見たい気がしますが、香取くんと
          木村さんの衣装展示がかぶらないようにしている
          あたりが微妙…。

          ってことで、歯医者帰りにSMAP巡りをしてみた次第。

           

           

          帰りの山手線ホームには、中居さんのアイドルCMの
          看板がデカデカと出ていました。
          2017年も使えるのかな? でも、アイドルって別に
          グループである必要はないんですよね。
          たとえば、俊ちゃんみたいに(笑)。

           

          今回は、これまでほとんど見たことがなかった
          ステージ衣装が、思いのほか、クオリティが高いと
          いうことを実感しました。2016年もあと1日。
          SMAPというアイドルグループもあと1日で、その
          歴史にピリオドを打つこととなります。

           

          【関連記事】
          ◇SMAP衣装展示・山野楽器&タワレコ新宿
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3035
          ◇SMAP衣装展示・渋谷TUTAYA& 「HMV&BOOKS」
          http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3036

          category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

          SMAP衣装展示・渋谷TUTAYA& 「HMV&BOOKS」

          2016.12.28 Wednesday 23:03
          0

            昨日に引き続き、ってか一昨日ですが、SMAP特集で
            いきますですよ。新宿のタワレコに行ったら、
            渋谷のタワレコでも衣装展示をやってると知り、
            足を延ばすことにしました。
            やりだしたら止まらないのが私です。

             

             

            で、さらにネットチェックしたら、渋谷は3カ所も
            やってて、駅近の 「TSUTAYA」 や 「HMV&BOOKS」
            でも開催中とのこと。タワレコより近い!
            渋谷駅に着いたら、駅前のスクリーンでもDVDの
            映像が流れていました。

             

            TSUTAYA 渋谷店

             

            まず、「TSUTAYA」 に行ったところ、人だかりを
            発見! まさに老若男女が集まっていて、女性ファン
            だけでないのに驚きました。

             

             

            こちらも、手描きのPOPにめっこりとキャッチコピーや
            思い入れなどが書かれていて、その熱意に感動。
            こんだけの文字数書くの、大変だったろうなぁ。

             

             

            「TSUTAYA」 には、稲垣吾郎さんが2012年のツアーで
            着用したと思われる衣装が展示してありました。

             

             

            どうやら、いろいろなツアーの中でもその人らしい
            衣装を展示しているのかなと、銀座 「山野楽器」、
            新宿 「タワーレコード」 と回ってみての感想。
            このあたりで、すでに 「ポケモンスタンプラリー」
            的な気分になっております。

             

            HMV&BOOKS TOKYO

             

            次に歩いて、2分程度の場所にある 「HMV&BOOKS」。
            『ONE PIECE FILM GOLD』 のDVD販売に合わせて、
            サウザンドサニー号も展示してあって狂気♪

             

             

            まず、5階に行ったら、テレビ局が来ていて、
            SMAPコーナーのPOPの位置や、手前に置かれた
            関連本を撮影用に整えていました。
            仕事柄、思わず手を貸してしまい、先方も同業の
            匂いをかぎ取ったようです(笑)。

             

             

            そして、そのコーナーの右手には木村拓哉さんが

            2014年のツアーで着用した衣装が。ツアー名を書かれて
            いるのですが、熱狂ファンでもないので、いちいち
            ツアー名を調べて書いております。

             

            (画像の右端に、衣装展示があります)

             

            銀座 「山野楽器」 に展示されていたのは和装の
            ようなデザインでしたが、こちらは全くテイストが
            違って、細かい刺繍が施してあました。
            この衣装で眩しいライトがあたったら、さぞや
            映えたことでしょう。個人的には好きなデザイン。

            それにしても、どれもこれもデザイナーが丹精
            込めて作った衣装であることは伝わってきます。

             

             

            「HMV&BOOKS」 には、7階にもSMAPコーナーが
            設けてあり、こちらにも男性が映像をじっと
            眺めている姿が印象的でした。

             

             

            雑貨や書籍も販売する店なので、「SMAP×SMAP
            COMPLETE BOOK」 なるムック、全5巻も販売
            されていました。

             

            渋谷に行って感じたのは、やはり予想以上の
            男性見学率。若干多めに仕入れたようで、
            他の比べ、品切れはなかったようです。
            いやはや、すごいね、SMAP。きっと、それぞれに
            その音楽が流れていた時と、その時の自分を
            重ね合わせているのかな?

             

            SMAPというグループ自体、解散騒動以前は自分の
            言葉で語る、アウトローなアイドルであったことも
            あり、そんな彼らに応援しないまでも、各楽曲に
            共感する人も多かったんでしょうね、しみじみ。

             

            【関連記事】
            ◇SMAP衣装展示・山野楽器&タワレコ新宿

            http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3035)

            category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

            SMAP衣装展示・山野楽器&タワレコ新宿

            2016.12.28 Wednesday 04:52
            0

              昨日、歯医者に行く際、最後になるから先生と一緒に
              記念写真を撮ろうと思って、わざわざ一眼レフを
              持って行ったのですが、歯石取りが次回に持ち越しと
              なったので、午後の診療までの間、室町辺りから
              銀座辺りまで撮影しながらぶらぶらしてました。

               

              で、時間的に銀座から折り返そうと思っていたところ、
              「山野楽器」 があることに気づき、そんならついでに
              「SMAP 25 YEARS」 を買うかなと寄ってみたら売り切れ。
              https://www.yamano-music.co.jp/docs/soft/jpop/smap/index.jsp

               

               

              その代わり、27日からステージ衣装の展示があると
              掲示してあったので、上の階へ上がって見てきました。
              平日で、雨で、天候が悪いのに、フロアにはたくさんの
              人がいて、人が切れるのを待つのにひと苦労。

               

               

              向かって左の方が、2010年のツアーで木村拓哉さんが
              着用した物で、右は2012年のツアーで稲垣吾郎さんが
              着用したものだそう。

               

               

              私としては、ステージ衣装というものはもう少し、
              雑な作りなのかと思っていましたが、良い素材を使って
              細かいところまで作りこんでいるのに驚き。
              まあ、アイドルのコンサートツアーには行ったこと
              ないから仕方ない(笑)。

               

               

              で、歯医者からの帰り道、家電量販店とユニクロで
              買い物する用事もあったため、新宿に行ったついでに
              今度はほぼ駅ビルの 「タワーレコード 新宿店」 で
              「SMAP 25 YEARS」 があるか見に行ったらありました。
              http://tower.jp/article/news/2016/12/20/smap

               

               

              「山野楽器」 もそうでしたが、手描きのPOPがすげえ!
              とくにタワレコは、SMAPの一つひとつのCDに説明と
              言おうか思い入れのようなコメントが入っており、
              壮観でした。コーナーの飾りつけにもかなり力が入って
              いるなという感じ。

               

               

              これまた、人が切れるのを待って撮影するのに、結構な
              時間を要しました。

               

               

              コーナーの右手には、2006年のツアーで中居正広さんが
              着用した衣装があり、「山野楽器」 の衣装と比べて
              質素な感じではありましたが、何となく “中居くんが
              実際に着た” 感があった気がします。

               

              太宰の 「碧雲荘」 や、原宿で働いていた頃は取り壊し
              が決定していた同潤会アパートを仕事の合間に撮影
              しまくっていましたが、どうも私は “失われる物” を
              カメラに収めておきたい病がある模様。
              同潤会アパートだけで、春夏秋冬1000枚くらいあります。

               

              「記録」 は、カメラの重要な機能の一つ。
              その機能を遺憾なく発揮してくれているのでした。

              category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

              SMAP 「STAY」 か、『女王の花』 か!?

              2016.12.08 Thursday 23:01
              0

                昨日に続いて、SMAP 「STAY」 について。
                気になったのが、「永遠なんて言わないからさ、
                5・60年、それだけでいい」 という歌詞。

                 

                いい歌詞なのですが、私が超愛読している
                『女王の花』(和泉かねよし著、小学館刊)の
                第5巻にある感動的なシーンに似たセリフがあるのです。

                 

                亜姫と薄星が黄国の城邑(じょうゆう)を見下ろしながら、
                「100年経ったら今生きている人は誰もいなくなる。
                (中略)だから俺の “ずっと”ってきっとせいぜい
                数十年のことだよ。『数十年一緒にいます』 なら
                ありえる気がしない? 数十年でも俺にとっては永遠。
                永遠に一緒にいましょう、姫様」 という薄星のセリフ。

                 

                あまり漫画に恋愛モードが入っていない私でも
                生死観として 「そういう考え方もあるね」 と感銘を

                受けたのですが…どっちが先?

                 

                ってことで調べたら、「STAY」 は2006年。
                『女王の花』 は2011年。
                そうか、そっちが先だったのかと、ややショック。

                 

                そんな言葉を亜姫にかけた薄星も、彼女が女王に
                なる直前で戦死し、約束の “数十年” すら
                共に遅れなくなる最終巻・第15巻の発売が待ち遠しい
                のでありました。巻末広告に 「2017年新春発売」
                とあって、それって1月? 2月?
                旧暦でなく、西洋暦の新春にして〜と願っています。

                 

                【関連記事】

                ◇謎のレンタル専用CD
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=3013
                ◇適役・脇役も光る歴史大河 『女王の花』
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=1809
                ◇『女王の花』 14巻、最終決戦のキーマンはやはりブサイク!
                http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2909

                category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

                闇を抜け、今こそ、光目指し歩き出そう

                2016.12.04 Sunday 07:16
                0

                  昨日のブログで、初めてYoutubeの動画をUPしたので、
                  ついでに今日もそんな感じでお茶を濁すかと…。

                   

                  この1週間は、家の介護状況も “インフェルノ”で、
                  さらに繁忙期のはずなのに求人原稿制作が来ない!
                  月末月初で、営業さんの成績調整も都合もあるので
                  しょうが、まとめてドバッと駆け込みはきつい!

                   

                  時々、介護から逃れ、定職に就くことで、現実から
                  逃げたくなることもありますが、やはり制作が好きで、
                  知らない場所に行ったり、いろいろな価値観を持った
                  人と話すのは好きで、一方でルーティンは苦手。

                   

                  やはり、この選択肢が自分らしいのかなと、微妙に
                  揺れ動く毎日なのでした。

                   

                  さだまさしさんの 『主人公』 は、とにかく歌詞が
                  好きで、それをベースに絵を描いてしまったほど。
                  学祭に展示したら盗まれてしまったというオチも(笑)。

                   

                   

                  思春期に知った曲なので、自分自身の生きる方向性を
                  考えさせられ、今もコアとなっている気がします。

                   

                  で、次が証券会社に勤めていた頃、童話か、作詞を
                  やろうかと、それぞれ学校に通っていたのですが、
                  作詞の学校で、プロの方からチャゲアスの影響が
                  あると言われました。しかし、私はチャゲアスに
                  興味がなく、すでに当時は読み方も知らない人が
                  多かったB'zファンだったので、結構むかつき、
                  それから敵情視察的な気分で聞いたのがキッカケ。

                   

                  逆に、こういったクリエイティブな世界では
                  “似ている” とか、“影響を受けている” と
                  いったことはマイナスでしかなく、作詞の道は
                  諦めました。

                   

                   

                  この曲を聴いて、別次元の神曲だと痛感すると同時に、

                  会社に勤めながら本来やりたい制作関係のスキルを

                  つけるのではなく、会社を辞め、背水の陣でやろうと

                  いう決心にもつながりました。

                   

                  そして、最後の1曲はミュージカルナンバー。
                  ジギル博士が新薬の人体実験を許されず、自らで
                  実験することを決意するシーンに歌われます。
                  『ジギル&ハイド』 初代の鹿賀丈史さんVer.です。

                   

                   

                  中国のコンピュータースクールの講師として、
                  教科書もなく、カリキュラムもなく、ついでに
                  住む場所も確保されていない中、毎日、翌日の
                  教材を作りながら、プロジェクト立ち上げに
                  行った際、この曲を聞くことで、自分を励まし、
                  何とかやり遂げました。

                   

                  好きな曲、思い出の曲はたくさんありますが、
                  先日の2曲も併せ、この5曲は私の人生を転機や
                  羅針盤となっている作品だと思います。

                   

                  ってことで、自分の中を整理して、また明日から
                  “介護インフェルノ” と仕事の両立を模索し
                  続けるとしますか。

                   

                  【関連記事】
                  ◇めずらしくジャニーズ系について
                  http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2241

                  category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

                  思うようにはいかないもんだな。

                  2016.12.03 Saturday 06:15
                  0

                    ショッキングなことに、わざわざ2度も撮影に行って
                    制作した取材記事の写真が全部差し替えられていました。

                     

                    文章はとくに問題なかったようですが、どうしても
                    納得がいかず、感情的にならないよう、一応メールで
                    その理由を糾弾することにしました。

                     

                    理由は、当初、ネット掲載だった予定が、冊子掲載も
                    することになったからとのこと。

                     

                    ネット掲載の場合は、スクロールを考えて、横写真が
                    基本となっており、冊子の多くは縦写真なのです。

                     

                    でも、それならネットの方は使ってくれてもいいだろう
                    と悶々として、年末なのに大幅モチベーションダウン。

                    ってことで、ここは一発、この仕事を選んだ時の
                    気持ちを思い出すため、状況はどうであれ私の定番を
                    聞いて、モチベーションの再浮上を目指すことに。
                    これまでこのブログではやったことがない、動画UPに
                    あえて挑戦です。

                     

                    (PRIDE)

                     

                    1曲は証券会社から転職して、イラストレーターを
                    目指すも、なかなか仕事が来なくて悩んでいた時に
                    よく聞いていた曲。あまり、メジャーじゃありません。
                    アーティストとしてはB'zが今でも一番好きなのですが、
                    共感性に関しては別物のようです。

                     

                    (どんなときも。)

                     

                    もう1曲は、取材は締め切りの厳しさに 「もう限界」
                    と感じた時の定番ソング。
                    シチュエーションに応じて、さだまさしさんの
                    『案山子』 か、SMAPの 『世界に一つだけの花』 か、
                    プリンセスプリンセスの 『ダイヤモンド』 がセットと
                    なって、頭の中をヘビロテします。

                     

                    でも、よく考えると、結構、ヤバい経歴の方々だと
                    今さら気づきました。弱さを受け入れるのも、前に
                    進む原動力になると思います。


                    【関連記事】
                    ◇『3月のライオン』 5巻で人生考えました。。。
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=775
                    ◇「うがうが」 ツィット
                    http://nureinmal.jugem.jp/?eid=2244

                    category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

                    平凡なようで個性的な 「くるりん」 ちゃん

                    2016.11.12 Saturday 08:38
                    0

                      JR立川駅の北口を出ると、どこまでも続くペディストリアン

                      デッキがあって、その途中には、さまざまなオブジェが

                      設置されています。もちろん、道や建物にもそういった

                      謎のオブジェやアートが配置されていて、とくに統一感は

                      ないものの、年々、町を増殖しているのは間違いありません。

                       

                      それらのインパクトが強烈なせいか、立川での取材は結構

                      多い方なのですが、北口前に立っているゆるキャラ(R)を

                      見落としていました。

                       

                       

                      公募で選ばれた市のキャラ 「くるりん」 ちゃんです。

                      シンプルなうさぎのキャラなのですが、ほっぺのピンクが

                      渦巻き状になっていて、顔から飛び出ているところが

                      何ともチャームポイントと言えましょう。

                      オフィシャルサイトに描かれていた原画は、私の好きな

                      タッチです。あのラフっぽい絵から着ぐるみを作った

                      クリエイターも結構大変だったのでは?

                      http://www.city.tachikawa.lg.jp/kururin/)

                       

                      うっかりチェックし忘れましたが、しっぽは市の花・こぶしを

                      イメージしてるそうで、花のように広がっています。

                      まあ、練馬区の大根よりは垢ぬけているわな。。。

                      とくに強い個性があるわけではないのですが、その平凡な

                      感じに好感が持てるキャラだと思いました。

                       

                      ちょうど、ペディストリアンデッキを下りたら、その

                      「くるりん」 バスが走っているのも発見。

                      立川市のコミュニティバスなのかもしれません。

                      負けるな、リラックマバス(立川バス)!

                       

                      category:軽茶 | by:まるたん | - | - | -

                      PR
                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      人気ブログランキング
                      人気ブログランキングへ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM